インタビュー

俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

インタビュー・テキスト
中島晴矢
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

新型コロナウイルスの流行以来、大都市ではなく地方や農村での生活が改めて注目されているのは事実だろう。そうした生活のシフトをいち早く実行しながらも、自らの試行錯誤を克明に記録している表現者がいる。

劇団「快快 -FAIFAI-」で活躍する俳優・山崎皓司さんだ(東京で俳優をしていた僕が地元に帰った理由|こーじ|note)。プロボクサーとしての試合経験もあり、ゴリラの着ぐるみを着た力強いパフォーマンスは印象深い。

山崎さんは2019年から活動拠点を地元である静岡県掛川市に移し、俳優としてSPAC(静岡県舞台芸術センター)の舞台に立ちながら、なんでもやるという意味での「百姓」を志向。農業、狩猟、養蜂などに取り組んでいる。そんな山崎さんの活動を描いたドキュメンタリー『Koji Return』がYouTubeで公開中だ。

コロナ以前から直面している地球環境の問題があるなか、持続可能な生活を企て孤立奮闘している山崎さんの行動力は、依然として現状維持を決め込む私たちに1石を投じるものだ。ドキュメンタリー映像の中で、「僕が表現者であることだけが地球平和に繋がるはずだと思う」と山崎さんは語る。その表現活動を広めるべく、現地を案内してもらった。

山崎皓司(やまざき こうじ)<br>俳優。1982年静岡県出身。発想と身体で役を捉え、舞台の根源を取り戻すような力強いパフォーマンスに定評がある。快快以外の活動として、多田淳之介、杉原邦夫、糸井幸之介、篠田千明、木ノ下歌舞伎、鳥公園、範宙遊泳、ヌトミック、悪魔のしるし等の作品に出演。またプロボクサーとして試合経験がある。
山崎皓司(やまざき こうじ)
俳優。1982年静岡県出身。発想と身体で役を捉え、舞台の根源を取り戻すような力強いパフォーマンスに定評がある。快快以外の活動として、多田淳之介、杉原邦夫、糸井幸之介、篠田千明、木ノ下歌舞伎、鳥公園、範宙遊泳、ヌトミック、悪魔のしるし等の作品に出演。またプロボクサーとして試合経験がある。

とにかくやってみることにしましたが、正直に言って全然うまいこと回ってません。

東京から新幹線で2時間弱、静岡県の掛川駅へ到着した。上下アディダスのジャージ姿の山崎皓司さんが、笑顔で私たちを出迎えてくれる。山崎さんの自宅は駅から車ですぐの市街地にある。

現在山崎さんは、生まれ育った掛川で母親、姉、姪っ子と共に暮らしている。ガレージにはDIYの工具などが揃っており、養蜂に使うという作りかけの巣箱が置かれていた。

山崎さんのガレージ / 撮影:CINRA.NET編集部
山崎さんのガレージ / 撮影:CINRA.NET編集部

その隣の農地に広がるのが、山崎さんの管理するスペース、その名も「YAMAZAKI PARADISE」。看板やハンモック、テント型の構造体、トンネルなどがところどころに置かれている。

「YAMAZAKI PARADISE」の看板 / 撮影:CINRA.NET編集部
「YAMAZAKI PARADISE」の看板 / 撮影:CINRA.NET編集部

まさに、小さな手作りの「パラダイス」だ。一体、どういう経緯でこのような農地を作るようになったのだろうか。

山崎:2019年の11月、最初は小さい範囲からスタートしました。まず地主さんに借りて、荒地だったこの土地を片付けるところから始めたんです。

放置されていたゴミとか切り倒されていた木を捨てていたら、隣のスペースのおじいさんやおばあさんから「こっちもやってくれないか」と頼まれるようになって。そうやって徐々に耕地が広がっていきました。

「YAMAZAKI PARADISE」にて / 撮影:CINRA.NET編集部
「YAMAZAKI PARADISE」にて / 撮影:CINRA.NET編集部

ここの作物は全て農薬や肥料を一切使用せず、土を耕すことも除草することもしない、完全な「自然農法」で栽培されていることに驚く。『パーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン』(ビル・モリソン 著、農山漁村文化協会 刊)や『自然農法 わら一本の革命』(福岡正信 著、春秋社 刊)といった書籍に触発されたという。

