特集 PR

サ上とロ吉、泣き笑いの20年 パイセン・YSIGサイトウと振り返る

サ上とロ吉、泣き笑いの20年 パイセン・YSIGサイトウと振り返る

サイプレス上野とロベルト吉野『サ上とロ吉と』
インタビュー・テキスト
高木"JET"晋一郎
撮影:小田部伶 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

今年活動20周年を迎えたサイプレス上野とロベルト吉野。通称「サ上とロ吉」。どんな観客でも絶対に沸かせるエンターテイメント性の高い1MC&1DJスタイルのライブと、コミカルからシリアスまで幅広いグラデーションを持った楽曲で、ヒップホップシーンのなかでも大看板として、そしてポップシーンでもその注目度をしっかりと高めている。またサ上はラジオパーソナリティやTVの司会、そして作詞や楽曲提供なども手がけ、音楽シーンには欠かせない存在となっている。

その彼らの20周年記念盤となる『サ上とロ吉と』は、ももいろクローバーZや碧棺左馬刻(from『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』)、奇妙礼太郎、マキタスポーツ、YOUR SONG IS GOOD、SKY-HIらに加え、レゲエシーンを代表するMIGHTY CROWNよりSAMI-Tと地元横浜の歌姫・AISHAが参加した“YOKOHAMA SKYWALKER feat. SAMI-T from Mighty Crown、AISHA”の制作など、サ上とロ吉の活動の幅の広さと多方面からのプロップスを感じる人選が印象的なコラボ盤として完成。そして「横浜のハズレモン」だった彼らが「ハマのホームランバッター」と言い切るまでに至る、沸々とした自信と確かな自覚を内外に示した一作だ。

CINRA.NETでは、“Let’s Go 遊ぼうZE 2 feat. YOUR SONG IS GOOD”をともに制作し、サ上とロ吉をデビュー前から知る、YOUR SONG IS GOODのサイトウ "JxJx" ジュンを迎え、2組が関わるようになってからと今回のコラボ、そして両者のこれからについて語り合っていただいた。

サイプレス上野とロベルト吉野(さいぷれすうえのとろべるとよしの)<br>マイクロフォン担当・サイプレス上野、ターンテーブル担当・ロベルト吉野。通称「サ上とロ吉」。2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である「横浜ドリームランド」出身の先輩と後輩で結成。「HIP HOPミーツallグッド何か」を座右の銘に掲げ、「決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント」と称されるライブパフォーマンスを武器に、ロックイベントへの出演やアイドルとの対バンなど、ジャンルレスな活動を繰り広げ、ヒップホップリスナー以外からも人気を集めている。
サイプレス上野とロベルト吉野(さいぷれすうえのとろべるとよしの)
マイクロフォン担当・サイプレス上野、ターンテーブル担当・ロベルト吉野。通称「サ上とロ吉」。2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である「横浜ドリームランド」出身の先輩と後輩で結成。「HIP HOPミーツallグッド何か」を座右の銘に掲げ、「決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント」と称されるライブパフォーマンスを武器に、ロックイベントへの出演やアイドルとの対バンなど、ジャンルレスな活動を繰り広げ、ヒップホップリスナー以外からも人気を集めている。
サイトウ JxJx ジュン<br>ミュージシャン / コンポーザー / プロデューサー。武蔵美術大学基礎デザイン学科卒業。オリジナルな生音ダンスミュージックを追求するインストゥルメンタルバンド、YOUR SONG IS GOODのキーボード / リーダー。近年ではメインコンポーズ、プロデュースを担当。日比谷野音ワンマンを敢行するなど結成20年を越えてなお精力的に活動中。楽曲提供 / プロデュース、REMIXワークなどの音源制作は多数。また、音楽番組MCやラジオパーソナリティなど、その活動は多岐にわたる。
サイトウ JxJx ジュン
ミュージシャン / コンポーザー / プロデューサー。武蔵美術大学基礎デザイン学科卒業。オリジナルな生音ダンスミュージックを追求するインストゥルメンタルバンド、YOUR SONG IS GOODのキーボード / リーダー。近年ではメインコンポーズ、プロデュースを担当。日比谷野音ワンマンを敢行するなど結成20年を越えてなお精力的に活動中。楽曲提供 / プロデュース、REMIXワークなどの音源制作は多数。また、音楽番組MCやラジオパーソナリティなど、その活動は多岐にわたる。

業界のシステムやシーンの変化に翻弄されてきた2組。不器用ながらも20年活動を続けてきたからこそ思うこと

―サイプレス上野とロベルト吉野(以下、サ上とロ吉)の20周年記念EPがリリースされましたが、YOUR SONG IS GOOD(以下、ユアソン)も2018年に結成20周年を迎えられました。この20年の間に様々な情勢や音楽的な情況変化があったと思いますけど、2組にとってそのなかで変わらなかったものは何だったと感じていますか?

