特集 PR

KREVAが語る生みの苦しみ「ここ5年くらい、言いたいことがない」

KREVAが語る生みの苦しみ「ここ5年くらい、言いたいことがない」

KREVA『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』
インタビュー・テキスト
兵庫慎司
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/06/10

2019年はソロ始動15周年、ということで「9か月連続リリース」企画をぶちあげ、過去曲の2019年バージョンをデジタル / カセット / ストリーミング / アナログとメディアを変えて発表したり、“王者の休日”の「DLコード付きボクサーパンツ」を発売したりしてきたKREVA。その第6弾となるのが6月19日リリースのニューベストアルバム『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』である。趣旨はタイトルのとおり。

ギリギリ「CDがまだ売れる時代」だった2001年にKICK THE CAN CREWでメジャーデビューして翌年“マルシェ”で『紅白歌合戦』に出演、2004年のソロデビューから現在まで、世の音楽状況がどんどん変わっていく中にあっても一貫してトップを走り続けてきたKREVAは、今どんなことを考え、どのように行動しているのか。『成長の記録』のことも、それ以外も含めて、正面から訊いた。

「やったことないことをやろうよ」っていうことを何回も言った。

―15周年プロジェクトの9か月連続リリースの一環で、バンドで録り直したベストアルバムを出そうということになったのは、どういう経緯だったんですか?

KREVA:15周年でなにする? っていうときに、すぐに、バンドで全曲録り直したベスト盤がいいんじゃないか、って思いついたんですよね。

これ、結構時間かけて録り直してるんですよ。スケジュールの関係で、1年半くらいかけて、徐々に。あいだに他のレコーディングとかもあったりして。

あと、もはや、ベストアルバムの価値っていうんですか? そこも考えたところですね。「プレイリスト」があるわけだから、それに代わるものってなんだろうって。それで、バンドで録り直したものがいいなと思って。

KREVA(くれば)<br>2004年9月08日(クレバの日)に『音色』でソロメジャーデビュー。2ndアルバム『愛・自分博』でヒップホップソロアーティストとして史上初のオリコンチャート初登場1位を獲得。2019年、ソロデビュー15周年イヤーに突入。1月から9月08日(クレバの日)まで9か月連続リリース中。6月30日KREVA 15TH ANNIVERSARYワンマンライブ『KREVA NEW BEST ALBUM LIVE 成長の記録』を日本武道館で開催する。
KREVA(くれば)
2004年9月08日(クレバの日)に『音色』でソロメジャーデビュー。2ndアルバム『愛・自分博』でヒップホップソロアーティストとして史上初のオリコンチャート初登場1位を獲得。2019年、ソロデビュー15周年イヤーに突入。1月から9月08日(クレバの日)まで9か月連続リリース中。6月30日KREVA 15TH ANNIVERSARYワンマンライブ『KREVA NEW BEST ALBUM LIVE 成長の記録』を日本武道館で開催する。

―バンドでのアレンジは、どの程度までメンバーに指示を出しているんですか? なんか、譜面を書けるようになったって聞いたんですけど。

KREVA:そうそう(笑)。人が書くのを見てたらね、書けるようになってきましたね。最初のうちは、「もっとこういうノリで」とか、そういう指示しかできなかったですけど、最近だと、必要であれば楽譜を書いて「こういうアレンジにしたい」って指示を出すことぐらいまではできるようになってきたかな。

KREVA

―自分の曲をバンドサウンドにリアレンジするとき、モデルケースにしたバンドとか、ジャンルとか、あったりします?

KREVA:いないです。まったくいない。「こういう感じにしたい」とかいう話、一回もしたことないです。それでも、メンバーとサウンドを作ることは最初からできていたような気がする。みんな上手いし、それぞれの技を出してきてくれるので。音を出して、「これは違う」「それがほしいものだ」ってことは言えるから。

―そもそも、バンドの音楽って、好きですか?

KREVA:(笑)。はい、好きですよ。

―でも、バンドをやろうと思ったことはないでしょ?

KREVA:ないですね。高校生のときとか、友達がバンドやってても、自分もやりたいという発想にはならなかった。もうヒップホップだったんで。中学生のときから、バンドは聴くものだと思ってました。

―なのに、ライブをバンドでやるのもいいんじゃないか、と思い始めたのは……。

KREVA:それは明確なきっかけがあって。

KREVA“アグレッシ部 ~2019 Ver.~”を聴く(Apple Musicはこちら

KREVA“KILA KILA ~2019 Ver.~”を聴く(Apple Musicはこちら

KREVA“スタート ~2019 Ver.~”を聴く(Apple Musicはこちら

KREVA:『ROCK IN JAPAN (FESTIVAL)』のトリで、俺とDJ、ふたりだけで出たんですよ(2012年8月、GRASS STAGE)。そのときに、ステージからの景色を見て、「このスタイルでやることはやったな。次は全然違うことをやりたいな」と思えたんですね。「次はバンドかな」って、自然にそうなりました。

で、そこからバンドでライブをさんざんやってきて、でもちゃんと形に残したことはなかったし。全編生バンドの音に自分が乗っかってるものを作ったことがなかったので。

―やったことがないから、やっておきたいと?

KREVA:そうです。この15周年プロジェクトにおいては、「やったことないことをやろうよ」っていうのを何回も言ったと思います。カセットも、出したことがなかったからだし。あと、5月はパンツが出たんですけど……。

―ああ、下着ね。

『王者の休日 ~2019 Ver.~』楽曲DLコード付きボクサーパンツ
『王者の休日 ~2019 Ver.~』楽曲DLコード付きボクサーパンツ

KREVA:最初はTシャツを出そうっていう話をしていて。でも、15年ずっとファンでいてくれる人とか、もう1か月毎日着れるぐらいTシャツを買ってくれてると思うんですね。だったら作ったことないものにしようよ、っていう話から……“王者の休日”のミュージックビデオの中で、着替えてパンツになるシーンがあったんで、「パンツとかいいんじゃない? 全身KREVA色に染まるには(笑)」とか言って、作ってみたりとか。

Page 1
次へ

リリース情報

KREVA『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』初回限定盤A
KREVA
『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』初回限定盤A(CD+Blu-ray+写真集+豪華ボックス仕様)

2019年6月19日(水)発売
価格:7,461円(税込)
VIZL-1604

[CD]
1. Na Na Na ~2019 Ver.~
2. パーティーはIZUKO? ~2019 Ver.~
3. 基準 ~2019 Ver.~
4. ストロングスタイル ~2019 Ver.~
5. トランキライザー ~2019 Ver.~
6. イッサイガッサイ ~2019 Ver.~
7. 王者の休日 ~2019 Ver.~
8. I Wanna Know You ~2019 Ver.~
9. 存在感 ~2019 Ver.~
10. 成功 ~2019 Ver.~
11. KILA KILA ~2019 Ver.~
12. かも ~2019 Ver.~
13. 居場所 ~2019 Ver.~
14. アグレッシ部 ~2019 Ver.~
15. スタート ~2019 Ver.~
16. 音色 ~2019 Ver.~
17. C'mon, Let's go ~2019 Ver.~

[Blu-ray]
1. 音色 ~2019 Ver.~
2. The Making of “音色 ~2019 Ver.~” in London

[写真集]
『KREVA in LONDON 2019』(48ページ予定)

KREVA『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』初回限定盤B
KREVA
『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』初回限定盤B(CD+DVD+写真集+豪華ボックス仕様)

2019年6月19日(水)発売
価格:6,381円(税込)
VIZL-1605

[CD]
1. Na Na Na ~2019 Ver.~
2. パーティーはIZUKO? ~2019 Ver.~
3. 基準 ~2019 Ver.~
4. ストロングスタイル ~2019 Ver.~
5. トランキライザー ~2019 Ver.~
6. イッサイガッサイ ~2019 Ver.~
7. 王者の休日 ~2019 Ver.~
8. I Wanna Know You ~2019 Ver.~
9. 存在感 ~2019 Ver.~
10. 成功 ~2019 Ver.~
11. KILA KILA ~2019 Ver.~
12. かも ~2019 Ver.~
13. 居場所 ~2019 Ver.~
14. アグレッシ部 ~2019 Ver.~
15. スタート ~2019 Ver.~
16. 音色 ~2019 Ver.~
17. C'mon, Let's go ~2019 Ver.~

[DVD]
1. 音色 ~2019 Ver.~
2. The Making of “音色 ~2019 Ver.~” in London

[写真集]
『KREVA in LONDON 2019』(48ページ予定)

KREVA『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』通常盤
KREVA
『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』通常盤(CD)

2019年6月19日(水)発売
価格:3,141円(税込)
VICL-65198

1. Na Na Na ~2019 Ver.~
2. パーティーはIZUKO? ~2019 Ver.~
3. 基準 ~2019 Ver.~
4. ストロングスタイル ~2019 Ver.~
5. トランキライザー ~2019 Ver.~
6. イッサイガッサイ ~2019 Ver.~
7. 王者の休日 ~2019 Ver.~
8. I Wanna Know You ~2019 Ver.~
9. 存在感 ~2019 Ver.~
10. 成功 ~2019 Ver.~
11. KILA KILA ~2019 Ver.~
12. かも ~2019 Ver.~
13. 居場所 ~2019 Ver.~
14. アグレッシ部 ~2019 Ver.~
15. スタート ~2019 Ver.~
16. 音色 ~2019 Ver.~
17. C'mon, Let's go ~2019 Ver.~

イベント情報

『KREVA 15TH ANNIVERSARY YEAR「KREVA NEW BEST ALBUM LIVE - 成長の記録 -」』

2019年6月30日(日)
会場:東京都 日本武道館

プロフィール

KREVA
KREVA(くれば)

国民的人気を誇るHIP HOPアーティスト。HIP HOPの殿堂「B-BOY PARK」のMCバトルで3年連続日本一の栄冠に輝く実績を持ち、現在に至るまでその記録は未だに塗り替えられていない。2004年9月08日(クレバの日)に『音色』でソロメジャーデビュー。2ndアルバム『愛・自分博』でHIP HOPソロアーティストとして史上初のオリコンチャート初登場1位を獲得。リリースされる楽曲は常にチャート上位にランクイン。9月08日は「クレバの日」と日本記念日協会に正式認定される。これまでに23枚のシングルと7枚のオリジナルアルバムをリリース。2018年は『存在感』をリリースし、恒例のKREVA主催「音楽の祭り」『908 FESTIVAL 2018』を日本武道館で開催。2019年、ソロデビュー15周年イヤーに突入。1月から9月08日(クレバの日)まで9か月連続リリース中。6月30日、KREVA 15TH ANNIVERSARY YEAR『KREVA NEW BEST ALBUM LIVE 成長の記録』を日本武道館で開催する。HIP HOPシーンのみならず、日本の音楽界最重要人物のひとり。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」