特集 PR

AI研究者・光吉俊二が語る、人間を越えた知能の正しい使い方

AI研究者・光吉俊二が語る、人間を越えた知能の正しい使い方

『「#人とAIの2025」コンテスト』
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
撮影:北原千恵美 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

AIが感情を持つ、とはいったいどういうことなのだろう? おもしろい、便利、怖いなど、一口にAIと言っても様々な印象があると思う。人とAIは今後、どんな物語を紡いでいくのか。そんな人々の関心を5年後の人とAIをテーマとしたアイディアを募集する『「#人とAIの2025」コンテスト』が、AIなどのテクノロジーを開発する会社wellvill主催で行われる。

今回、人型のロボットPepperに感情を与えたことで知られる東京大学大学院の特任准教授・光吉俊二先生に、AIと人間の関係性について話を聞いた。彫刻家、武道家という肩書きもある光吉がなぜ数学やAIの道へ進んだのか、そして人間とAIに実は共通することとはなんなのか、じっくり聞いた。

光吉俊二(みつよし しゅんじ)<br>東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻。道徳感情数理工学社会連携講座 特任准教授。彫刻・建築家としてJR羽犬塚駅前彫刻や法務省の赤レンガ庁舎の設計などをしてきた。独学でCG・コンピューターサイエンス・数学を学び「音声感情認識ST」の原理とアルゴリズム・特許を取得する。工学博士号取得後、スタンフォード大学・慶應義塾大学を経て、現在東京大学で教育・研究に従事。極真館(フルコンタクト空手七段)役員、征武道格闘空手師範。
光吉俊二(みつよし しゅんじ)
東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻。道徳感情数理工学社会連携講座 特任准教授。彫刻・建築家としてJR羽犬塚駅前彫刻や法務省の赤レンガ庁舎の設計などをしてきた。独学でCG・コンピューターサイエンス・数学を学び「音声感情認識ST」の原理とアルゴリズム・特許を取得する。工学博士号取得後、スタンフォード大学・慶應義塾大学を経て、現在東京大学で教育・研究に従事。極真館(フルコンタクト空手七段)役員、征武道格闘空手師範。

Pepperに感情を与えたAI研究者が夢想する、宇宙の外の世界

―光吉先生が出演されている『TED』や『文化人放送局』の動画を拝見しました。AIって難しいなと敬遠気味な人もいると思うのですが、AIの感情について話されていてとても興味深かったです。

光吉:AIって聞くと、「シンギュラリティ(AIが人類の知能を超えるとされる技術的特異点)が到来する!」ってみんな恐れるけど、僕はそれは当然来るものだと思っています。言ってしまえば、それはイラストアプリと変わんないですよ。アプリが出てきて、絵が描けない人も描けるようになったでしょ? AIを活用すると、今までできなかったことができるようになって、人間の可能性が広がると考えています。

―光吉先生は東京大学大学院の特任准教授ですが、普段はどんな研究をされているのですか?

光吉:僕の仕事は数式を作ること。「道徳感情数理工学」の研究をしていて、道徳のメカニズムをコンピューターで動かすための数理を作っています。

―道徳を数理にするんですか?

光吉:そう。数学には大きくわけてふたつの流派があるんです。伝統空手と極真空手みたいにね。数学で言うと、伝統空手は計算を解く流派。僕がやってるのは極真空手みたいな、新しいルールを作る流派なんです。僕は多摩美術大学卒でもともと彫刻をやっていて、文系だったからすごく実感もしてるんだけど、理数系の人と話していると「なんでこんなこともわからないんだ?」って感じること、結構ないですか? それって共通言語が違うからなんですよ。だから、数学を使って、数学者じゃ考えつかないような数式のルールや記号を考えるのが僕の仕事。考えついた数式を大学に来て説明したり、工学部だからその数式を使って動くものを作ったりしています。

光吉俊二

―動くものと言うと、光吉先生はヒューマノイドロボットPepperに感情を持たせたことで知られています。

光吉:Pepperの感情を作ったんだけど、それが原因で、『TED』に出たときにPepperが暴れちゃって。人類で最初に自分が作ったロボットの意思で殴られた映像が残ってる(笑)。映画の『チャッピー』(ニール・ブロムカンプ / 2015年)みたいなことが実際に起きたんです。つまりロボットに自我を与えたら、自立しているゆえに制御するプログラムが通用しないわけですよね。そこからPepperを教育しなきゃいけないということで、AIのモラルコントロールをしようとし始めたんです。

光吉俊二先生が『TED』に出演したときの動画

―AIそのものはもちろん、自我を持ったAIというと、さらに身近に感じられないという人も少なくないと思います。でも、『チャッピー』のようにAIと人間の関係性を描いた映画や漫画、小説なんかは多く存在しますよね。人とテクノロジーの未来を考える、『「#人とAIの2025」コンテスト』がSNS上で実施されますが、どんな作品があったら読みたいと思いますか?

光吉:僕は実際にAIを作る側だからあまり作品を見ないんですよね。だいたいの映画や漫画って、僕がすでにやったことを描いているから、新鮮味が感じられなくて。でも、「宇宙と意識はどのあたりで重なるか」を描いた作品があったらおもしろいなと思います。あとは、……宇宙の外の話かな。

―宇宙の外?

光吉:そうそう。宇宙の外のことを話してる人なんて全然いないですよね。せいぜい宇宙の範囲内。想像できる範囲のことを宇宙と言うならば、アートは意識できないもの、つまり宇宙の外をどう表現するのかというところまでいかないと斬新じゃない。

宇宙の外って人間が行けるのか、AIが行けるのか、それとも人間とAIが一緒になったら行けるのかっていう問いをテーマにした作品が出てきたらおもしろいかもしれないですね。そしてその宇宙の外で起きてることが、実は昔から起こっていることの繰り返しだったとか、そういう話までいったら、なおおもしろい。

『「#人とAIの2025」コンテスト』メイン画像
『「#人とAIの2025」コンテスト』メイン画像(サイトから応募する

―宇宙の外から始まって、そこまでたどりつく話ってそうそうないですが、人の想像や芸術がそこまで達するかもしれないと思うとわくわくします。

光吉:芸術って美しさを求める究極の欲動、衝動なんですよ。それに加えて、自分の見えている世界がほかの人に伝わらないから、文学なり芸術なりで表現してなんとか伝えようとする。でも、その方法もうまくいかなければ自分でルールを作るしかない。だから僕は数学をやって、数学で新しい世界、ルールを作ろうって思ったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

『「#人とAIの2025」コンテスト』
『「#人とAIの2025」コンテスト』

「人と、人のつながりを支えるAIの未来」に関する少し先の未来(5年後)について、みんなで自由に思い描き、応募し合うコンテスト。AIに関連する様々なプロジェクトを通じて、対話エンジンを中心とした、世の中のひとりひとりの暮らしに寄り添ったテクノロジーを開発するwellvill(ウェルヴィル)が主催する。

応募期間:2020年12月11日(金)13:00〜2021年1月17日(日)23:59
決勝戦:2021年2月23日(火)14:00〜15:00
受賞作品発表:2021年2月24日(水)

特別審査員:
つんく♂氏(総合エンターテインメントプロデューサー)
落合陽一氏(筑波大学准教授)

wellvill審査員:
松田智子(ウェルヴィル株式会社CEO)
樽井俊行(ウェルヴィル株式会社CTO)

決勝戦MC:
松田公太(クージュー株式会社CEO ウェルヴィル株式会社CFO)

応募方法:

Twitter
「人とAIについて、2025年に実現していてほしいこと」をTwitter上で投稿。投稿に「#人とAIの2025」のハッシュタグをつける。画像の添付や言葉の表現形式は自由。

特設サイト内フォーム
「人とAIについて、2025年に実現していてほしいこと」を特設サイト内フォームで応募。サイト内の形式に則って情報を記入。自作の資料やイメージ画像などの添付は自由。

プロフィール

光吉俊二(みつよし しゅんじ)

東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻。道徳感情数理工学社会連携講座 特任准教授。彫刻・建築家としてJR羽犬塚駅前彫刻や法務省の赤レンガ庁舎の設計などをしてきた。独学でCG・コンピューターサイエンス・数学を学び「音声感情認識ST」の原理とアルゴリズム・特許を取得する。工学博士号取得後、スタンフォード大学・慶應義塾大学を経て、現在東京大学で教育・研究に従事。極真館(フルコンタクト空手七段)役員、征武道格闘空手師範。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送