特集 PR

Corneliusが突然変異したとき 音楽家として迎えた転換点を語る

Corneliusが突然変異したとき 音楽家として迎えた転換点を語る

Cornelius『Mellow Waves Visuals』『The First Question Award』『Point』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:関信行 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

8月に東阪で2001年発表の名盤『POINT』を中心に構成される特別ライブ『Cornelius Performs Point』の開催を予定しているCorneliusが、7月31日に『POINT』のリイシューを含む3作品を同時に発表した。もう1枚は、1994年に発表された記念すべき1stアルバム『The First Question Award』のリイシュー。そして、最新作『Mellow Waves』全曲のミュージックビデオと、昨年10月に東京国際フォーラム ホールAで行われたライブ映像、国内外のツアードキュメンタリーを収録した『Mellow Waves Visuals』という3作品だ。

今回注目したのは『POINT』である。Corneliusの名前が世界中に知れ渡った『FANTASMA』(1997年)がエポックメイキングな作品だったことは事実だが、以下のインタビューでも語られているように、現在に至るCorneliusの作風の起点となったのは間違いなく『POINT』だ。ステレオ空間を意識し、必要最低限の音数で緻密に作り上げられたサウンドデザインは、DAWソフトを使えば誰もが音楽を作れるようになった時代において、もう一度再評価されるべき。時代の転換点となった1990年代末から2000年代初頭を振り返りつつ、音楽と映像の関係性についても、改めて小山田に話を聞いた。

振り返って考えると、自分にとっても、世の中にとっても、1990年代はすごくめまぐるしい時代だった。

Cornelius

―今回『Mellow Waves』の映像作品とともに、『The First Question Award』と『POINT』がリイシューされることになったのは、どういった経緯だったのでしょうか?

小山田:もともとこの2作はポリスターから出してたんですけど、何年か前にワーナーミュージックが権利を買ってくれてたんです。「アメリカで『POINT』をリイシューしないか?」という話があったので、「じゃあ、1stアルバムも一緒に出そう」と。2ndアルバム(1995年リリースの『69/96』)はサンプリングとかの事情でまだポリスターが権利を持っているので、この2枚が出るっていう経緯です。

Cornelius(こーねりあす)<br>1969年東京都生まれ。1989年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後、1993年、Corneliusとして活動開始。現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリース。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX。プロデュースなど幅広く活動中。
Cornelius(こーねりあす)
1969年東京都生まれ。1989年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後、1993年、Corneliusとして活動開始。現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリース。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX。プロデュースなど幅広く活動中。

―8月には『Cornelius Performs Point』も開催されますね。

小山田:3年前にアメリカで『FANTASMA』のアナログ盤を出して、『Cornelius performing Fantasma』をやったんですけど、日本ではもっと前にCDでリイシューされてたので(2010年、砂原良徳のリマスタリングによって再発売)、ライブはやらなかったんです。でも今回はアメリカだけじゃなくて日本でも出すから、日本でも再現ライブをやろうということになりました。

―『The First Question Award』は今から25年前の1994年に発表されたCorneliusの1stアルバムですが、小山田さんのキャリアのなかでどんな位置づけの作品だと言えますか?

小山田:『POINT』は、音楽的にも今やってることと近くて「ここからはじまった」っていう感じだけど、1stアルバムはまだ20代の、何もわかってないヤツが作った作品なので今とはだいぶ違いますね(笑)。

Cornelius『The First Question Award』を聴く(Apple Musicはこちら

小山田:1stアルバムは25年前なんでだいぶ覚えてなくて。でも、リマスターして音がちゃんとよくなったのは、『POINT』よりも断然よくわかると思います。『POINT』は2001年の作品で、マスタリングの技術も上がってて、気を遣ったし、今聴いてもそんなに変わらないというか。

―Corneliusのキャリアのなかで、ハードディスクレコーディングでないのは1stアルバムだけですもんね。音楽の内容に関して何か再発見はありましたか?

小山田:ホーンとかストリングスがすごく入ってて、プロダクションは豪華ですよね。Corneliusのなかでは一番J-POP的なアルバムだと思うんですけど、ポップスって時代感が出るんで、すごく昔のものに聴こえる。逆に、『POINT』はポップスっていうほどポップスじゃないというか、もうちょっと普遍的でミニマルな方向だから、今聴いてもそんなに違和感はないかな。

―たしかに、1stアルバムのほうがより時代性を感じさせますが、アシッドジャズのテイストとかは、今だからこそ新鮮に聴けるようにも感じました。

小山田:1stアルバムから『POINT』は7年で、『POINT』から現在までは18年経ってるわけだけど、1990年代の7年のほうが変化が目まぐるしいというか。音楽の歴史から見ても、1990年代はまだ「更新」がはっきりあったと思うけど、2000年以降は音楽的な変化ってそこまで感じなくて。それは不思議だなって思う。振り返って考えると、自分にとっても、世の中にとっても、1990年代はすごくめまぐるしい時代だったなって思います。

Page 1
次へ

リリース情報

Cornelius『Mellow Waves Visuals』
Cornelius
『Mellow Waves Visuals』(Blu-ray)

2019年7月31日(水)発売
価格:7,020円(税込)
WPXL-90203

「Music Videos」
1. あなたがいるなら
2. いつか / どこか
3. 未来の人へ
4. Surfing on Mind Wave pt 2
5. 夢の中で
6. Helix / Spiral
7. Mellow Yellow Feel
8. The Spell of a Vanishing Loveliness
9. The Rain Song
10. Crepuscule
11. Audio Architecture -Cocktail Party in the AUDIO ARCHITECTURE-
12. Audio Architecture -線維状にある in fibrils-
13. Audio Architecture -airflow-
14. “Mellow Waves”Teasers #1~3

「Mellow Waves Tour 2018 @Tokyo International Forum」
1. いつか / どこか
2. Point of View Point
3. Audio Architecture
4. Helix / Spiral
5. Drop
6. The Spell of a Vanishing Loveliness
7. Mellow Yellow Feel
8. Sonorama 1
9. 未来の人へ
10. Count 5 or 6
11. I Hate Hate
12. Surfing on Mind Wave pt2
13. 夢の中で
14. Beep It
15. Fit Song
16. Gum
17. Star Fruits Surf Rider
18. あなたがいるなら

「Mellow Waves Tour Documentary」

Cornelius『The First Question Award』
Cornelius
『The First Question Award』(CD)

2019年7月31日(水)発売
価格:2,592円(税込)
WPCL-13066

1. THE SUN IS MY ENEMY
2. (YOU CAN'T ALWAYS GET) WHAT YOU WANT
3. SILENT SNOW STREAM
4. PERFECT RAINBOW
5. BAD MOON RISING
6. CANNABIS
7. RAISE YOUR HAND TOGETHER
8. THE BACK DOOR TO HEAVEN
9. THEME FROM FIRST QUESTION AWARD
10. THE LOVE PARADE
11. MOON LIGHT STORY
[Bonus Tracks]
12. PELE
13. DIAMOND BOSSA
14. THEME FROM FIRST QUESTION AWARD -English version-

Cornelius『Point』
Cornelius
『Point』(CD+DVD)

2019年7月31日(水)発売
価格:3,996円(税込)
WPZL-31631/2

[CD]
1. Bug (Electric Last Minute)
2. Point Of View Point
3. Smoke
4. Drop
5. Another View Point
6. Tone Twilight Zone
7. Bird Watching At Inner Forest
8. I Hate Hate
9. Brazil
10. Fly
11. Nowhere
[Bonus Tracks]
12. Point of View Point (Yann Tomita Mix) (2002)
13. Drop The Tusen Takk Rework (Kings of Convenience Mix) (2002)
14. Drop Herbert's Kangaroo Dub (Matthew 'Cactus' Herbert Mix) (2002)

[DVD]
1. Point Of View Point
2. Smoke
3. Drop
4. Drop - Do It Again
5. Another View Point
6. Bird Watching At Inner Forest
7. I Hate Hate
8. Tone Twilight Zone
9. From Nakameguro to Everywhere
10. Smoke - Do It Again

イベント情報

『Cornelius Performs Point』

2019年8月6日(火)
会場:東京都 恵比寿LIQUIDROOM
出演:
Cornelius
砂原良徳(DJ)

2019年8月12日(月・振休)
会場:大阪府 梅田 サンケイブリーゼ

2019年8月21日(水)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura オーチャードホール

料金:各公演7,800円

プロフィール

Cornelius(こーねりあす)
Cornelius(こーねりあす)

1969年東京都生まれ。1989年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後、1993年、Cornelius(コーネリアス)として活動開始。現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリース。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX。プロデュースなど幅広く活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催