特集 PR

ザ・モアイズユーが持つ、静かな野心。「普通」こそが武器になる

ザ・モアイズユーが持つ、静かな野心。「普通」こそが武器になる

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:馬込将充 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

大阪出身の3ピースバンド、ザ・モアイズユーが、4月10日にミニアルバム『想い出にメロディーを』をリリースした。去年7月にback numberやファンキー加藤、あゆみくりかまき等が所属する「イドエンターテインメント」のオーディション『SUPEREGO』でグランプリを受賞した彼らにとって、本作はバンド結成8年目にしての初の全国流通盤となる。

多くの人々の耳を捉える普遍的なソングライティングとグッドメロディー。その端正なサウンドに乗せて歌われるのは、心のどこかに喪失感や満たされなさを抱えた人々の、切なくも柔らかな心象風景だ。彼らが奏でる曲の主人公たちは、常に手の届かない「なにか」や「誰か」に焦がれながら、不器用に、しかし美しく生きている。優れたポップスは「満たされた心」よりも「欠けた心」を描くことに長けるものだが、ザ・モアイズユーもまさに、人の悲しみに寄り添うポップスとしての力を見事に体現しているバンドといえるだろう。遂に世に羽ばたかんとする3人に、これまでのバンドの歩み、そして、その世界観の源泉を聞いた。

自分の体験でも、メロディーを付けて、歌詞を付けて、曲にすることによって、いろんな人に届くものにできると思う。(本多)

—この度リリースされたミニアルバム『想い出にメロディーを』は、ザ・モアイズユーの結成8年目にしての初の全国流通盤となります。この「8年」という期間を、ご自分たちではどのように受け止めていますか?

本多(Vo,Gt):本当に「ようやく」という感じです。自分たちが思っていた以上に時間はかかってしまったんですけど、やっと全国流通盤を出せるまでにこぎつけたな、と。

以登田(Ba):ドラムの(オザキ)リョウは今年の3月に正式加入したんですけど、それまでドラマーが何度も変わったりして、ずっと自分たちの思うようにバンドが動かすことができなかったんです。何度挫けかけたかもわからないし、その間、自分たちのやりたいことや音楽性も徐々に変わっていって。今、やっと自分たちの納得できる形になったのかなって思います。

ザ・モアイズユー(ざ・もあいずゆー)<br>左から:本多真央(Vo,Gt)、以登田豪(Ba)、オザキリョウ(Dr)。大阪出身のセンチメンタルロックバンド。どこか懐かしくも親しみやすいキュンとくるメロディーが最大の武器。2ndデモシングル「花火」のMVはインディーズながら18万回再生を突破している。2017年イナズマロックフェスへの出場権をかけた、イナズマゲートでグランプリを獲得。2018年7月にはback numberが所属するイドエンターテインメントのオーディション『SUPEREGO』でグランプリを獲得。
ザ・モアイズユー(ざ・もあいずゆー)
左から:本多真央(Vo,Gt)、以登田豪(Ba)、オザキリョウ(Dr)。大阪出身のセンチメンタルロックバンド。どこか懐かしくも親しみやすいキュンとくるメロディーが最大の武器。2ndデモシングル「花火」のMVはインディーズながら18万回再生を突破している。2017年イナズマロックフェスへの出場権をかけた、イナズマゲートでグランプリを獲得。2018年7月にはback numberが所属するイドエンターテインメントのオーディション『SUPEREGO』でグランプリを獲得。

—「8年」という月日を簡単に語ることはできないと思いますが、ザ・モアイズユーの音楽性、やりたいことというのは、どのように変わってきたのでしょう?

本多:僕と以登田は高校2年生の頃から一緒にコピーバンドをやっていて、最初は銀杏BOYZのコピーバンドをやっていたんですよ。そこから、高校を卒業するタイミングで他のメンバーは就職することになったんですけど、僕と以登田は継続してバンドを続けていこうっていうことになった。そこからザ・モアイズユーは始まったんです。

なので、最初は今よりももっと荒々しいパフォーマンスをしていて。その頃に作った曲も、銀杏BOYZにかなり引っ張られていたなって、今になると思いますね(笑)。

本多真央
本多真央

—今のザ・モアイズユーと銀杏BOYZを比較すると、「随分変わったな」とも思いますけど、「根底にあるものは変わっていないんじゃないか?」とも思いますね。

以登田:そうですね。その頃のなごりは若干、残っているというか、敢えて残しているというか。でも、今はもっと歌のよさを前面に出して届けようっていう方向に向かっています。

本多:大人になってきて、より曲や歌が伝わる形に変わってきたのかなって思うんです。今回のミニアルバムでも再録した“トーキョー・トレイン”が2016年にできたことで、今の方向性ができあがってきたと思っていて。“トーキョー・トレイン”は、当時仲のよかった友人が夢を追って上京することになったことがきっかけで生まれた曲なんです。僕にとって、その友人が東京に行くのはすごく大きな出来事だったので、なんとか曲にしたいと思って。

1stデモシングル『君が見た風景』(2016)収録曲。『想い出にメロディーを』には再録版が収録されている

—“トーキョー・トレイン”のように、本多さんが書かれる歌詞は、実体験が多いですか?

本多:そうですね、今回のミニアルバムも、9割くらいは実体験がもとになっています。こういう、日常の中で起こった出来事を曲にするためにバンドをやっている、というか。自分だけの体験でも、メロディーを付けて、歌詞を付けて、曲にすることによって、いろんな人に届くものにできると思うんですよね。

左から:オザキリョウ、本多真央、以登田豪
左から:オザキリョウ、本多真央、以登田豪
Page 1
次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

『想い出にメロディーを』
ザ・モアイズユー
『想い出にメロディーを』

2019年4月10日(水)発売
価格:1,944円(税込)
EGGS-039

1. 光の先には
2. fake
3. 花火
4. 雪の降る街
5. 何度でも
6. トーキョー・トレイン
7. 桜の花びら

イベント情報

『ザ・モアイズユー「想い出にメロディーを」TOUR』

2019年5月12日(日)
会場:愛知県 R.A.D

2019年6月16日(日)
会場:福岡県 Queblick

2019年6月28日(金)
会場:広島県 CAVE-BE

2019年7月12日(金)
会場:愛媛県 Double-u Studio

2019年7月14日(日)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS BLACK

2019年7月15日(月・祝)
会場:宮城県 enn 3rd

2019年7月27日(土)
会場:東京都 O-Crest

2019年7月28日(日)
会場:大阪府 Pangea

※全会場ゲストあり

『リリース記念フリーライブ』

2019年4月14日(日)
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店

プロフィール

ザ・モアイズユー
ザ・モアイズユー(ざ・もあいずゆー)

本多真央(Vo,Gt)、オザキリョウ(Dr)、以登田豪(Ba)の3人からなる大阪出身のセンチメンタルロックバンド。どこか懐かしくも親しみやすいキュンとくるメロディーが最大の武器。2ndデモシングル「花火」のMVはインディーズながら18万回再生を突破している。2017年イナズマロックフェスへの出場権をかけた、イナズマゲートでグランプリを獲得。2018年7月にはback numberが所属するイドエンターテインメントのオーディション『SUPEREGO』でグランプリを獲得。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談