特集 PR

リーガルリリー×玉城ティナ対談 息苦しかった中高時代を打ち明ける

リーガルリリー×玉城ティナ対談 息苦しかった中高時代を打ち明ける

リーガルリリー『ハナヒカリ』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:小林真梨子 ヘアメイク:今井貴子(玉城ティナ) スタイリスト:松居瑠里(玉城ティナ) 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

累計300万部を超える押見修造原作のコミックで、2013年にはアニメ化もされている人気作『惡の華』が実写映画化され、9月27日より全国公開される。「自分は他と違う」「外の世界を知りたい」といった思春期の中高生なら誰しもが抱える苦悩や絶望をセンセーショナルに描き出した作品であり、「クソムシが」という台詞がインパクト大な物語のキーパーソン・仲村佐和を玉城ティナが演じることも大きな話題を呼んでいる。

そんな『惡の華』の主題歌“ハナヒカリ”を書き下ろし、1stシングルとしてリリースするのが3ピースバンド・リーガルリリー。ボーカル / ギターのたかはしほのかは高校時代にコミックを何度も読み返していたそうで、当時書いた“魔女”が映画の挿入歌として使われてもいる。「私の内なる爆発物は、音楽にすることによって、叫んでもだれにも怒られません」という“魔女”に対するコメントは、『惡の華』の登場人物たちの心境ともリンクするものだと言えよう。

たかはしと玉城はともに1997年生まれの21歳。まだ遠い過去ではない、それぞれの思春期を振り返りながら、『惡の華』と自意識について語り合ってもらった。

中学時代は女の子たちのグループを渡り歩いてた。でも逆に、「どう一人になろうかな?」ともよく考えていました。(玉城)

―お二人とも学生時代に『惡の華』の原作を読んでいて、好きな作品だったそうですね。

玉城:高校生くらいだったと思うんですけど、本屋さんに単行本が並んでいて、1巻の「クソムシが」って書いてある表紙のインパクトがすごくて。「どういうことなんだろう?」と思って、読み始めて……まさか自分が仲村をやることになるなんて(笑)。

たかはし:私も高校2年生くらいのときに読んだんですけど、やっぱり「クソムシが」というのが印象的でした。すごくスカッとするフレーズだなって。当時Twitterのリプライで「クソムシが」って言ってる仲村さんの画像を使ってる人が結構いましたよね。

左から:たかはしほのか(リーガルリリー)、玉城ティナ
左から:たかはしほのか(リーガルリリー)、玉城ティナ
漫画『惡の華』1巻の表紙
漫画『惡の華』1巻の表紙(Amazonで見る
映画『惡の華』予告編

―まずはフレーズのインパクトが大きかったと。物語としては、思春期のある種エグい部分が描かれているわけですが、当時高校生の自分と重ねたりもしましたか?

たかはし:私は重ねたわけではなくて。今であれば自分の高校時代も客観的に見えるから重ねられるんですけど、当時はただキュンキュンするストーリーだと思って読んでいたんですよね……「どこかの狭い街で、こういうストーリーが繰り広げられているのか」って。

玉城:私はどう思ってたかな……今回役が決まってから何回も読み返して、どのキャラクターにも共感できる部分があるなって思いました。「教室をグチャグチャにしたい」とか「ここから抜け出したい」みたいなことって、中高生の頃は思いがちじゃないですか。私もそう思っていましたし、実際に行動はしてないですけど、行動に繋がるような気持ちはすごく理解できる。私は沖縄出身で、周りにほしいものがなにもなくて、環境を変えたいという気持ちはずっとあったので。

―玉城さんは中学時代、どんな生徒だったんですか? 春日くん(春日高男。映画では伊藤健太郎が演じている)のように、「自分は他とは違う」みたいな意識はありました?

玉城:「どこにでも、誰とでも」みたいな感じだったかな。なぜか男の子とは全然しゃべれなくて、話しかけられもしなかったんですけど。女の子たちのグループみたいなのがあって、わりとグループを渡り歩いてた感じですかね。逆に一人でも全然大丈夫で、むしろ「どう一人になろうかな?」ってよく考えてて、階段の隅とか、一人になれる場所を常に確保していました。

あと、難しい本を読んだりもしていましたね。カート・ヴォネガット(『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』などを執筆した、アメリカ出身の作家)とかを読んで、読んだあとに無になる、みたいな。「何者かであるべき」という自意識は強い方だったと思います。

玉城ティナ(たましろ てぃな)<br>1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。2012年に講談社主催の『ミスiD(アイドル)2013』でグランプリを獲得。その後、14歳で『ViVi』最年少専属モデルとして人気を集める。『ダークシステム 恋の王者決定戦』(14)のヒロインで女優デビュー。
玉城ティナ(たましろ てぃな)
1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。2012年に講談社主催の『ミスiD(アイドル)2013』でグランプリを獲得。その後、14歳で『ViVi』最年少専属モデルとして人気を集める。『ダークシステム 恋の王者決定戦』(14)のヒロインで女優デビュー。

―たかはしさんは、どんな中学生でしたか?

