特集 PR

I Don’t Like Mondays.はなぜ今、「ダサさ」をさらけ出す?

I Don’t Like Mondays.はなぜ今、「ダサさ」をさらけ出す?

I Don’t Like Mondays.『ミレニアルズ ~just I thought~』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:木村篤史 編集:飯嶋藍子

ダサいことを歌ってもOKなサウンドがないと、単にダサいだけの曲になってしまう。(CHOJI)

―“MR. CLEVER”では、YUさんのその「ダサい」部分をあえてさらけ出したそうですね。

YU:その通りです。この曲を前向きだと捉えてくださる人も結構いるみたいですが、僕の中でこの曲は全然前向きじゃないんですよ(笑)。むしろめちゃくちゃ自虐的なことを歌っているし、本音を隠して生きていかなきゃいけない社会を風刺したつもりです。

でも、ポジティブな曲調と相まって生まれたバイブスのおかげで、「こうやって表面を取り繕って生きている人って、私だけじゃないんだ」と捉えられたのだとしたら、作って良かったなと思えます。

CHOJI:言葉とサウンドのバランスは、今こうやって話しながら改めて大事なことだなと思いました。つまりダサいことを歌ってもOKなサウンドがないと、単にダサいだけの曲になってしまう。スタイリッシュな僕らのサウンドに、YUの赤裸々な歌詞が乗っかるからこそ生まれたオリジナリティなのかもしれないですよね。

CHOJI(Gt)
CHOJI(Gt)

―この曲は、Bメロで突然トラップになるところも聴きどころのひとつだと思います。

SHUKI:最初は普通のメロディが乗っていたんですけど、僕たちを体現する曲として「そんな普通でいいのか?」という思いが途中で出てきて。今年のアタマくらいにリリースした“全部アナタのせいなんだ”という曲で、実験的に2番のAメロだけガラッと変えるアプローチをしてみたんです。それが上手くいったので、それを踏まえて今回もチャレンジしました。僕らの天邪鬼な部分を上手く出せたと思います(笑)。

「なりたい自分」と「実際の自分」には乖離があって、その狭間で葛藤していると思う。(YU)

―“ENTERTAINER”は、アイドラにとって初の女性目線の歌ですよね。

YU:今までは、僕が考えていることを歌詞にする曲がほとんどだったのですが、今回は「僕じゃない人物」の物語を書くことに挑戦しました。失恋から物語が始まっているのですが、最終的に「人生の価値とは?」ということを歌っています。失敗や苦悩、いろんなものを乗り越えながらも美しく、強く生きていこうとする女性の人物像を、エンターテイナー、踊り子に喩えていて。

YU:女性だけでなく男性も、「なりたい自分」と「実際の自分」には乖離があって、その狭間で葛藤していると思うんですよね。なかなか重たいテーマですが、ポップな楽曲でコーティングすることによって、サラッと聴くこともできるし、<それでも私は踊るのよ この舞台で 誰一人見ていないなら baby せめて自分を笑わせられたなら 自分の勝ち>というラインに込めたメッセージをそれぞれ解釈してもらえたらいいなと思っています。

―「僕じゃない人物」の物語とおっしゃいましたが、YUさんの中にある女性性にフォーカスした曲とも言えるのかもしれないですね。

YU:まさにそうですね。僕、女友達が多くて女性といるほうが居心地いいなと感じますし、男同士でつるむホモソーシャル的なノリは得意じゃないというか。あれって男の子の弱さだなと思ってしまうんです。

YU

―「男らしい」というより、「男らしくあろう」としているというか。

YU:そうそう。男らしさ、女らしさとは何か? みたいなこともよく考えます。「女々しい」なんてひどい言葉もありますが、そもそも男性って柔弱だし意気地のない人が多いと思うんですよね。

―最近は、性のあり方はグラデーションだと言われるようになってきました。

YU:そう思います。僕自身、セクシャリティの多様性への関心が高くなりましたし、男である自分の中の女性性を強烈に意識することもある。そういう意味ではこの“ENTERTAINER”という曲で、女性目線の歌詞が書けたのは嬉しかったです。伊藤千晃さんに楽曲提供した“真夜中の処方箋”も、女性目線の歌詞なのですが、意外と得意なことに気付きました。自分の中の女性性は、今後も強みになる気がします。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

I Don’t Like Mondays.『ミレニアルズ ~just I thought~』
I Don’t Like Mondays.
『ミレニアルズ ~just I thought~』

2020年12月30日(水)配信

プロフィール

I Don’t Like Mondays.(あいどんとらいくまんでいず)

YU、CHOJI、KENJI、SHUKIからなる4人組ロックバンド。キャッチーなメロディライン、そこにセクシーなサウンドと、英語を巧みに織り交ぜたニヒルな歌詞が組み合わさった楽曲でパーティーシーンを彩る。全楽曲において自身で作詞・作曲・アレンジを手掛け、ジャケット、ミュージックビデオも自らディレクションしている。また、アパレルブランドのサウンドトラックを手掛けるほか、ハイブランドショップとのコラボ、他アーティストへの楽曲提供、ミュージックビデオの企業コラボなど、多岐にわたって活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材