特集 PR

ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

You & Explosion Band『THEME FROM LUPIN III 2019』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:鈴木渉 編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

23年ぶりの劇場版として昨年末に公開された映画『ルパン三世 THE FIRST』。本作はシリーズ初の3DCGアニメーションによって制作され、山崎貴が監督・脚本を務めた「これぞルパン!」という期待を裏切らないストーリーも話題となったが、その王道ルパンを感じさせるうえで欠かせないのが音楽だ。かつてないほど豪華なアレンジが施された“ルパン三世のテーマ”や、水野良樹(いきものがかり)が作詞したエンディングテーマ“GIFT feat. 稲泉りん”など、全61曲にもおよぶサウンドトラックを手がけたのは、言わずと知れた大野雄二。1977年のテレビ第2シリーズ開始以降、ほとんどのルパン作品で音楽を担当して43年。昨今はライブ活動にも力を入れており、2019年は4枚ものアルバムをリリースするなど、78歳という年齢が信じられないほどエネルギッシュに活動している。

「究極のマンネリをかっこ悪いと思っちゃダメ」と語る、大野雄二が考えるルパン像とは? 今後のルパンに求めること、そして昨今の音楽についてまで、90分に渡り聞かせてもらった歯に衣着せぬ意見を記録する。

ルパンみたいな最高のマンネリを求めている作品には(爪痕を残そうとするなんて)ダメなんだよ。

―映画『ルパン三世 THE FIRST』は超王道のルパンというか、みんながルパンに求めているものが全部入っていて、もう大満足だったんです。“ルパン三世のテーマ”(“THEME FROM LUPIN III 2019”)も、すごく豪華なアレンジになっていましたが、どういうことを意識して作られたんですか?

大野:監督が「これは映画ですから!」ってやたら言ってたからね。

―映画だから派手にしてくださいと(笑)。

大野:うん。だから今回は久しぶりにたくさん楽器を使ったね。

大野雄二(おおの ゆうじ)<br>小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。作曲家として膨大な数のCM音楽制作の他、『犬神家の一族』『人間の証明』などの映画やテレビの音楽も手がけ、数多くの名曲を生み出している。代表作『ルパン三世』『大追跡』のサウンドトラックは、1970年代後半の大きな話題をさらった。2019年12月に公開された『ルパン三世 THE FIRST』まで、43年に渡りシリーズの作曲家として活躍し、精力的にライブ活動も行なっている。
大野雄二(おおの ゆうじ)
小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。作曲家として膨大な数のCM音楽制作の他、『犬神家の一族』『人間の証明』などの映画やテレビの音楽も手がけ、数多くの名曲を生み出している。代表作『ルパン三世』『大追跡』のサウンドトラックは、1970年代後半の大きな話題をさらった。2019年12月に公開された『ルパン三世 THE FIRST』まで、43年に渡りシリーズの作曲家として活躍し、精力的にライブ活動も行なっている。

―音楽家としてはやりがいのある仕事だったのではないでしょうか。

大野:普段のルパンは、なるべく音を分厚くしないようにしてるんだ。ルパンにはフルオーケストラみたいなものはあまり似合わないと思ってて。だけど今回、特に後半のほうは監督のイメージに合わせてアレンジを豪華に仕上げた。画は3D、音はサラウンドで、とにかく大掛かりなストーリーになってるから、テレビアニメのときとは違ったタイプの音楽にしたんだよね。

映画『ルパン三世 THE FIRST』予告

―映画タイトルが出て、“ルパン三世のテーマ”が流れてきた瞬間に、「映画のルパンを観てるんだ!」っていうワクワク感がすごかったです。監督を務めた山崎貴さんとの仕事は、いままでのルパンの制作と違いはありましたか?

大野:逆に山崎さんがルパンの作り方に気を遣ってくれてたかな。特に『カリ城』(1979年公開の映画『ルパン三世 カリオストロの城』)にリスペクトがあったみたいだから、あえて寄せたのかなという気も。監督自身も「王道にしたかった」みたいに言ってるしね。

―みんなが求めているルパンを作るということでしょうか。

大野:そう、そこは流石な人だね。「他の人はこうやったけど俺はこうやる」みたいな、余計なお世話な監督も多いけど、そういう人は爪痕を残したいだけで、お客さんのことは考えてないと思う。爪痕はお客さんが感じて残すものであって、そういう考えはルパンみたいな最高のマンネリを求めているものにはダメなんだよ。そこをわかったうえでやってくれないと、音楽も作りづらい。耳は目にかなわないからね。たとえばライブを聴いたときって、少しくらい下手なバンドでも、アラが見えないでしょ?

大野雄二

―そうですね(笑)。

大野:だからこそ「CD(音源)を聴いてもいい」と思わせなきゃダメ。

―そういう意味では、大野さんのサントラCDは、アニメで使われているものに新たなパートを追加アレンジしたりして作られてますよね。

大野:それはもちろんね。ただ、今回のCDに関して言うと、映画のために作った曲しか入れてない。いつもはもっと多く作るんだけど、それをやってる暇がないくらい忙しかった。そもそも今回は全曲、映画の尺に合わせて録ったからね。けっこう時間かかったよ。

―61曲ですもんね。

大野:テレビスペシャルの場合は、基本的に尺に合わせられないの、画がギリギリにならないとできあがらないから。音響監督がいて、録音したものを渡すと、音響監督のほうで音楽を編集して使っちゃう。画が先にできているときは、音響監督がいようがいまいが、尺に合わせて作っちゃうんだけどね。

僕はCM作家だったころ、嫌っていうほど画に合わせて曲を作ることをやってた。同じCMでもいくつかパターンがあって、それによっては(尺を)2秒くらい減らされたりすることもあった。だけど音は同じにしろって言うの。2秒減ってるんだから、同じになるわけないっての。でも、そういうときでもうまく音を抜く方法を編み出したから。どっか抜いてるんだけど、なんとなく同じに聴こえるようにね。それをずーっとやってきたから、人から言われなくても、尺に合わせなきゃいられない性格になっちゃった。

Page 1
次へ

リリース情報

You & Explosion Band『LUPIN THE THIRD~THE FIRST~』
You & Explosion Band
『LUPIN THE THIRD~THE FIRST~』(2CD)

2019年12月4日(水)発売
価格:3,300円(税込)
VPCG-83542

1. REMEMBER THAT DAY
2. ESCAPE IN JET BLACK
3. THEME FROM LUPIN III 2019
4. A MUSEUM IN PARIS
5. BUONO!! BUONO!! 2019
6. THE BUBBLE BALL 2019~Catch'n Run
7. LOVE SQUALL 2019~Fuwa Fuwa Rin
8. ZENIGATA MARCH 2019~Kack au Ray
9. SEXY A LA CARTE POUR F 2019~yeah'n
10. SNAKE SIGH
11. THEME FROM LUPIN III 2019~Playback '80
12. DANGEROUS TEMPTATION 2019
13. SNAKE SIGH partII
14. TELL ME EVERYTHING
15. CRIMINAL CONNECTION
16. YOUNG PASSION OF LAETITIA
17. WHAT'S HERE?
18. DANTAI SAMANO OTSUKIDAAAAA 2019 PartII
19. DARK INSIDE 2019
20. BET ON ME
21. MYSTERIOUS DIARY
22. SNAKE NEST
23. ENVY OF LAMBERT
24. LOVE SQUALL 2019~Sweet Invitation
25. CHASING IN THE DARK 2019
26. THE SHADOW OF ADOLF
27. FRAGMENT OF MEMORIES
28. SAMBA TEMPERADO 2019
29. THINKING TIME
30. ZENIGATA MARCH 2019
31. ZENIGATA MARCH 2019~Deren Deren
32. GIFT~Seaside Of Reminiscence
33. GO CROW SUN
34. GIFT~Scene In The Sunset
35. THE MOUTH OF THE CAVE
36. SILENT INVESTIGATION
37. ZERO GRAVITY
38. BLUE EYE MAGIC
39. ENTRANCE TO THE MYSTERY
40. BRILLIANT ROAD
41. A RARA NYANYANYA
42. YOU GO AHEAD
43. I'VE GOT IT
44. THEME FROM LUPIN III 2019~Gotcha!
45. THE END OF A CHEAP TRICK
46. THE NAME IS ECLIPSE
47. FLIGHT TO EVILNESS
48. ZANTETSUKEN 2019
49. WICKED EVOLUTION
50. MICRO BLACK HOLE
51. DEPARTURE OF LAETITIA
52. SHEER INSANITY
53. THE LAST LOVE OF LAMBERT
54. FAITHFUL SERVANT
55. THE EMPIRE FOR ADOLF
56. THEME FROM LUPIN III 2019~All For One
57. FRENZY OF SNAKE
58. LAST COUNTERATTACK
59. THE VAIN LIFE
60. SUPER HERO 2019
61. GIFT feat. 稲泉りん

作品情報

『ルパン三世 THE FIRST』

全国東宝系で公開中

監督・脚本:山崎貴
原作:モンキー・パンチ
音楽:大野雄二
制作:トムス・エンタテインメント、マーザ・アニメーションプラネット
声の出演:
栗田貫一
小林清志
浪川大輔
沢城みゆき
山寺宏一
広瀬すず
吉田鋼太郎
藤原竜也
配給:東宝

プロフィール

大野雄二(おおの ゆうじ)

小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。慶應義塾大学在学中にライト・ミュージック・ソサエティに在籍。藤家虹二クインテットでJAZZピアニストとして活動を始める。その後、白木秀雄クインテットを経て、自らのトリオを結成。解散後は、作曲家として膨大な数のCM音楽制作の他、『犬神家の一族』『人間の証明』などの映画やテレビの音楽も手がけ、数多くの名曲を生み出している。リリシズムにあふれた、スケールの大きな独特のサウンドは、日本のフュージョン全盛の先駆けとなった。代表作『ルパン三世』『大追跡』のサウンドトラックは、1970年代後半の大きな話題をさらった。2019年12月に公開された『ルパン三世 THE FIRST』まで、43年に渡りシリーズの作曲家として活躍し、精力的にライブ活動も行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図