たかはし:中学のときは吹奏楽部に入ってたんですけど、音楽を真剣にやってる人とは仲良くなれて、でも、そうじゃない人とはあんまり話せなくて……音楽をコミュニケーションの手段として使っていたと思います。それは今もそうなんですけど。

たかはしほのか<br>1997年12月10日生まれ、東京都出身。リーガルリリーのボーカル / ギター。2014年に当時高校生であったたかはしほのかとゆきやま(Dr)が出会いリーガルリリーを結成する。2019年3月世界最大級の音楽フェスティバル『SXSW 2019』に初出演するなど、国内外問わず唯一無二の世界観と壮大なライブパフォーマンスに注目が集まっている。
たかはしほのか
1997年12月10日生まれ、東京都出身。リーガルリリーのボーカル / ギター。2014年に当時高校生であったたかはしほのかとゆきやま(Dr)が出会いリーガルリリーを結成する。2019年3月世界最大級の音楽フェスティバル『SXSW 2019』に初出演するなど、国内外問わず唯一無二の世界観と壮大なライブパフォーマンスに注目が集まっている。

―どちらかといえば、もともとコミュニケーションは苦手なタイプだったんですよね?

たかはし:その頃はすっごく笑ってました。笑っていればなんとかなると思って。

玉城:すっごいわかる! 私もとにかく笑ってた。

たかはし:笑顔を武器にしてたというか……でも、一回「なんで笑ってるの?」って言われたことがあって、そのときに笑顔について考えたんですよ。それまでは無意識に笑ってた、それが一番楽だったから。

―とりあえず笑っておく、ということが、防御手段になっていたんですね。

玉城:そうそう、学生時代って、そういうものをすごく持っていますよね。それを意識せずにできる人もいただろうけど、私はめちゃめちゃ意識して、わざとやってることがいっぱいあった。別に変な悪意はないんですけど……「自分はこうだから」みたいなことが結構ありましたね。

左から:玉城ティナ、たかはしほのか
Page 1
次へ

リリース情報

リーガルリリー『ハナヒカリ』初回生産限定盤
リーガルリリー
『ハナヒカリ』初回生産限定盤(CD)

2019年9月25日(水)発売
価格:1,111円(税抜)
KSCL-3197/8

1. ハナヒカリ
2. 魔女

リーガルリリー『ハナヒカリ』通常盤
リーガルリリー
『ハナヒカリ』通常盤(CD)

2019年9月25日(水)発売
価格:888円(税抜)
KSCL-3199

1. ハナヒカリ
2. 魔女

イベント情報

『リーガルリリーpresents「羽化する」』

2019年11月22日(金)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

2019年12月3日(火)
会場:大阪府 梅田 TRAD

2019年12月10日(火)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

作品情報

『惡の華』

2019年9月27日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

監督:井口昇
脚本:岡田麿里
原作:押見修造『惡の華』(講談社)
主題歌:リーガルリリー“ハナヒカリ”
出演:
伊藤健太郎
玉城ティナ
秋田汐梨
北川美穂
佐久本宝
田中偉登
松本若菜
黒沢あすか
高橋和也
佐々木すみ江
坂井真紀
鶴見辰吾
飯豊まりえ
配給:ファントム・フィルム

プロフィール

リーガルリリー
リーガルリリー

東京都出身ガールズ・スリーピースバンド。儚く透明感のある詞世界を音の渦に乗せて切り裂くように届ける。2014年に当時高校生であったVo.Gt.たかはしほのかとDr.ゆきやまが出会いリーガルリリーを結成する。10代の頃より国内フェスや海外公演に出演するなど精力的にバンド活動を行う。2018年7月に新メンバーにBa.海が加入をして、ガールズ・スリーピースとして新体制となる。2019年3月世界最大級の音楽フェスティバル『SXSW 2019』に初出演するなど、国内外問わず唯一無二の世界観と壮大なライブパフォーマンスに注目が集まっている。

玉城ティナ
玉城ティナ(たましろ てぃな)

1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。2012年に講談社主催の「ミスiD(アイドル)2013」でグランプリを獲得。その後、14歳で『ViVi』最年少専属モデルとして人気を集める。2018年に惜しまれつつ『ViVi』を卒業。『ダークシステム 恋の王者決定戦』(14)のヒロインで女優デビュー。2018年『わたしに××しなさい』で映画初主演。『貞子vs伽椰子』(16)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16)、『PとJK』(17)、『暗黒女子』(17)、『ういらぶ。』(18)、『チワワちゃん』(19)、『Diner ダイナー』(19)などに出演しコメディからホラー、学園モノからシリアスな人間ドラマまで幅広い役柄を演じている。公開待機作に、主演を務める『地獄少女』(19)、『AI崩壊』(20)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図