特集 PR

清川進也が語る「風」のような生き方。他者への思いが自己を育む

清川進也が語る「風」のような生き方。他者への思いが自己を育む

AIR.
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

山の傾斜を利用した巨大な楽器を作り、静寂の中にバッハを響かせるNTTドコモのCM『森の木琴』や、世界的に有名な温泉地である別府に生まれたテーマパーク『湯~園地』の映像など、ユニークかつインパクトのある作品を数多く手掛けてきたサウンドデザイナー清川進也。彼が率いるクリエイティブサウンドユニット「EIGHTYEIGHT.」により開発された、リモートオーディオ制作サービス「AIR.」が5月11日よりスタートした。

福岡屈指のポストプロダクションである「auerz」や、フリーランスのサウンドクリエイター、テレビなどで活躍するナレーターらと提携した「AIR.」。これを利用すれば、ユーザーはどこにいても録音やサウンドチェック、フィードバックなどをリアルタイムで行うことが可能となる。例えば楽曲制作やMA(Multi Audio)、ナレーション録音など、これまで人が集まらなければ難しかった作業を完全リモートで行えるのは、今の状況にあってとても心強い。さらに清川は、サウンドスペース「ATELIER AIR.」を森の中に構えるなど、コロナ禍にあってもその制限を逆手に取ったサービスを次々と提供し続けている。

全国で経済活動が再開されるも、未だ予断は許されない。そうした中で、我々はこの先どのような働き方をしていけばいいのだろうか。かねてから「音」のメッセージ性やストーリー性にこだわり、アフターコロナの世界では人も「個」としてのメッセージ性やストーリー性が大切になると説く清川に、リモート取材で話を聞いた。

不確かで無秩序、それであって人類が無意識の中でずっと聴いてきた自然音には場所や時間のストーリーが存在する

―清川さんの手掛けた作品というと、個人的には『森の木琴』(2011年)がとても印象に残っています。自然の「音」に着目し、2012年の『カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル』にて3冠に輝いたあの作品のお話を聞かせてください。

清川:僕はサウンドデザイナーとして、これまでさまざまな種類の音の作品を作ってきたわけですが、ある時期から「音を作る」ことに対する考え方がすごく変わりました。YouTubeやTwitterの黎明期に、それまで主流だったCDの売上がみるみると減少していき、音楽の楽しみ方やサービス自体のパラダイムシフトが起きましたよね。紆余曲折ありながらも、今となってはダウンロードやストリーミングによっていつでもどこでも音楽を楽しめるようになりました。

清川進也(きよかわ しんや)<br>1976年生まれ。福岡県出身。株式会社EIGHTYEIGHT.代表。「スーパーランゲージ」をコンセプトに音の新たな可能性を追求するサウンドデザイナー。2011年に自身の故郷で制作した『森の木琴』をきっかけにグローバルに活動を展開。サウンドデザイン以外にも積極的に自己の表現を拡張しており、2017年には「別府市・湯~園地計画!」において総合プロデューサーを務めた。
清川進也(きよかわ しんや)
1976年生まれ。福岡県出身。株式会社EIGHTYEIGHT.代表。「スーパーランゲージ」をコンセプトに音の新たな可能性を追求するサウンドデザイナー。2011年に自身の故郷で制作した『森の木琴』をきっかけにグローバルに活動を展開。サウンドデザイン以外にも積極的に自己の表現を拡張しており、2017年には「別府市・湯~園地計画!」において総合プロデューサーを務めた。

―しかも、古今東西のものすごい数のコンテンツがYouTubeにはアップされていきましたよね。

清川:あらゆる音の表現自体も、どこか新しい境地へと向かうべき局面にきたというか、そのときは危機感すら覚える変化だと感じました。聴き手・作り手の自由度が増すこと、それ自体はとても素晴らしいことである反面、音そのものにも際立つメッセージやストーリーを強く感じさせるもの、そして強い共感が得られるものが必要だと思ったんです。実際、音には言葉を超越した強いコミュニケーションを生み出す力があります。僕はそれを「スーパーランゲージ(超言語)」と名付けています。

そんな強い思いもあり、以前より何となく興味のあった環境音や自然音の採集を始め、自然の中に身を置き、たくさんの音と向き合いました。ちょうど東日本大震災が起きた頃です。不確かで無秩序な音、それであって人類が無意識の中でずっと聴いてきた音、この一つひとつにその場所や時間のストーリーが存在するのだと考えるようになり、そしてそれは僕自身が長らく求めていた音への解釈でもあったのだと気づくことができました。その時期に制作に携わった『森の木琴』は僕にとってそんな作品なんです。

『森の木琴』は2012年の『カンヌライオンズ』で、サイバー部門(金賞)、フィルムクラフト部門(金賞)、フィルム部門(銀賞)をトリプル受賞した

―清川さんはグラフィックデザイナーの原研哉さんと、武蔵野美術大学基礎デザイン学科で講義をなさっています。そこでは「ビジュアルランゲージ」をテーマにお話されているそうですが、それは今お話ししてくださった音のメッセージ性、ストーリー性とも関係していますか?

清川:はい。まず、文字は記号であり、その表情や形が変わっていくことで、同じ言葉でも伝わり方が変わるというのが原研哉さんの「ビジュアルランゲージ研究」の考え方です。サウンドデザイナーである僕がこの講義で担うのは、言葉に対する音や声の組み合わせによっては、言葉本来の伝わり方が多様化する、という試みについてです。そしてその一方では、異なる言語を話す人同士が音や音楽を使って感情を共有することができます。この言葉を超越したコミュニケーションこそ、まさに「スーパーランゲージ(超言語)」なんです。

『森の木琴』は、そのビジュアルもさることながら、そこで奏でられている「音楽」が多くの共感を生みました。これが超言語的な着想に大きな影響を与えてくれたわけです。「音を、音楽をどう拡張していくか?」は僕にとっての永遠のテーマで、自然界に存在する人間の可聴範囲を超えた周波数の音を体で感じることも、映像に対して音と言葉をパズルのように組み替えることによって表現にさまざまな変化を与えることも、いずれも「音の拡張」です。そういったすでに存在するものに対する音の役割や可能性を見出し、「ありのままの音をありえない音」へ変化させていくことについて、僕はとても興味があります。

Page 1
次へ

サービス情報

「AIR.」
「AIR.」

サウンドデザイナー清川進也が率いるEIGHTYEIGHT.がディレクションを担当。テレビCM・映画などあらゆる音声コンテンツを常に最上のクオリティーで提供します。

プロフィール

清川進也
清川進也(きよかわ しんや)

1976年生まれ。福岡県出身。株式会社EIGHTYEIGHT.代表。“スーパーランゲージ”をコンセプトに音の新たな可能性を追求するサウンドデザイナー。2011年に自身の故郷で制作した『森の木琴』をきっかけにグローバルに活動を展開。サウンドデザイン以外にも積極的に自己の表現を拡張しており、2017年には「別府市・湯~園地計画!」において総合プロデューサーを務めた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送