サイトウ:壮大な質問……ですね(笑)。そうですね、やっぱり「人」なんじゃないですかね。サ上とロ吉もYOUR SONG IS GOODもどちらかというと器用じゃないほうかなと思うんですけど、いろいろと翻弄されながらも、音楽を続けていられるのは、やっぱりメンバーだったり、「人」という部分が大きいからだと思います。今日の対談もPC越しですけど、サ上とロ吉からは「人」としての強さがビンビンに伝わってきてるんですよね(笑)。

上野:それはジュン君もですよ(笑)。

左から:サイプレス上野、ロベルト吉野
 

サイトウ:細かい音楽的な変遷がありつつも、そういう「人」っていう部分が音に滲み出てしまっている。20年という月日で、変わらない部分は、となるとそこですかね。

上野:たしかにマンパワーは大事だと思う。俺らも器用に立ち回ることはできないから、誰かの後輩になることはできなくて。

上野:18歳のときにYOU THE ROCK☆のクルー「L2D」に入ろうとして志願したんですよ。それで「待っとけ!」って言われたんで楽屋口で待機してたら、YOUさんが帰っちゃってて、帰ったことを教えてくれたRINO LATINAⅡさんに「やめといたほうがいいよ」って言われて入るのをやめて。それが転機だったと思うんですけど(笑)。

そのまま当時の日本語ラップシーンの真ん中にいたら、ジュンくんや角張くん(「カクバリズム」の代表、角張渉)とは仲よくなってなかったかもしれないし、今の俺たちはなかったと思う。その意味でも、俺らの場合、いろんな関係性や人間に恵まれたってことも大きいと思いますね。

吉野:そういった「翻弄される」ことも多いと思うんですけど、それも愛して、笑っていこうと。

上野:間違いない。翻弄されても、それを「ウケんな~」に変えられればいいからな。

サイプレス上野
Page 1
次へ

リリース情報

サイプレス上野とロベルト吉野『サ上とロ吉と』
サイプレス上野とロベルト吉野
『サ上とロ吉と』(CD)

2020年7月1日(水)発売
価格:2,300円(税込)
KICS-3899

1. INTRO
2. More & More feat. ももいろクローバーZ
3. Let’s Go 遊ぼうZE 2 feat. YOUR SONG IS GOOD
4. 日本全国乾杯ラップ feat. 奇妙礼太郎
5. Uptown Anthem feat. 碧棺左馬刻(from『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』)
6. YOKOHAMA SKYWALKER feat. SAMI-T from Mighty Crown、AISHA
7. メリゴ feat. SKY-HI (grooveman Spot Remix)

YOUR SONG IS GOOD
『Sessions 2』(CD)

2020年5月20日(水)発売
価格:2,200円(税込)
DDCK-1068

1. Cruise(2020 Sessions)
2. Palm Tree(2020 Sessions)
3. Move or Die(2020 Sessions)
4. A Man From The New Town –inst.-(2020 Sessions)
5. Up! Up!(2020 Sessions)
6. GOOD BYE(2020 Sessions)
7. Hot Grapefruit(2020 Sessions)
8. Pineapple Power(2020 Sessions)
9. Re-Search(2020 Sessions)
10. The Cosmos(2020 Sessions)

プロフィール

サイプレス上野とロベルト吉野
サイプレス上野とロベルト吉野(さいぷれすうえのとろべるとよしの)

マイクロフォン担当・サイプレス上野、ターンテーブル担当・ロベルト吉野。通称「サ上とロ吉」。2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である「横浜ドリームランド」出身の先輩と後輩で結成。「HIP HOPミーツallグッド何か」を座右の銘に掲げ、「決してHIP HOPを薄めないエンターテイメント」と称されるライブパフォーマンスを武器に、ロックイベントへの出演やアイドルとの対バンなど、ジャンルレスな活動を繰り広げ、ヒップホップリスナー以外からも人気を集めている。2020年にはサイプレス上野とロベルト吉野として結成20周年を迎え、2020年7月1日には「奇妙礼太郎」「YOUR SONG IS GOOD」「ももいろクローバーZ」「碧棺左馬刻(from「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」)」「SKY-HI」「SAMI-T from Mighty Crown」「AISHA」など、豪華客演陣が参加した結成20周年コラボEP『サ上とロ吉と』をリリース。現在、サイプレス上野は、テレビ東京『流派-R SINCE2001』、Abema TV『水曜THE NIGHT』、FMヨコハマ『Tresen』にレギュラー出演中の他、TVCMナレーションなど、越中詩郎級の『やってやるって!』の精神で多方面に進撃中。

サイトウ
サイトウ "JxJx" ジュン

ミュージシャン / コンポーザー / プロデューサー。武蔵美術大学基礎デザイン学科卒業。オリジナルな生音ダンスミュージックを追求するインストゥルメンタルバンド、YOUR SONG IS GOODのキーボード / リーダー。近年ではメインコンポーズ、プロデュースを担当。2002年カクバリズムより1st EPをリリース。2006年から2010年、ユニバーサル・ミュージックよりメジャーリリース。以降、これまで6枚のオリジナルアルバムをリリース。『FUJI ROCK FESTIVAL』などの大型野外フェスへの出演、日比谷野音ワンマンを敢行するなど結成20年を越えてなお精力的に活動中。TV、舞台など、楽曲提供 / プロデュース、REMIXワークなどの音源制作は多数。2005年より音楽専門チャンネル番組メインMC、ラジオパーソナリティなども数多く務める。また交流を深めるハワイの音楽レーベル「ALOHA GOT SOUL」を招聘した音楽&ARTイベント『SOUL TIME IN TOKYO』のオーガナイズ、川辺ヒロシ(Tokyo No.1 Soul Set)とのDJユニット、DISCO MAKAPUUの始動と、その活動は多岐にわたる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで