特集 PR

ペンギンラッシュが表現する、ジャズも文学も苛立ちも歌に変えて

ペンギンラッシュが表現する、ジャズも文学も苛立ちも歌に変えて

ペンギンラッシュ『No size』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:高橋一生(sui sui duck) 編集:矢島由佳子

名古屋出身の男女4人組バンド、ペンギンラッシュの初の全国流通盤『No size』が、8月1日にリリースされた。ジャズやファンクのグルーヴと、J-POPの親しみやすさが融合したサウンドスケープ。ハスキーで存在感のある女性ボーカルは、聴けば聴くほどクセになる。まるで映画のワンシーンを切り取ったような映像的な歌詞もあれば、実在の人物やSNSへの苛立ちをストレートに歌った歌詞もあり、そうしたアンバランスさがもたらす違和感も、本作を忘れ難いものにしている要素のひとつといえよう。

メンバーである望世と真結は、高校時代に軽音楽部で知り合い、不思議な縁でバンドを組むことになる。それまでジャズもソウルも通ってこなかった2人は、一体どのようなきっかけで深遠なるブラックミュージックの世界へとのめり込み、バンドとしての絆を深めていったのだろうか。

私たちの音楽性、ルーツになっている部分のほとんどは、部活の顧問の先生に決定づけられたと言っていいかもしれないです。(望世)

—ペンギンラッシュは、高校のときに望世さんと真結さんを中心に結成されたそうですね。

望世(Vo,Gt):はい。真結とは高校の軽音楽部で出会いました。小さい頃から私は歌が好きで、ピアノを習っていたこともあったんですけど、実をいうと高校に入った頃は、それほど音楽に夢中じゃなかったんです。すでにピアノ教室はやめてしまっていたし、中学の頃は運動ばかりやっていたので。ただ、うちの高校は運動部がものすごく強いところで、入部したら他のこと一切出来なくなっちゃうと思ったんです。それで、楽に活動できそうなところを選んだ結果が軽音楽部でした(笑)。

真結(Key):私も軽音学部に入ったときは、鍵盤を弾くつもりはなかったんです。ピアノは習っていたのですが、中学の頃はSHISHAMOのコピーバンドとかをやっていて、その延長で高校でもギターボーカルをやりたかったので。ところがギターを担いで部室へ行ったら、その年に入部した人のなかにはキーボーディストが1人もいなかったから、顧問の先生にギターをやめさせられ……(笑)。言われるがままキーボードを買ってしまったんです。

左から:望世、真結
左から:望世、真結

—え、ひどい(笑)。

望世:その先生はもともとジャズピアニストで、今はファンクやソウルのバンドのメンバーだったりするんですけど、私が「バンドメンバーを探している」「鍵盤のあるバンドがやりたい」と相談したら、「真結とやったらいいじゃん」って勧められて(笑)。「あ、確かに」と思って組んだのが、ペンギンラッシュの始まりです。

—じゃあ、その顧問の先生の影響ってかなり大きいんですね。

望世:めちゃめちゃ大きいですね。私たちの音楽性、ルーツになっている部分のほとんどは、その先生に決定づけられたと言っていいかもしれないです。強引なんですが、とにかく熱い人で(笑)。ジャズやソウル、ファンクなどのオススメのCDも、どんどん貸してくださって。それを片っ端から聴いていくうちにハマっていきました。

—高校時代に組んだときから「ペンギンラッシュ」と名乗っていたんですか?

真結:はい、最初は同い歳の女の子4人で組んだんですけど、そのときからこの名前でした。ラッシュは「ボビー・ラッシュ」(1933年アメリカ出身。ファンク、ブルースミュージシャン)から拝借して、「ガールズバンドだし動物の名前も入れて可愛くしよう」ということで、ペンギンとかキャットとかラビットとか色々候補があったなか、ペンギンが選ばれました。

授業で、村上春樹と村上龍の作品を時代系列で比べたり、映画のSMシーンを扱ったり(笑)。……おかしいですよね?(望世)

—現在、望世さんの通っている大学は、かなりユニークなところみたいですね?

望世:大学では文章を書くことに重きをおいて、シナリオや児童文学、詩、純文学などを学ぶ学科を専攻しています。村上春樹と村上龍の作品を時代系列で比べたり、映画『トパーズ』(村上龍監督作品、1992年)のSMシーンを授業で扱ったり(笑)。春樹の作品のなかで、性描写が何回出てくるかみんなでカウントしたこともありました……おかしいですよね?

—(笑)。その授業は、最終的には自分たちのオリジナル作品を作るのが目標なんですか?

望世:そうですね、ほとんどの人がなにかしらの作品をゼミで発表しています。私は、ノンフィクション作品を書きたくて。そのためには幅広く色々なことを学ばなければならないし、まさにこんな感じでインタビューなどもしてみたいなと思っていて。

望世

—真結さんは、高校卒業後はどのような進路を?

真結:建築関係の専門学校へ行ってました。「ミュージシャンになりたい」と思うよりも前からずっと、建築士に憧れていたんです。

—望世さんはノンフィクション作家に、真結さんは建築家になるのが夢だったとは意外でした。

真結:小さい頃から工作とか物作りが好きで、設計図を作ったり音楽を作ったりすることも、その延長線上にあるのかもしれないです。昔から、決まったことをやるよりも、一から自分でなにかを作るほうが楽しいと思ってたんですよね。なので、ペンギンラッシュの音楽も、今までになかった新しいものを作りたいなという気持ちが強いです。

右:真結

Page 1
次へ

リリース情報

ペンギンラッシュ『No size』
ペンギンラッシュ
『No size』(CD)

2018年8月1日(水)発売
価格:2,484円(税込)
NCS-10187 / \2,300+税
※ CD初回プレス特典:オリジナルステッカー付

1. Under(repetition)
2. ルサンチマン
3. 街子
4. Nib
5. 奈落
6. installation
7 マタドール
8. Dolk
9. Eien
10. 雨情
11. ユイメク
12. RET

イベント情報

『「No Size」リリース記念・インストアイライブ』

2018年8月6日(月)
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町

2018年8月17日(金)
会場:東京都 タワーレコード渋谷店

2018年8月31日(金)
会場:愛知県 タワーレコード名古屋パルコ店 ST 19:00

プロフィール

ペンギンラッシュ
ペンギンラッシュ

名古屋出身。2014年、高校の同級生であった望世(Vo,Gt)、真結(Key)を中心にFUNKやJAZZを作法としたJ-POPの開拓を目指そうと結成。2017年に2人をサポートしていた浩太郎(Ba)とNariken(Dr)が正式加入し現4人体制に。2016年8月Sg『une』(アン)、10月フリーサンプラー『Dolk』、2017年1月Sg『yoasobi』、11月Sg『Chorus』を制作。タワーレコードが未流通&デモ音源をウィークリーランキング形式で展開する「タワクル」企画、名古屋パルコ店にて2017年4月から現在まで、1年以上TOP5に毎週チャートインするという驚異的な支持を得続けている。昨今のバンドサウンドとは一線を画す、ジャンルレスなアンサンブル、独自のメロディライン、言い換えるならば現在のPOPsシーンに存在しない「違和感」で構成されるJ-POP。これはまさに中毒必至。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談