特集 PR

キイチビールを変貌させた、終わった恋、新しい恋。本秀康と話す

キイチビールを変貌させた、終わった恋、新しい恋。本秀康と話す

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『鰐肉紀譚』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:今井駿介 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

キイチビール&ザ・ホーリーティッツが、2ndフルアルバム『鰐肉奇譚(わににくきたん)』を5月15日にリリースした。飲み会でワニ肉の天ぷらを食べた日に恋に落ちた女性について歌った1曲目“鰐肉紀行”をはじめとして、かつての恋人との別れを綴った痛みの曲や、新たな恋に胸を躍らせる喜びの曲……などなど、前作のリリース以降キイチビールのなかに芽吹いた「喜怒哀楽+それ以外」の様々な感情が、大きく進化を遂げたポップサウンドのなかで花開いている。

そんな本作のリリースにあたり、CINRA.NETではイラストレーター・漫画家の本秀康と、キイチビールの対談を実施。漫画『レコスケくん』をはじめ、本が描くキャラクターたちはその可愛らしい表情がとても魅力的だが、同時に彼の作品には、人間が本質的に持つ切なさや孤独、なにかに取り憑かれてしまった狂気すらも炙り出すようなエグみと繊細さがある。そんな彼とキイチとの対話は、世代やジャンルを超えてもつながり合う表現者としての業と、そして音楽愛に満ちたものとなった。

根本的に僕とキイチくんは似ているんだと思う。(本)

—本さんはキイチビール&ザ・ホーリーティッツのロゴも手がけられていますし、主宰する「雷音レコード」から7インチシングル『パウエル』(2017年)もリリースされているので、ふたりの間には既に深い関係性があるかと思うのですが、そもそも出会ったきっかけはどのようなものだったのでしょう?

:出会ったのは、雷音レコードの即売会にキイチくんが来てくれたときだよね。もう5年くらい前かなぁ。まだバンドもやっていなかった頃だよね。

キイチ:そうですね、まだ大学でジャズをやっていた頃でした。

左から:本秀康、キイチビール(キイチビール&ザ・ホーリーティッツ)
左から:本秀康、キイチビール(キイチビール&ザ・ホーリーティッツ)

キイチ:僕は、それ以前から本さんのファンで。高校生の頃に、お姉ちゃんが『ワイルドマウンテン』(2004年~2010年にかけて連載)の1巻を買ってきたんですけど、それを読んで「なんて面白いんだ!」と思ったんです。2巻以降は自分で揃えるくらいにハマってしまって。孤独な男の心境というか……孤独なんだけど、「自分が可哀想でかわいい」みたいな男の心境を、菅ちゃん(主人公の菅菅彦)はすべて代弁してくれているような気がしたんですよね。

:初めての出会いからしばらくして、キイチくんがテレビ出演するときに、「憧れの人に会うコーナーがあるから、それに出てくれないか?」っていう打診を、以前から付き合いのあったキイチくんのディレクターの渡邊(文武)さんからいただいたんです。その時点ではまだ「キイチビール」という人が数年前に出会った若者だと僕は気づいていなくて。初めて出会ったときに撮ったツーショット写真を送ってきてくれて、「あのときの子か!」と気づきました(笑)。音源を聴いたらすごくよかったし、それでその番組にも出演することにしたんです。

キイチ:その番組で本さんに描いてもらったバンドロゴを発表して、そのあと雷音レコードから『パウエル』の7インチをリリースすることになったんですよね。

:やっぱり、“パウエル”が距離を一気に縮めてくれた感じがしたね。最初に聴かせてもらったときから、本当にいい曲だなと思って、それでロゴを描くことも引き受けたので。

本秀康が描き下ろしたキイチビール&ザ・ホーリーティッツのロゴ
本秀康が描き下ろしたキイチビール&ザ・ホーリーティッツのロゴ

—本さんが初めて“パウエル”を聴いたときに感じた魅力とは、どのようなものだったのしょう?

:う~ん……もう忘れちゃった。

キイチ:あはははは(笑)。

:だって、キイチくんの音楽性って、この2年間でどんどん進化しているでしょ? それを追いかけていると、“パウエル”を初めて聴いた2年前がすごく昔のことのように思えるんだよね。……でもさ、さっきキイチくんが言ってくれた『ワイルドマウンテン』の主人公って、僕自身なんですよ。そこに共感してくれたっていうことは、根本的に僕とキイチくんは似ているんだと思う。“パウエル”以降も、キイチくんが「新曲できました!」って聴かせてくれるたびに、僕は「わかるなぁ」って思いながら聴いてきたから。それは、キイチくんの素がそのまま曲になっていたからだよね。

キイチ:そうだと思います。

キイチビール<br>2016年4月にライブ活動をスタートとさせた、東京の5人組ロックバンド・キイチビール&ザ・ホーリーティッツのボーカル。2017年の夏には2つのフェス系コンテストを勝ち抜き、『ROCK IN JAPAN』と『SUMMER SONIC』にいきなり出演。注目度が加速度的に上がる。2019年5月15日、2ndフルアルバム『鰐肉紀譚』をリリース。
キイチビール
2016年4月にライブ活動をスタートとさせた、東京の5人組ロックバンド・キイチビール&ザ・ホーリーティッツのボーカル。2017年の夏には2つのフェス系コンテストを勝ち抜き、『ROCK IN JAPAN』と『SUMMER SONIC』にいきなり出演。注目度が加速度的に上がる。2019年5月15日、2ndフルアルバム『鰐肉紀譚』をリリース。
Page 1
次へ

リリース情報

『鰐肉紀譚』(CD)
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
『鰐肉紀譚』(CD)

2019年5月15日(水)発売
価格:2,300円(税込)
KBHT-0006

1. 鰐肉紀行
2. 今夜浮かれたい
3. Tシャツ
4. こーかい
5. 日照りになれば裸になって
6. 平成がおわる<album take>
7. 透明電車が走る
8. 軽めな二人
9. なんでも知ってる女の子
10. 終電でまた会おうぜ
11. 海老肉志向

イベント情報

『キイチビール&ザ・ホーリーティッツ 2ndフルアルバム「鰐肉紀譚」リリースツアー』

2019年6月7日(金)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
ゲスト:FINLANDS

2019年6月9日(日)
会場:北海道 札幌 Spiritual lounge
ゲスト:さよならミオちゃん

2019年6月20日(木)
会場:福岡県 the voodoo lounge
ゲスト:バレーボウイズ、yound、ハチマライザー

2019年6月22日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK‘N’ROLL
※ワンマン公演

2019年6月23日(日)
会場:大阪府 Shangri-La
※ワンマン公演

2019年6月29日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW X
※ワンマン公演

リリース情報

『あげものブルース』
『あげものブルース』

2019年4月25日(水)発売
著者:本秀康
価格:1,080円(税込)
発行:亜紀書房

プロフィール

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

2016年4月にライブ活動をスタートとさせた、東京の5人組ロックバンド。ライブ会場といくつかの店舗/通販サイトにて枚数限定で販売された1stEP「俺もハイライト」/1stミニアルバム「世の中のことわからない」がいつしか全国的に評判になり、完売し、各地のライブハウスを賑わす存在に。2017年の夏には二つのフェス系コンテストを勝ち抜き、ROCK IN JAPANとSUMMER SONICにいきなり出演。注目度が加速度的に上がる。2019年5月15日、2ndフルアルバム『鰐肉紀譚』をリリース。

本秀康(もと ひでやす)

1969年京都府生まれ。イラストレーター、マンガ家。1990年よりフリーイラストレーターとして活動。その後95年にマンガ家としてもデビュー。音楽への造詣が深く、音楽誌への寄稿、CDジャケットのイラストレーションも数多く手がける。2014年には7インチレコード専門レーベル「雷音レコード」を立ち上げる。マンガ『たのしい人生完全版』(青林工藝舎)、『レコスケくん』(ミュージック・マガジン)、『ワイルドマウンテン』(小学館)、『アーノルド』(河出書房新社)、絵本『まじかるきのこさん』(イースト・プレス)など著書多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影