山崎:パーマカルチャーや自然農法の本を読んで面白そうだと思ったんです。理に適ってるかどうかはわかりません。でも、とにかくやってみることにしました。自然農法が本当にうまくいくのか、実験しているという感じですね。

「YAMAZAKI PARADISE」の中にある「スパイラルガーデン」と呼ばれるらせん状の畝(畑で作物を作るために土を盛り上げた所のこと)には、ローズマリーやタイム、レモングラス、ミント、わさび菜などが生えている。わさび菜を取ってかじってみると、新鮮なわさびの香りが口内に広がり美味しい。「贅沢を言わなければ、うちの家族を充分に養えるくらいの野菜は採れます」と山崎さんは言う。

YAMAZAKI PARADISEのスパイラルガーデン(こーじ|note「山崎農園、食べられる公園、楽園」より)
YAMAZAKI PARADISEのスパイラルガーデン(こーじ|note「山崎農園、食べられる公園、楽園」より)

ただ、現実はそう甘くない。この1年は、自然農法の理論通りにいかないことを痛感する日々だった。「福岡正信さんの本には自然農法が一番楽だと書いてあったんですが、今のところ、耕したり肥料を与えた方が絶対に楽だと思ってます」と苦笑する。

山崎:よく育つ作物もあるけど、うまく育たないものも多い。もちろん、僕自身がまだ農業のことをよくわかってない部分はある。正直に言って全然うまいこと回ってません。

花はちゃんと育たないし、まっすぐじゃない畝の手入れもむずかしい。風よけに植えた菊芋は全部倒れちゃって。あと昨年の夏は梅雨が長くて、いろんなものがダメになりましたね。

なにせ自然が相手だ、決してきれいごとだけでは済まない。家の前にある山崎さんの母親が耕している小さな畑地では、肥料も与え、除草もして、しっかりと多くの作物が実る。それでも山崎さんが自然農法にトライするのは、「それが地球環境にとって持続可能かと考えると、どうだろう?」という純粋な疑念に端を発している。

山崎:前提としてここは、自然農法を試す場所です。同時に、僕1人が占有しちゃいけない広さだよなという感覚もある。

せっかくだからみんなで楽しめるような、地域とコミュニケーションを取るスペースとして、近所の人や子供たちが気楽に来られる場所にしたいんです。地域の人が勝手に作物を採ってもいいし、収穫の時期には、近所の子供たちと一緒に芋掘りをしたりしました。

「YAMAZAKI PARADISE」にて、近所の子供たちと行った芋掘り
「YAMAZAKI PARADISE」にて、近所の子供たちと行った芋掘り

しかし、こちらもそう簡単にはいかないようだ。勝手に作物を採りに入ってもいいと伝えても、なかなか人は入ってこない。無料で作物を贈与することも、場合によっては重たく感じてしまう人もいるだろう。

山崎:周囲との関係はまだうまく作れていませんね。僕は、本当に無償でここを開きたいんですよ。ただ話がしたいから。この地域に一緒に住んでるから。みんなは畑を持ってないけど、ここにはあるから。

ここでできたものは別にみんなのものでよくない? と。でも、もう無理強いするのは止めました。今できるのは、「僕はこれが楽園だと思ってる」と提示することだけですね。

山崎皓司の活動を描いたドキュメンタリー『Koji Return』より
山崎皓司の活動を描いたドキュメンタリー『Koji Return』より(Youtubeで見る
Page 1
次へ

作品情報

山崎皓司(快快)のドキュメンタリー映像作品『Koji Return』
山崎皓司(快快)のドキュメンタリー映像作品
『Koji Return』

ウェブサイト情報

こーじ|note

2019年から活動拠点を東京から静岡県掛川市に移し、現在は何でもできる百姓を志し、俳優、狩猟、農業、養蜂等をしながら、世界平和への道を模索中。

プロフィール

山崎皓司(やまざき こうじ)

俳優。1982年静岡県出身。発想と身体で役を捉え、舞台の根源を取り戻すような力強いパフォーマンスに定評がある。快快以外の活動として、多田淳之介、杉原邦夫、糸井幸之介、篠田千明、木ノ下歌舞伎、鳥公園、範宙遊泳、ヌトミック、悪魔のしるし等の作品に出演。またプロボクサーとして試合経験がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察