特集 PR

DADARAYの物語。違う立場にいた3人が混ざり合い、より人間臭く

DADARAYの物語。違う立場にいた3人が混ざり合い、より人間臭く

DADARAY『DADABABY』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「川谷絵音プロデュース、休日課長の新バンド」として、2017年にDADARAYがスタートしたときは、企画色の強いプロジェクトだと感じた人も多いかもしれない。ゲスの極み乙女。やindigo la Endでコーラスを担当するえつこに加え、それまでソロ活動がメインだったNIKIIEがREISという変名で参加していたのも、そんなイメージを強めていた。実際、メンバー自身も結成当初のモチベーションはバラバラだったようだが、レコーディングやツアーを繰り返し、今のDADARAYは間違いなく「バンド」になっている。しかも、違う立場にいた3人が混ざり合ったからこそ、より人間臭く、結束力も感じられる。

新作『DADABABY』はそんなバンドの洗練を強く印象づける作品で、プログレッシブな要素を残しつつ、ツインボーカル / ツインキーボードという音楽的な特性がより生かされることで、結成当初掲げられていた「大人のポップス」を本当の意味で実現したような、味わい深い作品となっている。CINRA.NETでは初となる今回のDADARAYインタビューでは、結成当初の3人の物語を改めて追うことで、「バンド」としての現在地に迫った。

川谷くんの厳しい矛先がREISに向かないように、最初は「いかにREISを守るか」を考えていた。(えつこ)

―デビュー当時のDADARAYは「川谷絵音プロデュース、休日課長の新バンド」という肩書きが前に出ていたように思うのですが、その後の2年間の中でREISさんとえつこさんの存在もちゃんと前に出て、バンドとしてのDADARAYを確立していったような印象があります。実際、本人たちとしてはDADARAYの現状をどのように捉えていますか?

休日課長(Ba):今おっしゃっていただいたように、最初は「休日課長が組んだ」というのがアタマに来る感じだったと思うんですけど、いい意味でそれがなくなって、今は2人のボーカルのイメージの方が強いと思うので、それはすごくいいことだなと思っています。ライブもメンバー個々を目的に観に来るんじゃなくて、DADARAYというバンドそのものを観に来る、DADARAYの音楽を聴きに来る、そういう風になっていったと思います。

休日課長
休日課長

REIS(Vo,Key):結成当初は、メンバーの中でも自分の立ち位置がはっきりしてなくて、ライブで誰がどうしゃべるかとかも、空気を読みながらやっている感じがありました。でも、ツアーを重ねるごとに、各々のキャラがどんどん出てきたし、一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど、お互いの間合いもわかるじゃないですか? そうやって外側だけじゃなく、内側でも、DADARAYの枠組みがしっかりしてきたと思います。

REIS
REIS

―それによって、ライブでのREISさんのエモさも出てきたと。

REIS:エモいですか?(笑)

休日課長:めちゃめちゃエモいでしょ。どんどんエモくなってる。

REIS:最初は「ミスったらどうしよう」って、不安とか恐怖心の方が強かったんですけど、みんなに甘えられるようになってきたんですよね。普段からいじってもらったりするようになって、「自分ってこういう人なんだ」って逆に知ったり、それによって、自分の弱いところを任せられるようになったから、より自分を出せるようになったんだと思います。

えつこ(Key,Vo):結成したときは、REISだけが新しく川谷チームに入ったメンバーで、そこからいきなりレコーディングをやって、ミニアルバム3枚出して、ツアーやって、ワンマンやって……だったから、いっぱいいっぱいだったと思うんですよ。川谷くんのチームって、ずっと同じメンバーで数年やって来ているから、独特の空気感や距離感があって、REISはわりと空気を読むタイプなので、読み疲れしちゃって自分の意見が言えなかったりしたと思う。

―なるほど。

えつこ:私は川谷くんの厳しさも知っているので、その矛先がREISに向かないように……もちろん、REISは人間的にも素敵な人だから、矛先が向くようなことはそんなになかったけど、でも最初は「いかにREISを守るか」みたいなことを考えていたかもしれない。

同じチームでやるからには、伸び伸びやりたいし、お守り役じゃないけど、「今日REIS大丈夫かな?」みたいな。でも、一緒にツアーを回ったり、制作をしたりする中で、課長は課長でポップな人だし、基本優しい人なので、3人のバランスがとれていって。私も最初はちょっとクールな感じでやろうとしていたけど……。

えつこ
えつこ

―「大人のポップス」がテーマだったりもしましたよね。

REIS:最初は「ちゃんといい曲を聴かせる」ってことにフォーカスしていたけど、キャラが立ってきたことで、2人(休日課長とえつこ)の掛け合いもライブごとにどんどん成長していって、今ではDADARAYの風物詩になりました。

休日課長:今の話の「掛け合い」って、演奏じゃなくてMCの掛け合いの話だよね?(笑)。

DADARAY(だだれい)<br>左から:えつこ、REIS、休日課長<br>ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endのライブやレコーディングではサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組。バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする「DADAISM の DADA」と「光を意味する RAY」を組み合わせた造語で、「既成の秩序や常識を破壊する光」という意味合いが込められている。
DADARAY(だだれい)
左から:えつこ、REIS、休日課長
ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endのライブやレコーディングではサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組。バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする「DADAISM の DADA」と「光を意味する RAY」を組み合わせた造語で、「既成の秩序や常識を破壊する光」という意味合いが込められている。
Page 1
次へ

リリース情報

『DADABABY』初回限定盤(CD+DVD)
DADARAY
『DADABABY』初回限定盤(CD+DVD)

2019年10月2日(水)発売
価格:2,750円(税込)
WPZL-31660/61

[CD]
1.刹那誰か
2.どうせなら雨が良かった
3.singing i love you baby
4.to burn a light
5.最果ての美
6.mother's piano

[DVD]
『DADARAYワンマンツアー「01鬼03」ツアーファイナルat恵比寿LIQUIDROOM』ライブ映像

1.block off
2.For Lady
3.Breeze in me
4.トモダチ
5.BATSU
6.美しい仕打ち
7.誰かがキスをした
8.東京Σ
9.灯火(long ver.)
10.僕らのマイノリティ

『DADABABY』通常盤(CD)
DADARAY
『DADABABY』通常盤(CD)

2019年10月2日(水)発売
価格:1,650円(税込)
WPCL-13104

1.刹那誰か
2.どうせなら雨が良かった
3.singing i love you baby
4.to burn a light
5.最果ての美
6.mother's piano

イベント情報

DADARAY 東名阪ワンマンツアー2019『東名阪Σ』

2019年10月4(金)
会場:愛知県 名古屋 ell.FITS ALL

2019年10月6日(日)
会場:大阪府 梅田 シャングリラ

2019年10月10日(木)
会場:東京都 キネマ倶楽部

プロフィール

DADARAY
DADARAY(だだれい)

ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endのライブやレコーディングではサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組。バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする“DADAISM の DADA”と“光を意味する RAY”を組み合わせた造語で、“既成の秩序や常識を破壊する光”という意味合いが込められている。2017年12月6日に発売するアルバム『DADASTATION』にてワーナーミュージック/unBORDEよりメジャーデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも