特集 PR

坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

坂口恭平『永遠に頭上に』
インタビュー
九龍ジョー
撮影:廣田達也 編集・テキスト:山元翔一(CINRA.NET編集部) 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

——もしもし? 今から取材だから2時間後にかけ直してくれる?

インタビュー取材を終えて一服しているほんの数分の間にも、坂口恭平のもとには電話がかかってくる。Twitterでの洪水のような発信はもとより、文筆家として小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたる書籍を次々に発表。自殺者ゼロを目指し、自らの電話番号(090-8106-4666)を公表して「死にたい」思いを抱える人のために、命のセーフティネットをたった一人で続けて約10年になる。

当初「建てない建築家」として活動をスタートした坂口恭平は、近年ではパステル画でもその才能を遺憾なく発揮。9月9日には音楽家として2枚目のスタジオアルバム『永遠に頭上に』をリリースした。

今回、CINRA.NETでは坂口と旧知の仲であるライター・編集者の九龍ジョーを聞き手に迎え、前後編に分けた2つの記事を展開する。本稿は坂口恭平の様々な活動の奥にある感覚を捉えながら、特に音楽にフォーカスしたものだ。縦横無尽に繰り広げられた対話の一部をお届けしたい。

電話の声を聞いただけで、相手の悩みがわかる

九龍:最近、ラジオにも出てるでしょう。毎回、電話番号を言ってるけど、「いのっちの電話」にすごいかかってきてるんじゃない?

坂口:やばいよ、1日50件はオーバーするもん。

九龍:それ、キャパはどうなってるの?(笑)

坂口:いやそれがね、1日100件が1週間続いたのよ。結果的にこなせるようになってた。

坂口恭平(さかぐち きょうへい)<br>1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年に路上生活者の住居を撮影した写真集『0円ハウス』(リトルモア)を刊行。以降、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたるジャンルの書籍、そして音楽などを発表している。現在は熊本を拠点に活動。2023年に熊本市現代美術館にて個展を開催予定。近刊に『苦しい時は電話して』(講談社現代新書)、『自分の薬をつくる』『cook』(晶文社)、『まとまらない人』(リトルモア)など。
坂口恭平(さかぐち きょうへい)
1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年に路上生活者の住居を撮影した写真集『0円ハウス』(リトルモア)を刊行。以降、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたるジャンルの書籍、そして音楽などを発表している。現在は熊本を拠点に活動。2023年に熊本市現代美術館にて個展を開催予定。近刊に『苦しい時は電話して』(講談社現代新書)、『自分の薬をつくる』『cook』(晶文社)、『まとまらない人』(リトルモア)など。

九龍:人の悩みはいくつかのパターンに収まるって言ってたけど、そこから外れるような相談はない?

坂口:逆に俺の中では統計がさらに定まってきていて、もう声を聞いただけでわかる。「両親の問題ですよね?」って一発目から俺が聞くから、向こうも「え、なんでわかるんですか?」って。最近そういう感じだね。

九龍:人間AIだ(笑)。単純に疲れないんですか?

坂口:これがね、疲れがゼロで。昨日も整体の人に「筋肉、どうしてこんなに柔らかいんですか?」って言われて、筋肉は柔らかいんだけど背中は凝ってて武術の達人みたいって。たぶん俺、「いのっちの電話」を武術としてやってるんだよ。

九龍:合気道みたいな感じかもね。相手の力を上手く受け流したりしながら、自分を傷つけず、相手も傷つけない。坂口恭平にとっても「薬」となっている日課というか。

坂口:そうね。だって全ての人の悩みは国家が作った悩みなんよね。俺の考えでは、そういう結論になる。集団生活を設計しようとした僕たちの無意識が国家であるとするならば、家族関係の悩みもその延長線上にある。だからそれも俺の中ではずっと同じ戦いではあるんよね。

坂口恭平

九龍:ずっと一貫してるよね。国家の問題にしろ、土地の問題にしろ、仕事の問題も。

坂口:路上生活者の問題にしてもそう。お年寄りの問題もそう。今、畑やってるのも同じことだから。結局、政治的に俺はあえてやってるんだよ。畑はレジスタンス(権力に対する抵抗)として、やる必要がある。音楽も俺の中ではレジスタンスのつもりなわけですよ。

九龍:まあ別に、坂口恭平は評価やセールスを求めて音楽をやってきたわけじゃないですしね。

坂口:ないない。だって、これは人を治療するためにやってるんだから。もうこれは明確に。

おばあちゃんから「いのっちの電話」がかかってきて“北国の春”を歌って聴かせたのよ。で、「どう?」って聴いたら「今は楽しいです」って言うんだけど、鳴り止んだら「きついです」って。だから「また電話して」って言ったんだけど。

音楽は俺にとって新しい武器なのよ。楽器を弾くっていうのは、日常の時間軸を抜けられる可能性がある手段。

Page 1
次へ

リリース情報

『永遠に頭上に』
坂口恭平
『永遠に頭上に』

2020年9月9日(水)発売
料金:2,200円(税込)
PECF-1181

1. 飛行場
2. 松ばやし
3. 霧
4. 露草
5. TRAIN-TRAIN
6. 海底の修羅

プロフィール

坂口恭平
坂口恭平(さかぐち きょうへい)

1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。
2004年に路上生活者の住居を撮影した写真集『0円ハウス』(リトルモア)を刊行。以降、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたるジャンルの書籍、そして音楽などを発表している。2011年5月10日には、福島第一原子力発電所事故後の政府の対応に疑問を抱き、自ら新政府初代内閣総理大臣を名乗り、新政府を樹立した。
躁鬱病であることを公言し、希死念慮に苦しむ人々との対話「いのっちの電話」を自らの携帯電話(090-8106-4666)で続けている。2012年、路上生活者の考察に関して第2回吉阪隆正賞受賞。2014年、『幻年時代』で第35回熊日出版文化賞受賞、『徘徊タクシー』が第27回三島由紀夫賞候補となる。2016年に、『家族の哲学』が第57回熊日文学賞を受賞した。現在は熊本を拠点に活動。2023年に熊本市現代美術館にて個展を開催予定。近刊に『苦しい時は電話して』(講談社現代新書)、『自分の薬をつくる』『cook』(晶文社)、『まとまらない人』(リトルモア)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開