特集 PR

ナツノムジナ×ピープル波多野の野外REC&対談 音が音楽になるとき

ナツノムジナ×ピープル波多野の野外REC&対談 音が音楽になるとき

『Punctum』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

両者は、音と言葉でなにを捉えようとしているのか?

窪田:私は、音と音楽の持つ「意味性 / 非意味性」について考えることが多くて。たとえば、ミュージックコンクレート(人や動物の声、鉄道や都市などから発せられる騒音、自然界から発せられる音、楽音、電子音、楽曲などを録音、加工し、再構成を経て創作される現代音楽のひとつのジャンル)ってあるじゃないですか。人は、雷の音がしたら、それはただのノイズじゃなくて、雷の音だってわかるわけですよね。

でも曲作りの場合、そういう意味性のある日常の音とは違うところから出発するわけじゃないですか? 意味性が薄いところから始まって、バンドで合わせながら作っていくプロセスを経るうちに、「これはなにかを言い表してそうだな」と思えるところがある。

窪田:ナツノムジナの場合、アンサンブルが固まった時点で、粟國が歌詞とメロディーを持ってくることが多いんですよ。そこで、「初めて名前がつく」っていうような感覚がある。結果として、できあがるものは意味と非意味の間を揺らいでるようなものになるというか。

波多野:やっぱりピープルとすごく似てるかもしれない。これって、音楽の抽象度の話でもあると思うんです。曲を作ることって、「抽象性に枠を与える」というようなことだと考えていて。抽象的であることは大切だと思うんですよね。なぜかというと、人は物事を考えるとき、自分の記憶に照らし合せて捉えようとする習性がありますよね。

左から:粟國智彦(ナツノムジナ)、波多野裕文(People In The Box)

波多野:音楽に抽象性が保証されているからこそ、他者が自分の記憶に引き寄せて「こういう感情、自分にもあったかも」って受け止められる余地や回路が生まれてくるのではないかと思うんです。そうなってくると、自覚や具体性をギリギリまで持ち込まないようにしないと、自分たちで枠を設定してしまって、その回路を閉じることになってしまうんです。

―なるほど。

波多野:そこに細心の注意を払いながら、感覚のなかで自然とできてくる枠こそが音楽的な着地点だと思うんです。まだ意味にも記号にもなっていない、でも「ここには確実になにかがある」っていうところ。

それを探していくなかで、ぼんやり浮き上がってくる核みたいなものがあって、その模様を描いていくのが歌詞だと僕は考えています。歌詞を書くにあたっては、意味性を自覚的に付与するのではなくて、「枠としてのデザインを与える」というようなイメージがあるかもしれない。

People In The Box“まなざし”を聴く(Apple Musicはこちら

―粟國さんにも曲を作るときの感覚について聞いてみたいです。

粟國:さっきの波の話でたとえると、実際の波の音を解体して、現実にはないけど、自分が辿り着きたい場所にある波の音を作るというような感覚で。曲作りにおいて、「そのなかに住める」っていうくらいの状態を作りたいんです。

でもそれって、実際にはない場所だから自分の無意識を見つめる作業というか……その「住みたい場所」は言語的なものじゃなくて、イメージ的なものとも言い切れないような、それを作り出したくて。

左から:波多野裕文(People In The Box)、粟國智彦(ナツノムジナ)

粟國:新しいアルバムは、音楽を通してある場所が立ち現れてくるんだけど、それは謎めいていて、だからこそ、自分の感覚が鋭敏になって、恍惚とした状態を目指せるーー特に“報せ”は最終的にそういう状態に連れていってくれる曲だなって思います。

波多野:ナツノムジナを聴くと、ちゃんと時間をかけていることが伝わってきて……この作業って、場合によってはかなりつらい。人間が数人集まって、感覚だけを頼りにああでもないこうでもないって、かなり忍耐力を要するんですよね(笑)。

でも、ナツノムジナの曲からはその作業の蓄積を感じます。“報せ”の時間の流れ方は、ものすごく精査されているからこそのものだと思うし、聴いていて「贅沢な音楽だな」って思います。

ナツノムジナ“報せ”を聴く(Apple Musicはこちら

―ナツノムジナの歌詞に関しては、どんなイメージでしょうか?

粟國:言葉にならない感覚が向こう側にあって、バンドでの作業を通じてそれが見えてくることがあって。歌詞はその「見えてきた」こと自体を体験にしていく、みたいな感覚が強いかもしれないです。「見えてきたものがなにか」っていうのはあまり重視してなくて、その体験自体にいろんな「ひだ」があって、深みがあって、その体験が形になることで、いろんなところと接続して、次のなにかが生まれる。そうやってずっと繋がっていくものなんだと思っています。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

『Punctum』
『Punctum』

2019年12月4日(水)
会場:東京都 渋谷 WWW

出演:
ナツノムジナ
People In The Box
CHIIO

リリース情報

ナツノムジナ『Temporary Reality Numbers』
ナツノムジナ
『Temporary Reality Numbers』(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,484円(税込)
PCD-83016

1. temporary,reality
2. 煙の花束
3. 優しい怪物
4. 台風
5. 報せ
6. タイトロープ
7. 漸近線
8. 金星
9. (temporary,reality)

People In The Box
『Tabula Rasa』(CD)

2019年9月7日(土)発売
価格:2,5002,700円(税込)
BXWY-024

1. 装置
2. いきている
3. 風景を一瞬で変える方法
4. 忘れる音楽
5. ミネルヴァ
6. 2121
7. 懐胎した犬のブルース
8. まなざし

プロフィール

ナツノムジナ
ナツノムジナ

2010年、沖縄にて、高校の入学を目前に粟國智彦の呼びかけにより小学校の頃の同級生でナツノムジナを結成。同年の10月ごろにベーシストが抜け、現メンバーの窪田薫が加入。2011年7月、bloodthirsty butchersのライブのオープニングアクトを務めたことをきっかけに音源作成を決意。2017年9月、初の全国流通版1stフルアルバム『淼のすみか』をリリース。2018年3月、CINRA.NETの企画で田渕ひさ子氏とライブセッションと対談を行う。2019年7月、2ndアルバム『Temporary Reality Numbers』をリリース。12月4日には、ナツノムジナとPeople In The Boxによる企画ライブ『Punctum』を渋谷WWWにて開催する。

People In The Box
People In The Box(ぴーぷる いん ざ ぼっくす)

2005年に結成した3ピースバンド。2008年に福井健太(Ba)が加入し、現在のメンバーで活動し始める。3ピースの限界にとらわれない、幅広く高い音楽性と、独特な歌の世界観で注目を集めている。2019年9月7日に7thアルバム『Tabula Rasa』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで