特集 PR

安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

安斉かれん『GAL-TRAP』
インタビュー・テキスト
矢島由佳子
撮影:Kay N 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

avexからデビューし、ドラマ『M 愛すべき人がいて』でアユ役を演じた、安斉かれん。まだまだ世間は彼女のことを誤解しているのかもしれない。

安斉かれんを「90年代リバイバル」として売り出し、avexが過去に仕掛けたようなギャルのアイコンとして一定の認知を得たことが、上手くいってる側面もあるだろう。このインタビューで本人も認めているように、一概に否定はできない。でも、安斉かれんは安斉かれんだ。

デビュー時の楽曲には「90年代リバイバル」というキャッチコピーがついていたが、実は彼女のルーツに1990年代J-POPや往年のavexサウンドだけがあるわけでもない。ドラマ『M 愛すべき人がいて』を終えて、9月16日に6th シングル『GAL-TRAP』をリリースした安斉かれんは、ようやく自身のオリジナリティを存分に表現することができている。

彼女の魅力は、世界中のティーンたちが愛している同時代のヒップホップや、グローバルチャートで上位に入っている多種多様なポップソングを吸収し、2020年の日本を生きる21歳としての精神性を等身大で表現しているところだろう。ミュージシャンとしてだけでなく女優・タレントとしての仕事も楽しみながら、特別有名になりたいという欲望はそれほどなく、とにかく音楽を作ることが大好きな生粋のクリエイター気質の人物であることも、このインタビューから知ってもらうことができると思う。

幼い頃からエレクトーンを学び、中学のときは吹奏楽部でクラシックにのめり込み、15歳で歌と作詞を始めて、高校1年生の頃からavexアカデミーへ通っていた安斉かれん。小学4年生のときから金髪にしてカラコンを着けている彼女の素の姿を覗き込むべく、インタビューを行った。

「昔からなんでもすぐに飽きちゃうんです。だけど音楽だけはずーっとやってる。それしかないんです、続いてることが」

安斉かれん(あんざい かれん)<br>1990年代の音楽業界を描き、Twitter世界トレンドTop3入りした話題のドラマ『M 愛すべき人がいて』にW主演として大抜擢。実は、彼女は世界的にも大きな潮流を生みつつあるリバイバルサウンドをいち早く取り入れ、J-POPのニュージェネレーションを謳う歌手。5thシングル“僕らは強くなれる。”は音楽関連ランキングにチャートインし、自身もGoogleトレンド急上昇ワードで1位を獲得。ファッションアイコンとして、コスメティックブランドの「M·A·C」の店頭ビジュアルの連続採用やティーン支持を受ける広告イメージキャラクターを飾るなど、そのルックスにも注目が集まっている。
安斉かれん(あんざい かれん)
1990年代の音楽業界を描き、Twitter世界トレンドTop3入りした話題のドラマ『M 愛すべき人がいて』にW主演として大抜擢。実は、彼女は世界的にも大きな潮流を生みつつあるリバイバルサウンドをいち早く取り入れ、J-POPのニュージェネレーションを謳う歌手。5thシングル“僕らは強くなれる。”は音楽関連ランキングにチャートインし、自身もGoogleトレンド急上昇ワードで1位を獲得。ファッションアイコンとして、コスメティックブランドの「M·A·C」の店頭ビジュアルの連続採用やティーン支持を受ける広告イメージキャラクターを飾るなど、そのルックスにも注目が集まっている。

―「安斉かれん」という名前が世間に広まったことで、音楽作りに対するモチベーションや責任感が15歳の頃とは変わりました?

安斉:いえ、もともと「有名になりたい」みたいな気持ちはないので。音楽が好きで、好きなことをやってるだけですね。ファンの方が増えて、自分の好きなものを共有できる方が増えたのはすごく嬉しいです。それはもう超ハッピー(笑)。好きなことをやって、それを好きって言ってくれる方がいて、超嬉しい(笑)。

―有名になりたいわけではない、という気持ちは、ドラマ『M 愛すべき人がいて』(以下、『M』)に出演されて注目を浴びた今も変化ないですか?

安斉:特に……かもです。自分の曲を聴いてくれる人が増えるのはすごく嬉しいんですけど、有名になることに対してのハングリー精神はないです。好きなことをやっていたい。昔からなんでも結構すぐに飽きちゃうんです。だけど音楽だけはずーっとやってる。それしかないんです、続いてることが。だから、それをお仕事にさせていただいているということがもう、嬉しいです。

安斉かれん

―それだけ音楽が好きな安斉さんにとって、『M』で演じる仕事をするというのは、どういう気持ちだったんですか?

安斉:アーティストはいかに自分を表現するかなんですけど、お芝居は自分以外の誰かのキャラクターになりきらないといけないので、表現方法がまったく真逆で、それはすごく難しかったです。でも、スタッフさんや共演者の方々が本当にみんないい方々だったので、毎日超楽しかった。最初は不安のほうがめちゃめちゃ大きかったですけど、最後もう楽しいでしかなかったですね。

―浜崎あゆみさんの言葉や想いを演じることで、それを自分の活動と照らし合わせて、なにか学んだり考えさせられたりすることもありました?

安斉:事務所の大先輩ですし、もちろんご本人のミュージックビデオとかも見させていただいたりしたんですけど、まずリアルと原作(小松成美著『M 愛すべき人がいて』)も違いますし、原作とドラマもまったく違っているので、ドラマではドラマの「アユ」を監督さんたちと話し合いながら作ろうと思ってました。カタカナの「アユ」をね、演じようって。

安斉が出演した『M』最終回先行映像

Page 1
次へ

リリース情報

安斉かれん『GAL-TRAP』
安斉かれん
『GAL-TRAP』

2020年9月16日(水)配信

プロフィール

安斉かれん(あんざい かれん)

90年代の音楽業界を描き、Twitter世界トレンドTop3入りした話題のドラマ「M愛すべき人がいて」にW主演として大抜擢。実は、彼女は世界的にも大きな潮流を生みつつあるリバイバルサウンドをいち早く取り入れ、J-POPのニュージェネレーションを謳う歌手。元々、「POSGAL(ポスギャル)」と呼ばれる次世代の一人で90年代を意識した8cmSGで作品をリリースしている。「TRKKIE TRAX」や「Maltine Recoreds」などの気鋭のトラックメーカーによるReproduceという新たな手法でも再発表され、世界中のニュージェネJ-popファンや超大物の海外DJからも大きな反響を得ている。5th「僕らは強くなれる。」は音楽関連ランキングにチャートインしGoogleトレンド急上昇ワードで1位を獲得。ファッション・アイコンとして、コスメティックブランドの「M•A•C」の店頭ビジュアルの連続採用やティーン支持を受ける広告イメージキャラクターを飾るなど、そのルックスにも注目が集まっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される