特集 PR

フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

フラワーカンパニーズ『フラカン、二十代の記録-Flower Companyz Twenties Records-』
インタビュー・テキスト
兵庫慎司
撮影:上原俊 編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

フラワーカンパニーズというバンドは、デビューした1995年から2000年までと、2008年から2016年までの2回、メジャーレーベルに所属した時期がある。その1回目の方、ソニーミュージック傘下のアンティノスレコード所属時代にリリースした、VHS映像作品=下北沢CLUB Queでのワンマンを収録した『地下室からこんにちは』(1997年)、4thアルバム『マンモスフラワー』リリース直後に東京圏で1か月に6本のライブを行ってそれを収録した『Mammoth Club Circuit』(1998年)、日比谷野外大音楽堂と大阪球場でのライブを収めた『Live West & East』(1999年)の3作品は、これまで再発されることなく、長らくの間、入手不可能状態だった。

その3作品に、1999年2月28日に行った初の渋谷公会堂ワンマンの映像を新たに3曲加え、20年以上の時を超えて、Blu-ray2枚組という形態で2020年4月1日にリリースされるのが、『フラカン、二十代の記録-Flower Companyz Twenties Records-』である。

誰もが認める日本有数のライブバンドであるフラカンの、当時の姿を見ることができる、というだけでなく、ある意味日本のロックの歴史を知る上でも興味深い資料になっているこの作品について、当人たちに訊いた。

「ライブ中に横から走ってきてゴロゴロッて転がるのは、たぶん、俺が発明したような気がする」(鈴木)

フラワーカンパニーズ<br>左から:竹安堅一(Gt)、ミスター小西(Dr)、グレートマエカワ(Ba)、鈴木圭介(Vo)<br>名古屋が生んだ「日本一のライブバンド」フラワーカンパニーズ。通称フラカン。2019年4月23日、メンバーチェンジも活動休止も一切ないまま活動を続け、2020年4月23日には結成31周年を迎える。
フラワーカンパニーズ
左から:竹安堅一(Gt)、ミスター小西(Dr)、グレートマエカワ(Ba)、鈴木圭介(Vo)
名古屋が生んだ「日本一のライブバンド」フラワーカンパニーズ。通称フラカン。メンバーチェンジも活動休止も一切ないまま活動を続け、2020年4月23日には結成31周年を迎える。

―このたび再発するにあたって、映像は見直しました?

鈴木(Vo):全部見ましたよ、昨日。

―どんなことを思いました?

鈴木:めちゃくちゃおもしろかったね。

グレート(Ba)竹安(Gt)小西(Dr):(笑)。

鈴木:俺、とにかく自分の映像を見返さないから。でも取材があるから、そこで「見てない」じゃ話になんないな、と思って嫌々見たら、これがおもしろい(笑)。20年ぐらい前だから客観的に見られるというか、もう自分じゃないような感じ。

―20年前の自分はどうでした?

鈴木:「姿勢が悪いなあ」と思ったな(笑)。アゴがずっと前に出てるっていうのと、落ち着きがないよね。そんなにたくさん走り回らなくてもいいじゃない? って思ったり。ゴロゴロ転がっちゃったりしてるじゃない?

ライブ中に四つん這いになったりするのはさ、(忌野)清志郎さんが先にやってたし、ジャンプするのも(甲本)ヒロトさんが発明したと思うけど、ライブ中に横から走ってきてゴロゴロッて転がるのは、たぶん、俺が発明したような気がする。

グレート竹安小西:はははは。

鈴木:いないもん、他に。渋公の最後でも、わざわざ走って、受身とってゴロゴロ~ッて転がってるじゃない? あれは俺からあと、銀杏BOYZまで出てないよね?

鈴木圭介
鈴木圭介

グレート:(笑)。ゴロゴロ転がるのが、かっこいいか、かっこ悪いかは──。

鈴木:それは置いといて。「発明してんなあ、俺」と思った。

竹安:だってあれ、ちょっとした自傷行為だもんね(笑)。

グレート:あれで竹安のエフェクター、踏んじゃったりしてたじゃん。

鈴木:そう、音出なくなっちゃってさ。

グレート:それ、このCLUB Queの映像にそのまま残ってる。あれが日常だったからね。

竹安:音が止まってもいい、音より大事なことがある、みたいな。

鈴木:ほんとそうだよ。今日はどんだけ転がったかが、ライブの良し悪しだと思ってたから。でも俺、それを見て「ヤバい! 今の俺、負けてる」とはまったく思わなかった。あの頃は「歌を伝える」っていうことをしてないんだよね。動きを出さなきゃいけないとか、ステージングのことばっかり考えてる。ああいうふうに、必要以上に動かないといけないというのは、今はなくて。逆に、止まった方が伝わるっていうふうに考え方が変わってるから。

左から:グレートマエカワ、ミスター小西
Page 1
次へ

リリース情報

フラワーカンパニーズ
『フラカン、二十代の記録-Flower Companyz Twenties Records-』(Blu-ray)

2020年4月1日(水)発売
価格:7,150円(税込)
DQXL-3582~3

[DISC1]
『地下室からこんにちは』(1997年3月21日発売)
『Mammoth Club Circuit」(1998年9月9日発売)

[DISC2]
『Live West & East』(1999年3月20日発売)
特典映像『1999.2.28 渋谷公会堂』ーSPACE SHOWER TV ROCKS presents フラワーカンパニーズ SPECIAL “Prunes & Custard”よりー(「台風8号」「夜明け」「小さな巨人」)

販売場所:Sony Music Shop、フラワーカンパニーズ ライブ会場、フラワーカンパニーズ web shop「ニワトリ堂」予定

プロフィール

フラワーカンパニーズ

名古屋が生んだ「日本一のライブバンド」フラワーカンパニーズ。通称フラカン。鈴木圭介(Vo)、グレートマエカワ(Ba)、竹安堅一(Gt)、ミスター小西(Dr)の4人組。1989年、地元の同級生によって結成。1995年にソニー・ミュージック内のレーベル・Antinos Recordsよりメジャーデビュー。インディーズレーベル・TRASH RECORDSからSony Music Associated Recordsを経て、2017年、自分たちのレーベル、チキン・スキン・レコードを設立。メンバーチェンジも活動休止も一切ないまま活動を続け、2020年4月23日には結成31周年を迎える。2020年4月1日に、Antinos Records時代にVHSでリリースされたライブビデオ作品をデジタルリマスターしたBlu-ray『フラカン、二十代の記録-Flower Companyz Twenties Records-』を発売する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開