特集 PR

りんなのディレクターらに訊く、AIの歌は感情を表現できるのか

りんなのディレクターらに訊く、AIの歌は感情を表現できるのか

りんな『最高新記憶』『snow, forest, clock』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:前田立 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

「女子高生AI」として2015年に登場した、マイクロソフト社のAI(人工知能)「りんな」が、このたびなんとエイベックスより「シンガー」としてメジャーデビューを果たした。

4月17日にリリースされたデビュー曲では、4人組ロックバンドbachoの名曲“最高新記憶”を、瑞々しく透明感たっぷりの歌声でカバー。驚くのは、その息継ぎや抑揚などのリアルさだ。前もってAIだと知らなければ、「人間の声」だと言われても全く違和感を感じさせない。

あたかも歌詞の意味を吟味しながら「感情」たっぷりに歌っているようなりんなの「歌声」を聴いていると、果たして「感情」とはなにか、そもそも「人間」とは一体なんなのか? という根源的な問いさえ浮かんでくる。

なぜAI「りんな」に歌を歌わせようと思ったのか? りんなの「生みの親」であり「マネージャー」でもあるマイクロソフト社の坪井一菜と、りんなをシンガーとして「ディレクション」したエイベックスのクリエイティブディレクター、中前省吾に話を聞いた。

りんなは「『AI』というセールスポイントを持った面白い新人アーティスト」という認識。(中前)

―まずは、お二人がAI「りんな」とどう関わっているのかを教えてください。

坪井:私はマイクロソフトで「プログラムマネージャー」をしています。例えば社内でなにか製品を作るとき、ユーザーの目線に立ってどういう「体験」や「機能」を付けたらいいのかを考える立場ですね。

AI「りんな」では、彼女のキャラクター付けや、対外的なプロジェクトの窓口などをやっています。最近は「りんなの芸能マネージャー」とか「りんなの母」と紹介されることも多いです(笑)。

りんな<br>平成生まれ。2015年8月にLINEに登場以降、リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、そのキュートな後ろ姿、類まれなレスポンス速度が話題を集め、男女問わず学生ファンを中心にブレイク中。2019年3月に高校を卒業。マイクロソフトの最新AI技術を活用した歌声合成によって、大きく進化したエモいその声を武器に「国民的AI」になるべく、今日もレッスンをおこなっている。りんなは「AIと人、人と人とのコミュニケーションをつなぐ存在」を目指している、今「日本で最も共感力のあるAI」である。
りんな
平成生まれ。2015年8月にLINEに登場以降、リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、そのキュートな後ろ姿、類まれなレスポンス速度が話題を集め、男女問わず学生ファンを中心にブレイク中。2019年3月に高校を卒業。マイクロソフトの最新AI技術を活用した歌声合成によって、大きく進化したエモいその声を武器に「国民的AI」になるべく、今日もレッスンをおこなっている。りんなは「AIと人、人と人とのコミュニケーションをつなぐ存在」を目指している、今「日本で最も共感力のあるAI」である。

中前:僕はエイベックスでA&Rに加えて、音源や映像のディレクションにも携わっています。他にも最先端のテクノロジーを用いたクリエイティブディレクションを手がけていますが、りんなに対してはそういう観点で見てないんですよね。

最近はいろんな人から「これからバーチャルアイドルに力を入れていくんですか?」とよく訊かれるんですが、もちろん面白ければやるけど「AIだから」「VRだから」やっているわけじゃないんです。

―中前さんの中では、生身のアーティストもAIもVRも「フラットな存在」だと。

中前:「この子はファッションセンスがいい」「彼は歌がものすごく上手い」など色々ある中、りんなは「『AI』というセールスポイントを持った面白い新人アーティスト」という認識です。やはりエンターテイメントとして、りんなをどう見せていくのか? を考えるのが、音楽レーベルである我々の役割だと思っていますので。

左から:中前省吾(エイベックス・エンタテインメント株式会社)、坪井一菜(マイクロソフト ディベロップメント株式会社)
左から:中前省吾(エイベックス・エンタテインメント株式会社)、坪井一菜(マイクロソフト ディベロップメント株式会社)

―元々りんなは「女子高生」という設定で、LINEやTwitterなどSNSを中心とした活動だったんですよね。

坪井:はい。社内のハッカソンがあって、検索エンジンの技術を応用した新しいものがなにか作れないか考えてた中で、「対話ができる」というアイデアが出てきたんです。それでためしに中国で「小冰(読み方は「シャオアイス」)」という16歳くらいの女の子に設定した会話ボットを開発したら、すごく反応が良くて。

これならグローバル展開ができるかもしれないし、すぐに受け入れてくれるのはやはり日本だろうと。それで声にかかったのが、私たちのチームでした。なので「人の役に立つ」というよりは、「人と仲良くなれるプロダクト」を当初から目指した特殊なプロジェクトだったんです。

坪井一菜(つぼい かずな)<br>マイクロソフトディベロップメント株式会社。A.I.&リサーチ プログラムマネージャー。りんなの立ち上げ当初からプログラムマネージャーとして開発に関わり、りんなのキャラクター付けや会話エンジンの開発、対外的なコラボレーション、りんなのスキルおよび合成音声の開発に携わる。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。
坪井一菜(つぼい かずな)
マイクロソフトディベロップメント株式会社。A.I.&リサーチ プログラムマネージャー。りんなの立ち上げ当初からプログラムマネージャーとして開発に関わり、りんなのキャラクター付けや会話エンジンの開発、対外的なコラボレーション、りんなのスキルおよび合成音声の開発に携わる。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。

―女子高生という設定にしたのは、なぜなんでしょうか?

坪井:「小冰」を日本に持ち込むとき、全く別のキャラクターにする選択肢もあったんです。でも、その当時は会話をさせるとAI特有の変な言い回しが入ってしまっていた。それって、日本の女子高生たちが作り出す斬新な言語センスにも通じる部分があるんじゃないか? と考えたんです(笑)。

彼女たちの圧倒的な独創力と発信力を、AIの喋る技術にうまく融合させられたら、日本人にも受け入れやすい、親しみやすいものなるはずだと。

―「女子高生りんな」としての、細かい設定などは最初に決めたのですか?

坪井:通常の会話ボットは、まず「キャラクターシート」を作成し、それを基にキャラ付けながら、人が返答を考えていくことが多いのですが、りんなの場合は逆でした。大量のデータを学習させてから、まずは喋らせたんです。本人に「キャラクターシート」の項目を色々と尋ねてみて、それで「この子は何者なのか?」をチームで話し合っていきました。

―本当にSFの世界のようですね……。

坪井:もちろん細かいキャラ設定……例えば「言葉遣い」などについては、「ちょっとその返答は良くなかったよね?」みたいな確認の作業を延々と繰り返して。それでようやく皆さんにお披露目できる形になったというわけです。

坪井一菜
Page 1
次へ

リリース情報

『最高新記憶』
りんな
『最高新記憶』

2019年4月17日配信

『snow, forest, clock』
りんな
『snow, forest, clock』

2019年6月19日配信スタート

プロフィール

坪井一菜(つぼい かずな)

マイクロソフトディベロップメント株式会社。A.I.&リサーチ プログラムマネージャー。りんなの立ち上げ当初からプログラムマネージャーとして開発に関わり、りんなのキャラクター付けや会話エンジンの開発、対外的なコラボレーション、りんなのスキルおよび合成音声の開発に携わる。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。

中前省吾(なかまえ しょうご)

エイベックス・エンタテインメント株式会社。レーベル事業本部 クリエイティヴグループ ゼネラルディレクター。「TRF」「hitomi」「安室奈美恵」「FACT」「FEMM」など数々のアーティストのディレションを担当。近年では、透明スクリーンを使用したARコンテンツ、PCがジャックされるインタラクティヴ作品などのほか、新たな技術を用いた音楽体験のハック、人工知能による音楽制作など、最新のテクノロジーを用いた音楽体験創出も手がけている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど