特集 PR

おーたけ@じぇーむずが語る、音楽に導かれた「一寸先闇」な半生

おーたけ@じぇーむずが語る、音楽に導かれた「一寸先闇」な半生

Eggs
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:Daigo Yagishita"WOODDY" 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

<一寸先は闇さ 生き延びるたびに思い知る>。本来ならば『東京オリンピック』が開催され、日本中が熱く盛り上がっているはずだった2020年の夏。おーたけ@じぇーむず率いる一寸先闇バンドの1st EP『一寸先闇』の表題曲は、コロナ禍によって一変してしまった現在の感覚を言い表している。しかし、「一寸先は闇」という言葉はそもそも僕らの日常に常に潜んでいるものだ。

岡山から上京し、昨年は年間200本に及ぶ弾き語りのライブを行うなど、これまで一所に留まることなく、様々な場所やコミュニティを転々としてきたおーたけが、初めて自ら結成した一寸先闇バンド。人は一人では生きられないが、何かに依存するとやがて息苦しくなってしまう。しかし、自主性と余白を伴った関係性を構築することができれば、一寸先の闇を回避することもできるかもしれない。おーたけの歩みを紐解けば、そんなメッセージが伝わってくるようにも思う。

おーたけ@じぇーむず<br>1994年6月18日生まれ。ライブを中心に精力的に活動。ギターを片手に歌う、叩き上げシンガーソングライター。
おーたけ@じぇーむず
1994年6月18日生まれ。ライブを中心に精力的に活動。ギターを片手に歌う、叩き上げシンガーソングライター。

年間200本のライブをこなし、ライブハウスで育った「叩き上げ」のシンガーソングライターがギターと出会うまで

―ホームページに載っていた年表を手がかりに、これまでを振り返りたいと思います。最初が2005年、小学生の頃だと思うんですけど、「教育熱心な母の影響で市民ミュージカルに参加」とあって、これが音楽の原体験ですか?

おーたけ:というよりは、人前に出ることの原体験ですね。お母さんは私に何か目立つことをさせたかった人で。なので、ミュージカルをやりつつ、ダンス教室にも通っていて、劇団に所属するんじゃなく、一人でいろんなところに出てましたね。「マネージャー=母」みたいな感じで、母親がどこにでも応募しまくってたってだけなんですけど(笑)。

―小学生くらいのときにいろんなコミュニティに飛び込んでいくのって、大変じゃなかったですか?

おーたけ:「初めまして」の人のほうが何でも話せるというか、むしろリラックスしてやってたと思います。知れば知るほど逆に閉ざしちゃうというか、「毎週この人たちに会うの超つらい」みたいな習い事もあって。だから、学校でもいろんな友達のグループを渡り歩きました。

普段は一人で本を読んでる時間も長いけど、「ダンスと音楽の時間だけはすごい前に出てくる」みたいな(笑)。中学受験とかで忙しくなっちゃって、ミュージカルは途中でやらなくなっちゃったんですけど。

おーたけ@じぇーむず

―アコギを買ったのは高校に入ってからだそうですね。年表には「スクールカースト上位の人が誘ってくれたバンドの話がなくなって、気持ちの行き場を埋めるためにアコギを買った」とあります(笑)。

おーたけ:そのときたまたまバンドが好きなクラスメイトと同じグループにいて、「おーたけはベースっぽい」って言われて。でもグループが壊れる瞬間ってあって……勉強が忙しくなって、「バンドやってる暇ないね」って、そのカースト上位の人が思ったみたいで、バンドの話がいつの間にかなくなってて……。

私はもうベースをやる気満々で貯金もはじめてたんですけど、お父さんから「どうせバンドの練習とかさぼって行かなくなるだろうし、一人でやるほうが合ってるよ」みたいなことを言われて。それをきっかけにアコギをはじめました。最初は乗り気じゃなかったんですけど、アコギが弾ければベースも弾けるようになるかなって。未だにアコギを弾いてても、ベースラインを弾きたくなっちゃうんですよ。太い弦を触りたがる(笑)。

―「バンドよりも一人のほうが合う」って言われたことに対しては、自覚がありましたか?

おーたけ:ずっと同じ人と何かをやるのは想像できなかったですね。当時のバンドに関しても、誘われたからやる気になったけど、その人たちが「やっぱりやらない」って言うなら、別にいいやって。そのあとに一度友達とユニットを組んだんですけど、それもライブ2回で終わっちゃって、そこからはもう一人でやる頭になってました。

―そこから本格的に歌を歌うようになったと。

おーたけ:「あいついつも地味なのに、ギター持つと輝くな」みたいにクラスの人たちから言われるようになって、友達も「もっとちゃんと歌ってみれば?」って言ってくれたので、「じゃあ歌います」みたいな感じで。「これをやれば喜んでくれるんだ」って思ったところが大きいですかね。もともと習い事も「お母さんが喜んでくれるから超頑張る」みたいな感じでしたし。

Page 1
次へ

リリース情報

一寸先闇バンド『一寸先闇』
一寸先闇バンド
『一寸先闇』(CD)

2020年7月29日(水)発売
価格:1,650円(税込)
OTST-002

1. 一寸先闇
2. ものわすれ
3. フレンドゾーン
4. 高円寺、純情

おーたけ@じぇーむず
『一寸先闇、おひとりさま』(CD)

2020年7月29日(水)発売
価格:1,100円(税込)
OTST-001

1. 一寸先闇
2. ものわすれ
3. フレンドゾーン
4. 高円寺、純情

プロフィール

一寸先闇バンド
一寸先闇バンド(いっすんさきやみばんど)

おーたけ@じぇーむずを中心に2019年結成。おーたけ@じぇーむず(Vo,Gt)、大山拓哉(Dr,Cho)、かくれみの(Pf,Cho)、山口竜生(Syn)。日常のひとコマに気付きを与えるおーたけ@じぇーむずの歌詞と、その世界観を表現する自由度の高いサウンド、演じるかのように聴き手に届ける声が、ミュージシャンや関係者などで注目を浴びている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察