特集 PR

Hilcrhymeが語る「作品の自主回収」に対する意見と、1人体制の今

Hilcrhymeが語る「作品の自主回収」に対する意見と、1人体制の今

Hilcrhyme『SUN ~リメイクベスト1~』
インタビュー・テキスト
高木"JET"晋一郎
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/06/12

不祥事を起こしたのならば、それ(に伴う作品の市場からの引き上げ)は当然の措置だなって思いますね。

―一見すると相反するようなことがTOCさんの中では共存してると。

TOC:「怠惰を求めて勤勉に行き着く」というか。楽に楽しく生きるには、努力しないといけないと思ってますね。ライブに関しても、昔はとにかく細部まで拘って、それを全部自分が管理して、ひとつもミスがないようにって張り詰めて考えてたんですね。でも、今はすごく楽な気持ちでライブができているんですよ。それは、構成の段階で細部まで拘った内容を考えているし、そもそも楽にやっても手は抜かないタイプなので、張り詰めた気持ちでライブをやらなくても、オーディエンスを確実に楽しませることができるって気づいたからなんですよね。

Hilcrhymeの活動についても、それを四六時中考えるよりも、映画や車とかに時間を費やしつつ、それと並行して考えるようにしていますね。音楽は仕事だし本業ではあるんですけど、他の遊びと並列に取り扱うくらいの方が、ちょうどいいのかなって。

―本来、音楽も遊びであったのが、ワークになって自分を縛るものになったのなら、その拘束を一度外すというか。

TOC:それに近いかも知れないですね、確かに。

Hilcrhyme

―それもあって、Hilcrhymeの今のライブはすごく視野が広い感じがあります。

TOC:前体制は鬼気迫るようなライブだったと思うし、自分のスキルや存在性を誇示したいっていう気持ちが強かった。でも、それは我欲だったり、独りよがりだったのかなって気づいたんですよね。だから今は、見栄は張るけど、虚勢は張らないし、気持ちに余裕がある。それをお客さんも求めているという感触があるんですよね。恋愛と一緒で、こっちが力入れすぎると向こうも構えるから、気軽に楽しもうぜっていう感じになっているんだと思います。

全国ツアー『Hilcrhyme TOUR 2019 “Hill Climb”』
全国ツアー『Hilcrhyme TOUR 2019 “Hill Climb”』

―それも日常性ということですね。その流れで伺うと、2018年12月に起こった事件によって、Hilcrhymeの作品は回収され、現在も店頭や配信、サブスクリプションなどから、1MC体制で動き出して以降にリリースされた作品以外は外されています。つまり日常から“春夏秋冬”や“大丈夫”などのHilcrhymeの過去の作品は排除されてしまっているわけですが、それについて当事者としては、特に回収の段階ではどう感じましたか?

TOC:「普通」のことかなって。それは今でもそう思いますね。

―同様の事案によって電気グルーヴの作品もすべて排除されていて、「作品に罪はない。だから回収すべきでない」という議論も起こりましたが、そういった意見については?

TOC:確かに、作品に罪はないと思います。ただ普通に考えて、Hilcrhymeは個人事業ではなくて、メジャーレーベルという「会社」からリリースしているし、Hilcrhymeの曲をタイアップで使ってくれたコンテンツや企業もある。そういう「共同事業」だからこそ、とにかくたくさんの人がHilcrhymeには関わっているんですね。だから、それをクリエイトする側が不祥事を起こして、悪いニュースになれば、それ(に伴う作品の市場からの引き上げ)は当然の措置だと思いますね。僕が会社なら当然そうすると思います。

あと、根本的には、レーベルが取ったその措置に対して、僕がなにかを言うべきではない、というのが一番大きいですね。周りがそのことに対して議論してくれたり、意見するのはいいけど、当人だから、僕がなにかを言える立場じゃないっていうか。

―なるほど。

TOC:これは当事者になってみないとわからないと思います。僕に対して「もっとこうすればよかったのに」みたいな意見を言ってくる人もいたんですけど、こちら側の内情は、そういう外側の人が覗い知れるよりも、当然だけどもっと複雑なんですよね。ぱっと考えただけで、何百人単位の人の仕事が止まってしまって、そこから広がる関係者の数はもっと多くなる。だから、回収に関しては、なにも言えないし、なにも感情がないですね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『SUN ~リメイクベスト1~』(CD)
Hilcrhyme
『SUN ~リメイクベスト1~』(CD)

2019年6月12日(水)発売
価格:3,240円(税込)
POCE-12116

1. アイセイ(新曲)
2. 春夏秋冬 2019
3. ルーズリーフ 2019
4. トラヴェルマシン 2019
5. 友よ 2019
6. パーソナルCOLOR 2019
7. Changes 2019
8. Kaleidoscope 2019
9. エール 2019
10. FLOWER BLOOM 2019
11. Summer Up 2019

イベント情報

『Hilcrhyme LIVE 2019“MILESTONE 10th”~DAY1・招待=Show Time~』

2019年7月13日(土)
会場:東京 豊洲PIT
出演:
Hilcrhyme
Creepy Nuts
My Hair is Bad

『Hilcrhyme LIVE 2019“MILESTONE 10th”~DAY2・アコースティック~』

2019年7月14日(日)
会場:東京 豊洲PIT

『Hilcrhyme LIVE 2019“MILESTONE 10th”~DAY3・ワンマン~』

2019年7月15日(月)
会場:東京 豊洲PIT

『TOC 生誕祭 2019』

2019年10月4日(金)
会場:東京都 TSUTAYA O-EAST
出演:
Hilcrhyme
TOC

プロフィール

Hilcrhyme
Hilcrhyme(ひるくらいむ)

2006年6月9日にHilcrhymeを結成。2009年にシングル『純也と真菜実』でメジャーデビュー。同年リリースの2ndシングル『春夏秋冬』が大ヒットし、『日本レコード大賞』『有線大賞』など各新人賞を受賞。メロディアスなラップスタイルと等身大かつ文芸的なリリック、万人に響くメロディーメイクが反響を呼び、日本語ラップという形では過去に例を見ないトータル1000万DL超えを記録。また、叩き上げのスキルあるステージングにより動員を増やし続け、2014年には初の武道館公演をSOLD OUT。ブレずに新潟在住で音楽活動を続ける。2018年3月19日にDJが脱退。メンバーはTOCのみとなったが、TOCは「人生全てをかけてHilcrhymeを全うする」と所信表明。歌い続けていく。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる