特集 PR

社会の抑圧を肌で感じるペンギンラッシュが、音楽で自由を表す

社会の抑圧を肌で感じるペンギンラッシュが、音楽で自由を表す

ペンギンラッシュ『七情舞』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:南阿沙美 編集:久野剛士、矢島大地(CINRA.NET編集部)

確かにブラック要素の入ったバンドが増えてると思うんですけど、そこはあんまり意識してないですね。(望世)

―“悪の花”はセカンドラインのリズムと大胆な展開が印象的ですが、どんなアイデアから作られた曲なのでしょうか?

望世:ベースは私が作りました。セカンドラインのリズムって、明るくて華やかなリズムだと思うんですけど、そのリズムで明るくない曲を作ってみたいと思ったのが始まりです。曲構成に関しては普通のABサビみたいな概念が私にはないので、これはいつも通りなんですよね。

―「好きじゃない」とか「違うものにしたい」とかじゃなくて、そもそも曲を作る上でABサビという概念がないと。

望世:別に嫌いなわけじゃなくて、私もそういう曲を聴くし、それはそれでいいと思うんですけど、いざ自分が作るってなると、そうしようとは思わない。この曲はセカンドラインのリズムと、あとスウィングも入れたくて、ストーリーのアップダウンがある曲を作ろうと思ったら、こうなりました。

―人によっては、「プログレっぽい」みたいな感想もありそうですけどね。でも、変化球をリードにしたわけではなくて、自分たちのストレートをそのままリードにしていると。

ペンギンラッシュアーティスト写真
ペンギンラッシュアーティスト写真

望世:そうですね。これがペンギンラッシュだなって思います。リードにしたのは挑戦的ではあると思うんですけど、これをどう受け止められるんだろうっていうのが、単純に興味としてありました。

―転調しまくりの“アンリベール”にしても、やはり変に狙ったというよりは、「作りたいものを作った」という感じ?

真結:この曲の大元を作ったのはベースの浩太郎で、最初デモを聴いたときは、「ふざけてるのかな?」って思いました(笑)。2小節ごとに転調してるんですよ。

望世:そこにフレーズつけるのめちゃめちゃ大変だったと思う。

真結:大変だったんですけど、完成してしまえば、「やり切った!」っていう感じですね。これまでにやったことのない、面白いものになってよかったなって。

左から:浩太郎、望世、真結、Nariken

―ジャズやファンクを音楽性の軸にするバンドが増えた中で、より強烈な個性のある曲を作ろうと意図したわけでもないですか?

望世:確かにブラック要素の入ったバンドが増えてる流れはあると思うんですけど、そこもあんまり意識はしてないですね。私たちはこれまでずっと聴いてきたものを消化してやってるだけというか、わざわざR&Bやジャズを引っ張ってきて作ってるわけではなくて、さっきもいったように、「作ったら、こうなる」っていう感じなんです。なので、最近のオシャレなポップ系みたいなのとはまたちょっと違うのかなって思います。

真結:うん、曲が生まれてくる過程が違うんじゃないかなって。

―「トレンドを取り入れる」という発想ではないわけですよね。それこそ、前回のインタビューで仰っていた高校で先生に教え込まれ、その中で消化してきたものを出してるだけというか。

真結:「ジャズを作ろう」とか「ファンクを作ろう」とも思ってないんです。単純に、いま自分たちが作りたいものを作って、「それがこれです」っていう感じなんですよ。

そもそも「情」って限定されないものですからね。(望世)

―『七情舞』というタイトルは、どのようにつけたのでしょうか?

望世:収録曲が7曲なので、「7」がつく言葉を探しました。7曲に込めたいろんな「情」が舞っていくイメージですね。そこまで強い意味を込めたわけではないですけど、いろんな人に意見を求めながら決めて、結果的にすごくぴったりのタイトルになったなって。

―「この曲が喜、この曲が怒」みたいにはっきり分かれてるわけではないだろうけど、そうやって当てはめてみるのも面白いかもしれないですね。

望世:そう思う人もいるかもしれないですよね。私もタイトルから想像を広げたり、意味を調べたりするのが好きなので、そうやって面白がってもらえたら嬉しいです。

―このタイトルも感情は「喜怒哀楽」だけじゃなくて、「愛悪欲」もあるんだっていう、ペンギンラッシュの「限定はしない」という価値観がよく表れてるなと思いました。

望世:確かに、限定はしたくないし、そもそも「情」って限定されないものですからね。そういう意味合いもあると思います。

ペンギンラッシュ『七情舞』ジャケット
ペンギンラッシュ『七情舞』ジャケット(Amazonで見る

―2枚のアルバムを作り終えて、この先のバンドの展望についてはどうお考えですか?

望世:今作を作ったことで、うちらの強みを理解できたというか、「これだろ!」みたいな……その「これ」を言葉で表すのは難しいんですけど(笑)。でも、「私たちはこうありたい」っていうのが固まったと思うので、その強度をより増して作品を作っていきたいし、もっと突き詰めていきたいと思います。

―その「これ」を言葉にしてもらいたい気持ちもありつつ、でも今日何度も「限定しない」という話をしてきた手前、それを求めるのは酷だなとも思います(笑)。

望世:言葉にするのは難しいですよね。ものを作ってる人はみんなそうだと思うんですけど、「他と一緒にされたくない」とか「決めつけられたくない」っていう気持ちがうちらも強くて、そこがペンギンラッシュが一番アピールしていきたいところでもあるというか。

―「カウンター精神」というよりは、はじめから枠組みに囚われていない、すごくナチュラルなんだなっていうのは、今日話して感じました。なにかひとつの言葉で表せばわかりやすいんだけど、でも言葉にした時点でそれ以外が零れ落ちてしまうから、あくまで聴き手の解釈に委ねるというのは、もの作りに対する誠意だとも思います。

望世:ホントに、これが自然体なんです。『七情舞』にも、私たちの自然体が表れてると思います。

真結:聴いてくれる人それぞれに、「ペンギンラッシュっぽさ」を感覚的に感じ取ってほしいなって思いますね。

左から:望世、真結
Page 3
前へ

リリース情報

ペンギンラッシュ『七情舞』
ペンギンラッシュ
『七情舞』(CD)

価格:1,944円
NCS-10227

1. 悪の花
2. アンリベール
3. 契約
4. 能動的ニヒリズム
5. モノリス
6. 晴れ間
7. 青い鳥

イベント情報

『「七情舞」東名阪レコ発ツアー“七情に舞う”』

2019年6月27日(木)
会場:愛知県 名古屋 新栄APOLLO BASE
出演:
けもの

2019年7月5日(金)
会場:東京都 代官山SPACE ODD
出演:
集団行動
showmore

2019年7月12日(金)
会場:大阪府 心斎橋CONPASS
出演:
Lucky Kilimanjaro
RAMMELLS

ワンマンライブ『Rush out night 2019』

8月18日(日)名古屋 新栄APPLO BASE
OPEN 17:30/START 18:00

プロフィール

ペンギンラッシュ
ペンギンラッシュ

名古屋出身。2014年、高校の同級生だった望世(Vo / Gt)、真結(Key)を中心に新たなJ-POPの開拓を目指し結成。2017年にサポートをしていた浩太郎(Ba)とNariken(Dr)が加入し現4人体制に。2ndシングル『yoasobi』は、タワーレコードが未流通&デモ音源をウィークリーランキング形式で展開する「タワクル」企画にて、名古屋パルコ店で2017年4月から1年以上TOP5に毎週チャートイン。『SAKAE SP-RING』では2018年、2019年と2年連続で入場規制が掛かるなど地元の名古屋にて多くの支持を集めている。2018年8月の1stアルバム『No size』は、J-WAVE8月のSONAR TRAXに続き、「東海アーティストレコメンド2018」、「@FM ROOKIEAWARD」、「Eggsマンスリープッシュ」などに選出。そして2019年6月6日、2ndアルバム『七情舞』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談