特集 PR

COUNTRY YARDが貫く孤高。少年期の願いをメロディに託す

COUNTRY YARDが貫く孤高。少年期の願いをメロディに託す

COUNTRY YARD『Greatest Not Hits』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:ヤマダマサヒロ
2019/10/18

言い切るが、本当の意味で唯一無二のバンドである。

2008年に結成されたCOUNTRY YARDの音楽は、パンクロックをベースにしながらも、同時に、その定型を突き破る要素にも溢れている。1990年代のムーブメントから脈々と連なってきた日本のメロディックパンクの系譜が右肩下がりだった2008年当時の状況下で、オルタナティブロックやブルース、当時の海外インディーロックの音響面における実験性を飲み込み、アート性すら感じる楽曲を聴かせることで日本のパンクのフォーマットを更新し続けてきた。そんな彼らが10月16日にリリースしたのが、ベストアルバム『Greatest Not Hits』だ。

一見、自嘲が過ぎるタイトルである。しかしヒットがなくとも、上記した音楽を貫くことで、シーンの一端に属すこともなく、誰かの作ったブームに乗っかることもなく、ただ孤高のまま歩み続けた歴史への誇りを掲げたタイトルでもある。Sitが放つメロディ、それをさらに彩り豊かなものへ昇華するリズムアレンジ。他に一切見当たらないソングライティングを持って、PIZZA OF DEATHへの移籍を果たし、パンクバンドとして新たなステップを踏む瞬間。その道のりを振り返りながら、徹底的にその音楽の核心を掘った。

「みんなが好きなもの」を好きになれなかった4人が集まったバンドだから。(Sit)

―『Greatest Not Hits』という、聞いたことのないタイトルが付いている作品がリリースされるんですが。

Sit(Vo,Ba):ははははは。そうっすね。

―とはいえ、ライブの中軸を担ってきた楽曲をコンパイルした上に新曲2つという、まさにベストな内容なんですが。10周年を経たこのタイミングでベストアルバムを作ったのは、どういう気持ちからだったんですか。

Sit:去年がバンド10周年だったので、『10 Years Made Our Now』っていうアニバーサリーのワンマンツアーをやってたんですよ。それも自分たちとしてはベスト盤と同じような気持ちでやってたんですけど、今回からタッグを組むPIZZA OF DEATHのほうから「ベストアルバムはどう?」って提案してくれたんですね。俺たちも面白いと思って、提案に乗ってみたっていう感じですね。

COUNTRY YARD(かんとりー やーど)<br>左から:Hayato Mochizuki(Gt,Cho)、Keisaku “Sit” Matsu-ura(Ba,Vo)、Yu-ki Miyamoto(Gt,Cho)、Shunichi Asanuma(Dr)。2008年に東京にて結成。バンド名をThe Vinesの“Country Yard” から引用している通り、インディロック、オルタナティブロックからも強く影響を受けた音楽性を拡張し続けている。ここまでに3枚のフルアルバム、2枚のミニアルバムをリリースし、2019年10月にはPIZZA OF DEATH RECORDS移籍第一弾となる『Greatest Not Hits』をリリース。
COUNTRY YARD(かんとりー やーど)
左から:Hayato Mochizuki(Gt,Cho)、Keisaku “Sit” Matsu-ura(Ba,Vo)、Yu-ki Miyamoto(Gt,Cho)、Shunichi Asanuma(Dr)。2008年に東京にて結成。バンド名をThe Vinesの“Country Yard” から引用している通り、インディロック、オルタナティブロックからも強く影響を受けた音楽性を拡張し続けている。ここまでに3枚のフルアルバム、2枚のミニアルバムをリリースし、2019年10月にはPIZZA OF DEATH RECORDS移籍第一弾となる『Greatest Not Hits』をリリース。

―こうしてベストアルバムを作ってみて、COUNTRY YARDはどんなバンドだと振り返れましたか。

Sit:そうだな……友達のバンドはもちろん多いけど、なんか島国みたいなバンドだと思いましたね。孤立って言ったらまた違うんだけど、一匹狼みたいな感じ(笑)。

―その一匹狼感は、音楽的なポイントが大きいんですか。

Sit:そうっすね、いわゆるジャンル的なものでも一匹狼っぽいし、同時に、メンバーそれぞれキャラもアクも強いから。バンドとして放ってるもの自体が一匹狼っぽいな、と(笑)。

Miyamoto(Gt,Cho):そうだね。音楽的には「メロディックパンク」って言われることが多いけど、それとも違う独特なものがあるんだなって改めて思えたよね。

―まさにCOUNTRY YARDというバンドの音楽には、日本的なメロディックパンクとは違う要素のほうがむしろ多いですよね。今おっしゃった独特さって、ご自身で言葉にするとどういうものだと思うんですか。

Miyamoto:うーん……やっぱりSitの作る曲、メロディだと思いますね。それに、俺らって4人とも好きな音楽が本当に違うんですよ。不思議なくらい、好きなものの円が重ならない(笑)。それぞれから全然違うものが出てくる中で、Sitのメロディがまとめてくれてる感覚が強いんです。その混ざり方が独特さになってるのかなあ。

Sit:そうかもしれないね。今の4人の中で最初から一緒にやってるのはHayatoだけど、「メロディックパンクやろうぜ」なんて最初から言ってないんですよ。もっと漠然としてたし。巷の人は「新世代のメロディックハードコアだ」とか言ったりしてたけど、俺らにとってはそうじゃなかったんですよ。いわゆるメロディックパンクのバンドって、全員が「Hi-STANDARD大好きです!」「NOFXが好きです!」みたいな共通項があって結成してることが多いと思うけど、むしろそれとは逆で、みんなが好きなものを好きになれなかったメンバーが集ったバンドだと思ってて。

Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo,Ba)
Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo,Ba)
COUNTRY YARD『Greatest Not Hits』を聴く(Apple Musicはこちら

―セオリーとはどうしても違うものになるっていう。

Miyamoto:そうそう。日本自体がセオリーに従うことを美徳とするような考え方が根強いじゃないですか。ルールとか刷り込みばっかりを大事にして、はみ出した人をすぐ叩く、みたいな。それは今さらに強まってる感じがするけど、俺たちの場合は、はみ出すことを目的にしてるつもりもないし、それが特別なことだって言うつもりもなくて。自然と、「いわゆる」みたいなところからはみ出ちゃってるだけ(笑)。

―先ほどおっしゃったように、確かにパンクロックを鳴らされてはいるけど、この国でメロディックパンクと呼ばれてきた音楽とはまったく違うミクスチャー性を持っていると思うんです。日本でのメロディックパンクというと、どうしても「メロコア」と呼ばれて、1990年代にハイスタが作った音楽に帰結していくことが多かったと思うんですよ。それとは違って、パンクロックをベースに、オルタナティブロック、2000年代のインディーロック、ブルースが溶け合ったものを鳴らされていると思って。

Sit:確かに、そうですね。

Hayato(Gt,Cho):このバンドを始めた最初の頃からそうかもね。初めてSitが曲を持ってきた時点で、音楽ジャンルとしてのパンクロックっぽさってほぼなかったんですよ。2ビートで、Aメロはミュートでズクズクいく、みたいなところも一切なかったから。

COUNTRY YARD『Modern Sounds』を聴く(Apple Musicはこちら

Asanuma(Dr):僕は途中加入だからサポートを含めて2年しかCOUNTRY YARDにいないですけど、初めて見た時から独特さは感じてきて。いい意味でどこにも属してないっていう感じが伝わってきてたんですよね。パンクロックの要素はもちろん色濃いんだけど、なんか全然違うっていうか。

Shunichi Asanuma(Dr)
Shunichi Asanuma(Dr)

―「独特」という言葉が何度も出てきますけど、そういうメロディとアレンジを生み出すSitさんのソングライティングは、どういうところから生まれてきてるんだと思います?

Sit:うーん……まずメロディに関して言うと、明らかに自分の少年時代からきてると思うんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

『Greatest Not Hits』
COUNTRY YARD
『Greatest Not Hits』

2019年10月16日(水)発売
価格:2,200円(税込)
PZCA-87

1.Don’t Worry, We Can Recover
2.I’ll Be With You
3.Far Flower
4.Turn Up The Sun
5.Seven Years Made My Now
6.Starry Night
7.Quark
8.I’m Alright, You’re Alright
9.In Your Room
10.Alternative Hearts
11.Bed
12.Orb
13.Beforre I Crack
14.Smiles For Miles

イベント情報

『GREATEST NOT VACATION TOUR』

10月20日(日)
会場:福岡県 天神graf

10月22日(火)
会場:大阪府 心斎橋Pangea

10月23日(水)
会場:愛知県 名古屋APOLLO BASE

11月4日(月・祝)
会場:宮城県 仙台enn2nd

11月10日(日)
会場:東京都 新代田FEVER

プロフィール

COUNTRY YARD
COUNTRY YARD(かんとりー やーど)

2008年に東京にて結成。バンド名をThe Vinesの“Country Yard” から引用している通り、インディロック、オルタナティブロックからも強く影響を受けた音楽性を拡張し続けている。ここまでに3枚のフルアルバム、2枚のミニアルバムをリリースし、2019年10月にはPIZZA OF DEATH RECORDS移籍第一弾となる『Greatest Not Hits』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催