特集 PR

マカロニえんぴつ・はっとりの生き方。不安とロマン、絶望と希望

マカロニえんぴつ・はっとりの生き方。不安とロマン、絶望と希望

Honda
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:山川哲矢(Showcase) 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

憧れが原動力になるんですよね。「ユニコーンに憧れてバンドを始めた」って言い続けるのは、呪縛でもある。

―新曲の“恋人ごっこ”に関しては、セルフライナーノーツで「離れられないのに離れないといけない恋人たちがいる。思い出にしないために忘れないといけない恋がある」と書かれていますね。

はっとり:さっきも言ったように、やっぱり生きていく中で不安を感じるのって、「選択をするとき」が一番多いと思うんです。この歌は、きっぱりと断ち切る選択をする、その日の歌ですね。

前に“ミスター・ブルースカイ”(2017年発表)で<捨て切れないの何でだ>って歌ってるから、もう後悔に固執する歌にはしたくなくて。なので、今回は一個決断をする人間が出てきてもいいんじゃないかなって。わかんないですけどね。この先でまたダラダラと関係性を続けちゃうかもしれないし(笑)。

マカロニえんぴつ“恋人ごっこ”を聴く(Apple Musicはこちら

―「選択」の話で言うと、今って働き方にしても、生き方にしても、選択肢がすごく増えてるわけじゃないですか? それってすごくプラスだとも言えるけど、選択肢が多過ぎて、逆に混乱してしまってる人もいるかもしれない。そんな中でいかに自分の生き方を選択していくのか、はっとりさんはなにを指針にするべきだとお考えですか?

はっとり:僕は何事もシンプルに捉えたくなる人で、やっぱり「これをやってる自分が好きだ」って思えることをするのがいいと思います。俺は音楽をしてる自分が好きだし、漫画を描いてる自分が好きだったし、だからその時間を愛せたんですよ。

そうじゃなかったら、どっかで我に返っちゃうと思う。自分に対して「情けない」とか「らしくない」とか、そうなっちゃったらアウトだと思うから、そこからは逃げた方がいい……それが難しいんですけどね。

はっとり

―でもやはり判断基準として、「自分を肯定できるかどうか」は大きいですよね。

はっとり:だと思います。それでも、不安は絶対にあると思うんです。「本当に好きなのかな?」とか思ったりもするから、最初はなんとなくでもいいと思う。「これやってるときは恥ずかしくない」とか「これやってるときの俺イケてる」とか、そのくらいでよくて……それが君を解放するんじゃないですかね?(笑)

―本当にそうですよね。「これをやってる自分が好き」という気持ちが大事だし、「俺はこれを選んだんだ」という気持ちがアイデンティティにもなるし。

はっとり:大事ですよね。「これを選んだからには」って思うと、どんどん好きになる。もちろん、思い込みもあるとは思うんです。

俺も「ユニコーンが好き」っていつも豪語してますけど、どこか思い込みもあると思ってますよ。「ユニコーンに憧れてバンドを始めた」って言い続けるのは、ある意味呪縛でもあるけど、でもそれが大事。

―「はっとり」を名乗ってるのも、ある意味呪縛だけど、原動力にもなるというか。

はっとり:そう。やっぱり、憧れが原動力になるんですよね。「ここでやめていいのか? あの日憧れたんだろ?」みたいな。最初に自分が決めたことに、ずっとしがみついてやってきた。

それから8年後、赤坂BLITZの2デイズを即完できるバンドになれて、ファイナルで“あこがれ”を歌ったときに、なんとも言えない気持ちになりました。「まだ8年じゃん」って思う人もいると思うけど、俺にとっては結構な道のりだった気もするし、当時の曲を今歌うことで、あのときの憧れを一個自分で回収できたと思ったんですよね。

『マカロックツアーvol.8 ~オールシーズン年中無休でステイ・ウィズ・ユー篇~』2019年1月12日、マイナビBLITZ赤坂にて(撮影:酒井ダイスケ)
『マカロックツアーvol.8 ~オールシーズン年中無休でステイ・ウィズ・ユー篇~』2019年1月12日、マイナビBLITZ赤坂にて(撮影:酒井ダイスケ)
『マカロックツアーvol.8 ~オールシーズン年中無休でステイ・ウィズ・ユー篇~』2019年1月12日、マイナビBLITZ赤坂にて(撮影:酒井ダイスケ)
Page 4
前へ 次へ

ウェブサイト情報

「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」
「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」

今を全力で走るアーティストとHondaでスペシャルコラボミュージックビデオを制作し、若者たちが、不安や迷いから一歩踏み出すための応援キャンペーン。マカロニえんぴつの他、雨のパレード、CHAI、the peggiesが順次登場する予定。

リリース情報

マカロニえんぴつ『恋人ごっこ』
マカロニえんぴつ
『恋人ごっこ』

2020年2月7日(金)配信

プロフィール

マカロニえんぴつ
マカロニえんぴつ

メンバーは、はっとり(Vo,Gt)、高野賢也(Ba,Cho)、田辺由明(Gt,Cho)、長谷川大喜(Key,Cho)。2012年はっとりを中心に神奈川県で結成。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。全国にマカロックを響かせるべく都内を中心に活動中。4月1日に、ニューアルバム『hope』をリリース。4月18日より、全国14か所を回るワンマンツアー『マカロックツアーvol.10 ~わずかな希望を探し求める者たちよ篇~』を開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