特集 PR

佐久間由衣とKitriが愛を語る「でも愛って、永遠の修行ですよね」

佐久間由衣とKitriが愛を語る「でも愛って、永遠の修行ですよね」

Kitri『さよなら、涙目』
インタビュー・テキスト・編集
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:Kay N

「たくさんの男に『好き』って言われて、私の自信がチャージされればオッケーっしょ!」。

そんなパンチワードが冒頭で飛び出す映画、その名も『“隠れビッチ”やってました。』が、12月6日に全国公開される。入り口では「ビッチ」にまつわるラブコメ映画かと思いきや、全112分のあいだにストーリーや登場人物たちの心情は何層にも描かれていき、様々な角度から恋愛・友情・家族・自己の「愛」を問う作品となっている。

そんな映画の主演を務めるのが、今クールの話題ドラマのひとつ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(日本テレビ)にも出演する、女優・佐久間由衣。そして主題歌“さよなら、涙目”を作り上げたのは、姉妹でユニットを組み、そのおしとやかで上品な佇まいの中に揺るがない熱き芯を秘めている、Kitriだ。

今回の対談では作品の制作話だけにとどまらず、両者が想う、「自己愛」や「他者愛」について話をしてもらった。人が人を想う気持ちを「愛」と呼ぶならば、やっぱり、社会を持続させていくために一番大切なのは愛なのだと思う。

私は、本当に自己肯定感が低くて、なにをやってもなかなか自信が出ないんですよね……。(Mona)

―今日は、映画『“隠れビッチ”やってました。』と主題歌“さよなら、涙目”の表現の奥にある、それぞれが普段の生活の中で感じたり考えたりしていることや、「愛」の捉え方、といった話も、ぜひおしゃべりできればなと思っています。

Mona:去年撮影現場へお邪魔させていただいたんですけど、撮影中でご挨拶くらいしかできなかったので、今日ゆっくりお話できることがすごく嬉しいです。

佐久間:ほんと、一瞬だけしか話せなかったですもんね。

左から:Mona(姉)、Hina(妹)、佐久間由衣
左から:Mona(姉)、Hina(妹)、佐久間由衣

―映画の鍵となるセリフのひとつに、佐久間さん演じる荒井ひろみが言う、「たくさんの男に『好き』って言われて、私の自信がチャージされればオッケーっしょ!」があって、まずはこれについてお話できればなと。ひろみの場合は幼少の頃の経験がそうさせているところもありますが、20代になって、社会に出て世界の広さを知ると、自信を失うことってきっと多くの人にあると思うんです。みなさんは、「自信」に対してどういう考え方を持っていますか?

Mona:私は、自信がまったくなくて。本当に自己肯定感が低くて、なにをやってもなかなか自信が出ないんですよね……。

デビューさせていただいて10か月になるんですけど、一つひとつのライブでお客さんの笑顔が見れたり、新しい曲を喜んでくれたり、そうやって「喜んでくれる人がいるんだ」って思えることが、最近は喜びや活力になってきました。自信とは少し違うかもしれないんですけど……自信を持てるようになりたいな、と思っている最中です。

Mona / Kitri(きとり)<br>Mona(姉)とのHina(妹)によるピアノ連弾ボーカルユニット。Monaはボーカル、ピアノ低音部(Secondo)を担当、Hinaはコーラス、ピアノ高音部(Primo)を担当。2015年より京都を拠点に音楽活動を開始。2016年ライブで京都を訪れていた大橋トリオの手に自主制作盤が渡り、絶賛される。2019年1月23日にメジャーデビュー。2020年1月29日にはアルバム『Kitrist』をリリースする。
Mona / Kitri(きとり)
Mona(姉)とのHina(妹)によるピアノ連弾ボーカルユニット。Monaはボーカル、ピアノ低音部(Secondo)を担当、Hinaはコーラス、ピアノ高音部(Primo)を担当。2015年より京都を拠点に音楽活動を開始。2016年ライブで京都を訪れていた大橋トリオの手に自主制作盤が渡り、絶賛される。2019年1月23日にメジャーデビュー。2020年1月29日にはアルバム『Kitrist』をリリースする。

佐久間:私も自信はないですね。

Mona:そうなんですか?

佐久間:人に肯定していただいた言葉はちゃんと受け止めたいなと思うんですけど、自分の物差しで測って、できたこと / できないことは常に自分の中にあって。だから自信はないけど、でも自信がないまま終わらせるのは嫌だなっていう気持ちがあるから、それ以上に努力をしなきゃなって思えるのかな。

常に自分を鼓舞しながら、求めていただいているのならば、それ以上にお応えするものを作り上げなきゃいけないなとは思っているんですけど……うーん、自信はずっとない気がするなあ。

佐久間由衣(さくま ゆい)<br>1995年3月10日生まれ。2014年女優デビュー。2015年『トランジットガールズ』でドラマ初主演。2017年NHK連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの親友役を演じ注目を集める。主な出演作はドラマ『明日の約束』『チア☆ダン』、映画『あの日のオルガン』など。現在は日本テレビ系10月期日曜ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』に出演中。12月13日(金)に映画『屍人荘の殺人』が公開される。
佐久間由衣(さくま ゆい)
1995年3月10日生まれ。2014年女優デビュー。2015年『トランジットガールズ』でドラマ初主演。2017年NHK連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの親友役を演じ注目を集める。主な出演作はドラマ『明日の約束』『チア☆ダン』、映画『あの日のオルガン』など。現在は日本テレビ系10月期日曜ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』に出演中。12月13日(金)に映画『屍人荘の殺人』が公開される。

Mona:私も、特に音楽においては、自分の理想としているところに届いていないという気持ちが常にあって。子どもの頃から常に「上には上がいる」ということを目の当たりにしてきて、「私がピアノを弾く意味ってあるのかな」って、自分が音楽をやる意味を見出せなかったんです。でもそんな中で、Hinaとなら音楽ができるって、そこだけは自信があったから今も音楽をやれていて。

日々素敵な人をたくさん見て、比べてしまって自信をなくした、ということなのかなと思います。私は本当に「自分なんて」という考え方をしてしまうので、今はまさに自分を少しでも変えていきたいと思っている最中です。

Hina:姉は、私が「すごいな」と思っても、「全然そんなことない、私なんか」って言うタイプなんです(笑)。

私は、実は自信がないタイプなんですけど、あえてそれを表に出さないようにしてます。「自分は自信がある」って見せることで、「自分は自信があるんだ」って勘違いしていけるというか。そうすると、緊張感もほぐれていくんですよね。姉が本当に自信のないタイプなので(笑)、「自信持って」って背中を押せる役割ができたらいいなと思っていて。

Mona:そう。背中を押してもらって、「そっか、頑張ろう」って。お互い違う役割で切磋琢磨しています。

佐久間:そうなんですね……!

―素敵な関係性ですね。

Hina(妹)
Hina(妹)
二人が連弾している様子を見る

Hina:映画の中で、ひろみは自信がないけれど、「自分がモテている」ということに関しては自信を持っていると見せかけつつ、でも心の中では「自分なんか全然ダメだ」と思っている、というのを佐久間さんが素晴らしく演じられていて。

それで、この映画はただ「ちやほやされて嬉しい」というだけのストーリーじゃなくて、心の葛藤とか感情の動きを伝えられているんだなって、すごく感じました。

Hina
Page 1
次へ

リリース情報

Kitri『さよなら、涙目』
Kitri
『さよなら、涙目』

2019年11月1日(金)配信

Kitri
『Kitrist』(CD)

2020年1月29日(水)発売
価格:3,300円(税込)
COCB-54295

Kitri
『Kitrist』(LP)

2020年1月29日(水)発売
価格:4,180円(税込)
COJA-9369

作品情報

『“隠れビッチ”やってました。』
『“隠れビッチ”やってました。』

2019年12月6日(金)に全国公開

監督・脚本:三木康一郎
原作:あらいぴろよ『“隠れビッチ”やってました。』(光文社)
主題歌:Kitri“さよなら、涙目”
出演:
佐久間由衣
村上虹郎
大後寿々花
小関裕太
森山未來
前野朋哉
片桐仁
前川㤗之
栁俊太郎
戸塚純貴
渡辺真起子
光石研
配給:キノフィルムズ

プロフィール

Kitri
Kitri(きとり)

Mona(姉)とのHina(妹)によるピアノ連弾ボーカルユニット。Monaはボーカル、ピアノ低音部(Secondo)を担当、Hinaはコーラス、ピアノ高音部(Primo)を担当。2015年より京都を拠点に音楽活動を開始。2016年ライブで京都を訪れていた大橋トリオの手に自主制作盤が渡り、絶賛される。大橋が手掛けていた『PとJK』(2017/廣木隆一監督)の劇伴音楽に、ボーカルとハミングで参加。2017年過去の音源を大橋トリオプロデュースにより再録音し、ユニット名「Kitri」として、パイロット盤『Opus 0』をデジタルリリース。2019年1月23日、日本コロムビア・BETTER DAYSレーベルのニューカマーとして1st EP『Primo』でメジャーデビュー。

佐久間由衣(さくま ゆい)

1995年3月10日生まれ、神奈川県出身。2013年ViVi専属モデル公開オーディションでグランプリを受賞(2017年に卒業)。翌年『人狼ゲーム ビーストサイド』(2014/熊坂出監督)で映画初出演。2015年には『トランジットガールズ』(CX)でドラマ初出演にして、初主演を務める。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017)でヒロインの親友役を演じ一躍脚光を浴び、結婚情報誌「ゼクシィ」の10代目CMガールに抜擢。更なる注目を集め、以降ドラマ、映画で活躍中。主な出演作にテレビドラマ『明日の約束』(2017/KTV)、『シグナル 長期未解決事件捜査班』(2018/KTV・CX)、『チア☆ダン』(2018/TBS)、『このミス』大賞ドラマシリーズ『時空探偵おゆう 大江戸科学捜査』(2019/KTV・U-NEXT)、『連続ドラマW トップリーグ』(2019/WOWOW)。映画では『あの日のオルガン』(2019/平松恵美子監督)、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(2019/野口照夫監督)など。現在は日本テレビ系10月期日曜ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』に出演中。今後の公開待機作に、『屍人荘の殺人』(2019年12月13日公開/木村ひさし監督)がある。第32回東京国際映画祭『東京ジェムストーン賞』受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材