特集 PR

ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

ヨルシカ『エルマ』
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:中田光貴、矢島大地(CINRA.NET編集部)

想像が追い付かなくなるくらいの難産の果てに出てきたものが、n-bunaくんの望む美しい歌なんだと思う。(suis)

―2枚のアルバムの構想に関しては、n-bunaさんからsuisさんにどのくらいの事前説明があったのでしょうか?

n-buna:今回に限らずですけど、基本的に説明はほとんどしないです。大枠は説明しますけど、細かい歌詞の背景は一切説明しない。suisさんには真っさらな状態で歌ってほしいんですよね。そうすることで、僕が思いもつかないような表現をもらうことが楽しいんです。彼女なりの解釈で詞を読んでほしいし、そこから出てくるものが見たい。

―suisさん的にも、そういった作り方はしっくりきていますか?

suis:たしかに、細かいディレクションがないほうが自由に表現できるっていう発想もあると思うんです。でも、さっきn-bunaくんが言っていたように、『だから僕は音楽を辞めた』ではエイミーという男性の気持ちが歌われているけど、歌っているのはエルマという女性……みたいな感じで、今回の2作品は複雑な関係性で成り立っているじゃないですか。

そこにはいろいろ重要な設定があると思うんですけど、それを私はあまりにも知らされないので……。

―え、そうなんですか(笑)。

suis:だからn-bunaくんの知らないところでは、かなり難産にはなっています(笑)。

n-buna:そうだったんだ(笑)。

suis:その難産っぷりがいいんだと思いますけどね。考えたり想像したりすることが追い付かなくなるくらいの難産の果てに出てきたものが、n-bunaくんが望む美しい歌なんだろうと思うので。なので、このやり方でいいんだろうとは思います。

“雨とカプチーノ”ミュージックビデオより
“雨とカプチーノ”ミュージックビデオより
“雨とカプチーノ”ミュージックビデオより

今、ヨルシカをやっているのは、思いがけずやってきた楽しい余生、みたいな感覚なんですよね。(suis)

―先ほどからsuisさんの口から出てきている、「ヨルシカのsuisになる」とか、「それまでの自分を殺した」というような表現も、少し気になっているのですが。

suis:なんなんでしょうね?(笑)……きっと私には、「0か100か」しかないんですよね。自分の思想を抱えながら「ヨルシカのsuis」にはなれなかったし、「suis」になるには、それまでの自分の人格を殺して、新しい人生を送るしかなかった。私がヨルシカのお話をいただいたのは20歳くらいの頃だったんですけど、その頃には、もう人生はエンディングでいいかなって思っていたんです。10代の頃はとにかく生き急いでいたし、そのままゆるやかな死を待っている最中だった。

それはそれで、それなりに幸せだし、死ぬまでこのままでいいや、みたいな……すごく平坦で幸せなお花畑の中でウフフって笑っているような時期だったんです。

そういう時期にヨルシカのお話をもらい、お花畑で緩やかな死を待つか、人生のエンディングに新しいことをやってみるかっていう選択の中で、ヨルシカを選んだっていう感じだったんですよね。

―なんだか、すごいお話ですね……。ヨルシカを始める前、10代の頃のsuisさんというのは、どんな感じだったのですか。

suis:10代の頃は、自分が楽しんでいるその瞬間より、いずれその瞬間を思い返す未来がきたときに、それが「思い出」として美しくあることの方が重要だと思っていて。

だから若いうちに「思い出」になりうることをやっておかなきゃいけないと思って、生き急いでいたんです。そうしたら20歳になった頃にはやりたいことがなくなっていて、「人生終わったな」って思ったんですよね。

だから、今、ヨルシカをやっているのは、思いがけずやってきた楽しい余生、みたいな感覚なんですよね。ゲートボールよりはヨルシカだった、みたいな(笑)。

n-buna:なるほどね。僕も同じような頃には、「隠居したい」ってずっと思ってたな。湖のそばに家を建てて、そこで隠居しながら緩やかに死を待ちたいって(笑)。

suis:綺麗なところでね(笑)。でも、それをやるには経済的な面で無理があるし、それなら今回の人生はもう終わりでいいというか……ボロアパートで死んでいくのも美しいのかなって思ってた。それも幸せなのかなって。

“雨とカプチーノ”ミュージックビデオより
“雨とカプチーノ”ミュージックビデオより
“雨とカプチーノ”ミュージックビデオより

―今のお話にもつながるような気がするのですが、この2作の物語には、その根底に「不在」や「喪失」というものが横たわっていますよね。この感覚は、ご自分たちが作品を作るうえで、あるいは生きるうえで、重要なものだと思いますか?

n-buna:僕は昔からそういうものばかり作っていて。過去や思い出を掘り返しながら作品を作っているような感覚があります。自分のことを人よりも「欠けた部分」の多い人間だと思っているから、その欠けの部分を過去や思い出で埋めていくところがあるというか。だからこそ、人間の「死」にはすごく敏感な方だと思うんですよね。

スウェーデンの風景。 撮影:n-buna
スウェーデンの風景。 撮影:n-buna
Page 3
前へ 次へ

リリース情報

ヨルシカ
『エルマ』初回限定盤「エルマが書いた日記帳仕様」(CD+写真+日記帳)

2019年8月28日(水)発売
価格:4,860円(税込)
UPCH-7511

1. 車窓
2. 憂一乗
3. 夕凪、某、花惑い
4. 雨とカプチーノ
5. 湖の街
6. 神様のダンス
7. 雨晴るる
8. 歩く
9. 心に穴が空いた
10. 森の教会
11. 声
12. エイミー
13. 海底、月明かり
14. ノーチラス

ヨルシカ『エルマ』通常盤
ヨルシカ
『エルマ』通常盤(CD)

2019年8月28日(水)発売
価格:3,240円(税込)
UPCH-2191

1. 車窓
2. 憂一乗
3. 夕凪、某、花惑い
4. 雨とカプチーノ
5. 湖の街
6. 神様のダンス
7. 雨晴るる
8. 歩く
9. 心に穴が空いた
10. 森の教会
11. 声
12. エイミー
13. 海底、月明かり
14. ノーチラス

サイト情報

ヨルシカ 2ndフルアルバム『エルマ』特設サイト

イベント情報

ヨルシカ Live Tour 2019『月光』

2019年10月17日(木)
会場:東京都 TSUTAYA O-EAST

2019年10月21日(月)
会場:大阪府 BIG CAT

2019年10月22日(火・祝)
会場:愛知県 ボトムライン

プロフィール

ヨルシカ
ヨルシカ(よるしか)

ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)が、女性シンガーsuis(スイ)を迎えて結成したバンド。2017年より活動を開始。2019年4月に発売した1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』はオリコン初登場5位を記録し、各方面から注目を浴びる。文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も