特集 PR

パブリック娘。が、おちゃらけたノリを卒業 3人に何があった?

パブリック娘。が、おちゃらけたノリを卒業 3人に何があった?

パブリック娘。『アクアノート・ホリデイ』
インタビュー・テキスト
高岡洋詞
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

パブリック娘。が帰ってきた。結成8年目の2016年に発表した1stアルバム『初恋とはなんぞや』から3年、突然リリースされた2作目『アクアノート・ホリデイ』は、前作を上回る素晴らしい作品になった。2019年に全員30歳を迎えるだけに、前作のやんちゃさから大人のほろ苦さへとリリックの成熟ぶりも目覚ましいが、それだけではない。こだわりはミックスやジャケット写真、パッケージデザインに至るまで発揮され、高い美意識をうかがわせる。前作からの変化、そこに反映された3人それぞれの想いなどを、文園太郎、齋藤辰也、清水大輔に話してもらった。

ヒップホップ云々というより、単純に音楽として価値のあるものにしたかった。(齋藤)

―『アクアノート・ホリデイ』は前作を超える素晴らしい作品ですね。

齋藤:もちろん。

―齋藤さんだけじゃなくおふたりもそう思う?

文園:まぁ、そうですね。

清水:はい。

齋藤:前作はゴミ箱に捨てていただいてもいいですよ(笑)。

パブリック娘。(ぱぶりっくむすめ)<br>齋藤辰也、清水大輔、文園太郎の平成元年生まれの3人が集まったラップユニット。2019年7月3日、2ndアルバム『アクアノート・ホリデイ』をリリース。同作は、文園による6曲のトラックを中心に、盟友・%CことTOSHIKI HAYASHIが3曲、Ryo Takahashi、ESME MORI、及川創介、Felix Idleが各1曲ずつトラックを提供、ゲストボーカルとして、のもとなつよ(Solid Afro、昆虫キッズなど)と城戸あき子(ex.CICADA)が参加している。
パブリック娘。(ぱぶりっくむすめ)
齋藤辰也、清水大輔、文園太郎の平成元年生まれの3人が集まったラップユニット。2019年7月3日、2ndアルバム『アクアノート・ホリデイ』をリリース。同作は、文園による6曲のトラックを中心に、盟友・%CことTOSHIKI HAYASHIが3曲、Ryo Takahashi、ESME MORI、及川創介、Felix Idleが各1曲ずつトラックを提供、ゲストボーカルとして、のもとなつよ(Solid Afro、昆虫キッズなど)と城戸あき子(ex.CICADA)が参加している。
パブリック娘。“川”を聴く(Apple Musicはこちら

―今作を聴いて、「パブリック娘。も大人になったんだな」と感慨深かったです。

齋藤: 作品に参加してくれた人や友達からもらったコメントでも、何度も「大人」って書かれました(笑)。なんでみんな勝手に保護者になっちゃうんだろう。

『アクアノート・ホリデイ』に寄せられたコメントを見る(サイトを開く

文園:前作の曲は全部、大学生のときに作りましたけど、いまさら学生時代の思い出は歌わないですからね。

―自然に変わってきたということですね。

文園:逆に、ずっと子どもっぽいバンドとかっていますかね?

―KISSとかRamonesとか……でもあれはファンタジーですからね。ラップグループではあまり思い当たりません。

清水:「本当のことを書く」というラップミュージックの手法を取り入れている以上、大人になるのは当然かなと思います。その手のロックのファンタジーとは違うので。

左から:清水大輔、文園太郎、齋藤辰也
左から:清水大輔、文園太郎、齋藤辰也

齋藤:僕はロックンロールの人間ですけどね(笑)。ヒップホップ云々というより、単純に音楽として価値のあるものにしたかったんです。曲がよかったから、歌詞もよくしようと思って、テーマも決めて。前作のときは「mixiの日記が音楽になった」みたいなことを言いましたけど、今回はルー・リード先生を心に飼って「この歌詞だとダメですかね?」って先生に随時訊きました。僕としてはむしろ、ヒップホップから離れたかったくらいなんですよ。

―ラップはあくまで方法ということ?

齋藤:そうです。自分が聴きたいと思えるラップがなかなかないから自分でやっているんだと思います。

―手法としてラップを取り入れながら、ヒップホップからは離れたいと思った。齋藤さんのなかではどういうロジックがあるのでしょうか?

齋藤:興味の対象があくまで音楽だから、ということですね。某ラッパーの方が「ヒップホップとはローカルなコミュニティーや助け合う文化であって、ラップミュージックが好きなだけの人はただの音楽ファンだ」みたいなことを言っていたんですけど、だったら俺はただの音楽ファンだなと思って。いい曲に、いい歌詞を書いて、いい音楽を作りたいというだけです。

「ヒップホップから離れたい」ということとはちょっと違うかもしれないけど、かっこいいと言われている現行のヒップホップを聴いても「似たり寄ったりだな」とか、「言ってることが面白くないな」とか、しっくりくるものがないんですよね。“水槽”みたいな曲は、ヒップホップを作ろうとするだけでは生まれないものだと思います。違う形で表現したものはあるかもしれないけど。

パブリック娘。
パブリック娘。“水槽”を聴く(Apple Musicはこちら

―「ヒップホップから離れたかった」という言葉を聞くと、今作の印象も変わってくるように思いますね。齋藤さんのスタンスに対して清水さんと文園さんはどう考えていますか?

文園:僕はトラックがあって、みんなで歌詞を乗せて、ああだこうだ言いながら作ることが大事で。そういう意味では、今回はたくさん曲を作れたのでよかったです。辰也が言ってることに同意するところもしないところもあるけど、それで全然いいと思ってます。

清水:僕も全部同意ではないし、全部反対でもないって感じですね。長い付き合いでお互いに尊敬し合う関係を築いてしまってるので、意見されることにも興味があるし、それに則ってやってみたら面白そうだなって思うから一緒にやりたいし。僕はラップしたいだけなんで。今回は自分でも聴けるアルバムが作れてよかったです。

それに、資料に「一石を投じる」とありますけど、僕にはそういう気持ちもあります。デモができあがったあとの作業で、エディットや声の入れ方で意図的に他のラップミュージックと差異をつけることはすごく意識しました。

Page 1
次へ

リリース情報

パブリック娘。『アクアノート・ホリデイ』
パブリック娘。
『アクアノート・ホリデイ』(CD)

2019年7月3日(水)発売
価格:2,484円(税込)
PCD-83014

1. Intro
2. PS8
3. 川
4. LOVE
5. どうする
6. あるく
7. 水槽
8. 鉄道
9. ショットガンキス
10. 泡 feat. 城戸あき子
11. 空
12. 白夜
13. お風呂

プロフィール

パブリック娘。(ぱぶりっくむすめ)

文園太郎、清水大輔、齋藤辰也の平成元年生まれの3人集まったラップユニット。2019年7月3日、2ndアルバム『アクアノート・ホリデイ』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」