特集 PR

DADARAYの物語。違う立場にいた3人が混ざり合い、より人間臭く

DADARAYの物語。違う立場にいた3人が混ざり合い、より人間臭く

DADARAY『DADABABY』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「川谷絵音プロデュース、休日課長の新バンド」として、2017年にDADARAYがスタートしたときは、企画色の強いプロジェクトだと感じた人も多いかもしれない。ゲスの極み乙女。やindigo la Endでコーラスを担当するえつこに加え、それまでソロ活動がメインだったNIKIIEがREISという変名で参加していたのも、そんなイメージを強めていた。実際、メンバー自身も結成当初のモチベーションはバラバラだったようだが、レコーディングやツアーを繰り返し、今のDADARAYは間違いなく「バンド」になっている。しかも、違う立場にいた3人が混ざり合ったからこそ、より人間臭く、結束力も感じられる。

新作『DADABABY』はそんなバンドの洗練を強く印象づける作品で、プログレッシブな要素を残しつつ、ツインボーカル / ツインキーボードという音楽的な特性がより生かされることで、結成当初掲げられていた「大人のポップス」を本当の意味で実現したような、味わい深い作品となっている。CINRA.NETでは初となる今回のDADARAYインタビューでは、結成当初の3人の物語を改めて追うことで、「バンド」としての現在地に迫った。

川谷くんの厳しい矛先がREISに向かないように、最初は「いかにREISを守るか」を考えていた。(えつこ)

―デビュー当時のDADARAYは「川谷絵音プロデュース、休日課長の新バンド」という肩書きが前に出ていたように思うのですが、その後の2年間の中でREISさんとえつこさんの存在もちゃんと前に出て、バンドとしてのDADARAYを確立していったような印象があります。実際、本人たちとしてはDADARAYの現状をどのように捉えていますか?

休日課長(Ba):今おっしゃっていただいたように、最初は「休日課長が組んだ」というのがアタマに来る感じだったと思うんですけど、いい意味でそれがなくなって、今は2人のボーカルのイメージの方が強いと思うので、それはすごくいいことだなと思っています。ライブもメンバー個々を目的に観に来るんじゃなくて、DADARAYというバンドそのものを観に来る、DADARAYの音楽を聴きに来る、そういう風になっていったと思います。

休日課長
休日課長

REIS(Vo,Key):結成当初は、メンバーの中でも自分の立ち位置がはっきりしてなくて、ライブで誰がどうしゃべるかとかも、空気を読みながらやっている感じがありました。でも、ツアーを重ねるごとに、各々のキャラがどんどん出てきたし、一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど、お互いの間合いもわかるじゃないですか? そうやって外側だけじゃなく、内側でも、DADARAYの枠組みがしっかりしてきたと思います。

REIS
REIS

―それによって、ライブでのREISさんのエモさも出てきたと。

REIS:エモいですか?(笑)

休日課長:めちゃめちゃエモいでしょ。どんどんエモくなってる。

REIS:最初は「ミスったらどうしよう」って、不安とか恐怖心の方が強かったんですけど、みんなに甘えられるようになってきたんですよね。普段からいじってもらったりするようになって、「自分ってこういう人なんだ」って逆に知ったり、それによって、自分の弱いところを任せられるようになったから、より自分を出せるようになったんだと思います。

えつこ(Key,Vo):結成したときは、REISだけが新しく川谷チームに入ったメンバーで、そこからいきなりレコーディングをやって、ミニアルバム3枚出して、ツアーやって、ワンマンやって……だったから、いっぱいいっぱいだったと思うんですよ。川谷くんのチームって、ずっと同じメンバーで数年やって来ているから、独特の空気感や距離感があって、REISはわりと空気を読むタイプなので、読み疲れしちゃって自分の意見が言えなかったりしたと思う。

―なるほど。

えつこ:私は川谷くんの厳しさも知っているので、その矛先がREISに向かないように……もちろん、REISは人間的にも素敵な人だから、矛先が向くようなことはそんなになかったけど、でも最初は「いかにREISを守るか」みたいなことを考えていたかもしれない。

同じチームでやるからには、伸び伸びやりたいし、お守り役じゃないけど、「今日REIS大丈夫かな?」みたいな。でも、一緒にツアーを回ったり、制作をしたりする中で、課長は課長でポップな人だし、基本優しい人なので、3人のバランスがとれていって。私も最初はちょっとクールな感じでやろうとしていたけど……。

えつこ
えつこ

―「大人のポップス」がテーマだったりもしましたよね。

REIS:最初は「ちゃんといい曲を聴かせる」ってことにフォーカスしていたけど、キャラが立ってきたことで、2人(休日課長とえつこ)の掛け合いもライブごとにどんどん成長していって、今ではDADARAYの風物詩になりました。

休日課長:今の話の「掛け合い」って、演奏じゃなくてMCの掛け合いの話だよね?(笑)。

DADARAY(だだれい)<br>左から:えつこ、REIS、休日課長<br>ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endのライブやレコーディングではサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組。バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする「DADAISM の DADA」と「光を意味する RAY」を組み合わせた造語で、「既成の秩序や常識を破壊する光」という意味合いが込められている。
DADARAY(だだれい)
左から:えつこ、REIS、休日課長
ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endのライブやレコーディングではサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組。バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする「DADAISM の DADA」と「光を意味する RAY」を組み合わせた造語で、「既成の秩序や常識を破壊する光」という意味合いが込められている。
Page 1
次へ

リリース情報

『DADABABY』初回限定盤(CD+DVD)
DADARAY
『DADABABY』初回限定盤(CD+DVD)

2019年10月2日(水)発売
価格:2,750円(税込)
WPZL-31660/61

[CD]
1.刹那誰か
2.どうせなら雨が良かった
3.singing i love you baby
4.to burn a light
5.最果ての美
6.mother's piano

[DVD]
『DADARAYワンマンツアー「01鬼03」ツアーファイナルat恵比寿LIQUIDROOM』ライブ映像

1.block off
2.For Lady
3.Breeze in me
4.トモダチ
5.BATSU
6.美しい仕打ち
7.誰かがキスをした
8.東京Σ
9.灯火(long ver.)
10.僕らのマイノリティ

『DADABABY』通常盤(CD)
DADARAY
『DADABABY』通常盤(CD)

2019年10月2日(水)発売
価格:1,650円(税込)
WPCL-13104

1.刹那誰か
2.どうせなら雨が良かった
3.singing i love you baby
4.to burn a light
5.最果ての美
6.mother's piano

イベント情報

DADARAY 東名阪ワンマンツアー2019『東名阪Σ』

2019年10月4(金)
会場:愛知県 名古屋 ell.FITS ALL

2019年10月6日(日)
会場:大阪府 梅田 シャングリラ

2019年10月10日(木)
会場:東京都 キネマ倶楽部

プロフィール

DADARAY
DADARAY(だだれい)

ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。、indigo la Endのライブやレコーディングではサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組。バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする“DADAISM の DADA”と“光を意味する RAY”を組み合わせた造語で、“既成の秩序や常識を破壊する光”という意味合いが込められている。2017年12月6日に発売するアルバム『DADASTATION』にてワーナーミュージック/unBORDEよりメジャーデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性