特集 PR

ミツメが手にした、結成10年のバンドマジック。成熟の秘密を探る

ミツメが手にした、結成10年のバンドマジック。成熟の秘密を探る

インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:松永つぐみ 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
左から:nakayaan、川辺素、大竹雅生、須田洋次郎

新鮮な気持ちで、過去作のことを全部忘れてまっさらな自分で作りたいという思いがあった。(大竹)

—大竹さんはいかがですか?

大竹(Gt,Syn):『Ghosts』は結成10年目のアルバムということになるんですけど、僕個人としては今まで培ってきたなにかを活かしてさらにいいものを作ろうというよりは、新鮮な気持ちで、過去作のことを全部忘れてまっさらな自分で作りたいという思いがあって。

10年前、最初にこの4人で集まって音を出したときに、結構失望したんですよ。「バンドマジック」みたいなものがあるという都市伝説を信じていたので(笑)。

—それ、前回のインタビューのときも言ってましたね(笑)(参考記事:ミツメが自然体で愛される秘密。4人の関係は、今どんな感じ?)。

大竹:はい(笑)。だから、「これはちゃんと考えてやらなきゃダメだぞ」と思ってガチガチに全パートのアレンジを固めていた時期もあったんです。でも今回は、ひたすらセッションをして、その間誰もひと言も発さずに奇妙で面白い曲ができたりして。それは積み重ねによる部分もあるのかもしれないですね。

“エックス”とかは、(川辺以外の)3人でパソコン上で何回もループさせながらアレンジをしていったんですけど、なかなかしっくり来なくて、何十回と繰り返すうちにだんだん朦朧としてトリップ状態になっていって(笑)。各々、プレイとして変なことをやっているんだけど、そこで話し合ったりしない。でも、まとまるのはすごいなと感じましたね。

ミツメ“エックス”を聴く(Apple Musicはこちら

—10年目で覚えたバンドマジックだ(笑)。

大竹:ある意味そうですけど、そんな感動的なものでもないかな(笑)。でもそれが、このバンドっぽくていいのかなと思います。

—それが一番いいですね。川辺さんは、3人がアレンジを詰めているときなにをしていたんですか?

川辺:「ああ、かっこいいね」とか言ったりしてました。

—(笑)。

川辺:メールとかチェックしながら、「ああ、それよりさっきのがかっこよかったな……」とか言ったり、「いいね」って言って士気を上げたり(笑)。そういう時間が多かったかな。今回、6割程度の完成度のデモをたくさん作ったんですけど、音源には歌とアコギくらいしか僕がやったことは残ってない気がします。本当に、スタジオに入る前の段階のアレンジに関してはメンバー3人に頼りっぱなしで、もう「いいね」「かっこいいね」って言ってるだけ。

—でも、10年の積み重ねからそうなれたってところもあるんですかね。

川辺:たしかに、もうちょっと前だったら口を挟んでいたかもしれないです。最近は、みんながやりやすいのが一番だなって思っています。それに「自分の意思は置いといて」みたいな気持ちが前より強くなってきていて、歌詞に関しても自分の意思があんまり入らないように書いていました。

『エスパー』のリリースツアーで新曲として披露されたものの、『Ghosts』には収録されなかった楽曲

川辺:あと最近は、「ここはそんなに考えなくていいか」みたいな判断ができるようになった気がします。そのおかげで、自分が変にねじれていた部分がわかるようにもなったというか。曲の構造とか、今まで作ってきたものに対して、「こういう部分が聴きづらさにつながってたんだな」とか、そういうことがわかるようになってきて。

—それはたとえばどういうもの?

川辺:肩透かしを食らわせるような構造とか、歌詞とか……なんて言うんですかね、別に、当時こういうふうに考えてやったことは、楽曲のよさにつながるような考え方じゃなかったなって今になって思うことがあります。「ここ、変なこだわり方だったな」みたいな。逆に、今聴いて「これ、どんなつもりで作ってたんだ?」っていう面白さもあるから、一概にどっちがいいとは言えないですけど。

左から:大竹雅生、川辺素、nakayaan、須田洋次郎
左から:大竹雅生、川辺素、nakayaan、須田洋次郎

『ストレンジャー・シングス』の思想的な部分はもしかしたら近いのかもしれない。(川辺)

—今作は、全体的な仕上がりから『ストレンジャー・シングス』(2016年から配信されているNetflixオリジナルドラマシリーズ)との共時性を見出せるなと感じていて。歌詞においても、ささやかな日常とSF的な風景が同居していたり、ときに背筋がゾクッとするような怖さが滲む視点があったり。

川辺:ああ、言われてみればという感じですね。そこは全く意図してなかったですけど、『ストレンジャー・シングス』の思想的な部分はもしかしたら近いのかもしれない。

須田:「1980年代」というのも、共通したキーワードとしてありますよね。僕らも1980年代の音楽が好きで、たまたま1980年代の音楽をフィーチャーした『ストレンジャー・シングス』もブームになっていて。そのタイミングが重なったのかなと思う部分もあります。ただ、メンバーのなかで『ストレンジャー・シングス』の話をして盛り上がったことが今まであったわけではなくて。

監督を務めたのは、ミツメのスタッフでもある仲原達彦

—え、でも“エスパー”のMVなんて、完全に『ストレンジャー・シングス』のオマージュじゃないですか(笑)。

川辺:そうなんですけど、あのMVは仲原くんの演出でああいう内容になったんですね。僕らはあとで「ああ、そういうことか」って気づく感じで。でも、仲原くんが“エスパー”を聴いてああいうMVにしたくなるのも納得しましたね。

—このアルバムは、1曲目の“ディレイ”からミツメ特有の「正気じゃない爽やかさ」というものがより立体的に確立されていると思うんですよね。

須田:“ディレイ”は、僕らも作りながら爽やかだけど気味の悪い感じの曲になっているなと感じていて。もちろん、普通に爽やかな曲として聴いてもらってもいいんだけど、気味の悪さも感じてくれる人がいれば、それは僕らの意図したことが伝わっているのかなという嬉しさがありますね。

川辺:こういうふうにしたら気味の悪い感じになるというポイントは、各パートでわかってきたところがあると思うんです。でも、それがわざとらしくなると面白くないので、考えすぎないようにしてるというか。“ディレイ”はシンセが鍵を握っているのかなと思いますけど。

大竹:YAMAHAの小さい鍵盤のプリセットの音を使っているんですけど、それが安っぽくてちょっと不気味さが出るんですよね(笑)。

ミツメ“ディレイ”を聴く(Apple Musicはこちら

—歌とオケが絶妙にマッチングしているんだけど、セパレートしてもそれぞれ成立するあり方だなと思いますね。それは“ディレイ”に限らず、アルバム全体を通して言えることで。

川辺:それはあるかもしれない。歌も断片的なメロディーをつなげて作った曲がないので。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

ミツメ『Ghosts』
ミツメ
『Ghosts』(CD)

2019年4月3日(水)発売
価格:3,024円(税込)
MITSUME-020 / PECF-1168

1. ディレイ
2. エスパー
3. ゴーストダンス
4. エックス
5. ふたり
6. セダン
7. なめらかな日々
8. クロール
9. タイム
10. ターミナル
11. モーメント

ミツメ
『Ghosts』(アナログ盤)

2019年4月3日(水)発売
価格:3,240円(税込)
MITSUME-021 / PEJF-91025

[SIDE-A]
1. ディレイ
2. エスパー
3. ゴーストダンス
4. エックス
5. ふたり
6. セダン

[SIDE-B]
1. なめらかな日々
2. クロール
3. タイム
4. ターミナル
5. モーメント

イベント情報

『CROSSING CARNIVAL'19』
『CROSSING CARNIVAL'19』

2019年5月18日(土)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、WOMB LIVE、TSUTAYA O-nest

出演:
Analogfish
Emerald
Enjoy Music ClubOGRE YOU ASSHOLE
GEZAN
C.O.S.A.
Serph
崎山蒼志
SIRUP
東郷清丸
田我流
TENDRE
TENDOUJI
Dos Monos
蓮沼執太フィル
パソコン音楽クラブ
VaVa
BIM
betcover!!
bonobos
Polaris
ニトロデイ
ミツメ
MONO NO AWARE
uri gagarn
Yogee New Waves
and more

料金:4,800円(ドリンク別)

『mitsume tour Ghosts 2019』

2019年5月26日(日)
会場:北海道 札幌 Bessie Hall

2019年6月8日(土)
会場:台湾 台北 Legacy Taipei

2019年6月15日(土)
会場:福岡県 INSA

2019年6月22日(土)
会場:宮城県 仙台 enn 2nd

2019年6月29日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

2019年6月30日(日)
会場:大阪府 umeda TRAD

2019年7月10日(水)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2019年7月13日(土)
会場:中国 杭州 Mao Livehouse

2019年7月14日(日)
会場:中国 上海 Mao Livehouse

2019年7月16日(火)
会場:中国 成都 NU SPACE

2019年7月17日(水)
会場:中国 北京 OMNI SPACE

2019年7月19日(金)
会場:中国 武漢 VOX LIVEHOUSE

2019年7月20日(土)
会場:中国 深圳 B10 Live

2019年7月21日(日)
会場:中国 香港

プロフィール

ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。2019年4月にアルバム「Ghosts」をリリース。国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、タイ、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げています。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けています。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

関連チケット情報

2021年5月30日(日)〜6月6日(日)
【動画配信】「LIVEWIRE」 mitsume live VI
会場:LIVEWIRE(その他)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談