インタビュー

カネコアヤノ『よすが』全曲解説 いま「誰も悪くない」と歌うのは

カネコアヤノ『よすが』全曲解説 いま「誰も悪くない」と歌うのは

インタビュー
北沢夏音
撮影:小財美香子 テキスト・編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

7-8. “春の夜へ”、“窓辺”――メンバーとの関係性が音に溶け込んだ、体温のあるバンドサウンド

北沢:“春の夜へ”から“窓辺”という流れもまたすごくよくて。この並びしかないなー、って思う。“春の夜へ”のセカンドヴァースに<歩幅が合わなくなってきても>っていう一節があって、“窓辺”のセカンドヴァースには<歩くのが遅いから私は合わせられない>っていう一節があるのを見ても、この2曲はつながっているなと。

カネコ:この2曲も結構気に入っていますね。

カネコアヤノ“春の夜へ”を聴く(Apple Musicはこちら

北沢:カネコさんの曲はさ、生活感があるのが最高にいいよね。そうじゃない音楽も全然あっていいし、素敵な絵空事がほしいときもあるけど、生活感がある音楽って、自分のすぐ隣にいてくれる感じがするからね。

カネコ:ちゃんと体温を保ってる音楽を作りたいなって思います。メンバーと私の関係性やレコーディングで過ごした時間が、愛とか温もりに変わって曲になるかな、って思うときはある。バンドメンバーのみんなもいろんな気持ちや思い入れを持って演奏してくれてると思うから。

北沢:そうだよね。レコーディングに集った全員の想いが、カネコさんの歌を支える一音一音に滲んだり溢れたりする様が、聴いててわかるもん。

カネコ:そういうのがないと無理ですね。

北沢:関係性がちゃんと「カネコアヤノの音」に昇華されてる。距離が近い関係同士だと<あのとき言った言葉を忘れないよ>(“春の夜へ”)って思うこともあるよね。

カネコ:いろんな場面で思いますね。いい言葉も傷つけられた言葉も。

北沢:「君は忘れてるかもしれないけど、私は覚えてる」みたいなね。

カネコ:そうなんですよ。いいことも悪いことも両方ありますよね。だから私は友達とかほんとに傷つけたくないです。メンバーのみんなのことも大好き。大事にしたいです、心から。

カネコアヤノ“窓辺”を聴く(Apple Musicはこちら

9. “腕の中でしか眠れない猫のように”――クライマックスを間近に再生される、2020年を生きた想い

北沢:“爛漫”っていう、このアルバムのなかでもメインと言える曲の前に、“腕の中でしか眠れない猫のように”が置かれてる。去年配信した曲だからなんか懐かしい感じで。

カネコ:もはやね(笑)。

北沢:ここで去年を思い出す感じになるというか、「この曲、本当に好きだったなー」って最初に聴いたときの気持ちを思い出すんだ。しかもこうしてアルバムの一部として聴くと、アルバムのなかでもいちばん可愛い曲だとわかって、さらに愛着が増すという。

カネコ:嬉しい!

カネコアヤノ“腕の中でしか眠れない猫のように”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

北沢:<真っ赤なギターに埃がかぶる>っていう描写には、去年ライブができなくなったリアリティが反映されているだろうし、<傷つけた / 雨の匂いが 頬を寄せ合うたびに / 私たちいつも頑張っているね>っていう一節も、コロナ禍での人間関係の難しさを感じてる人には響くんじゃないかな。

<ねえ 悪い夢の話を聴いて>っていう最後のラインも、“栄えた街の”の<いつまでも守りあおうね 私たちは>っていうラインと、どこか共鳴してるような気がする。

10. “爛漫”――溢れるように、爆発するように、いまの自分を鳴らしたアルバムバージョン

北沢:“爛漫”のサビの<お前は知るのか / 季節の終わりに散る椿の美しさを>っていう胸に飛び込んでくるような強い言葉、改めてすごいなって思う。それに<身体が火照るような赤、赤、赤い色 / ぼくの心の様>って続くけど、赤って「生きてる!」って感じがする色だよね。

カネコ:嬉しい。いろんなものが溢れているというか、いちばん前向きな曲は、結局、“爛漫”かもしれないですね。

カネコアヤノ
カネコアヤノ“爛漫”を聴く(Apple Musicはこちら

北沢:アルバムに入っているのは録り直したバージョンなんだよね?

カネコ:そうですね。“星占いと朝”もそうだけど、曲がライブで育ってしまったがゆえに、並べて聴いたときに全然馴染まなくて。コロナ禍の生活を知らない曲だからかな、とか思って。だったらこの曲は、コロナ禍を経た私が歌ったほうがいいなって思いました。でも実は、それでも納得がいかなくて、ギリギリまで歌い直しをしましたね。

北沢:『よすが』は春に出るアルバムだし、春爛漫っていうじゃない?

カネコ:うん。

北沢:春爛漫っていう言葉からは、コロナ禍じゃない平常時の、桜が咲き誇っているような情景が浮かぶ。でもこの曲には、季節の変化と、コロナ禍を突破したいというみんなの願いと、カネコさん自身の大きな節目が重なって、また新しく始めるという心境も含めて、いま僕らを取り巻いているもののすべてが記録されてる気がする。そこに録り直した意味があると思うんだよね。

カネコ:そこが伝わるといいなって思いますね、結構違うので。

北沢:テンポ感とか。

カネコ:うん。みんなの音圧がなんか違うかな。

北沢:そうだね。シングルのほうが軽快な感じはする。

カネコ:歌い方もさらっとしてるんですよね。

北沢:そうだね、アルバムのほうが情念が濃いかも。

カネコアヤノ“爛漫(album ver.)”を聴く(Apple Musicはこちら

カネコ:アウトロの林くんのギターは勝手に入れてたやつなんですけど、あとで聴いてめっちゃウケました(笑)。“爛漫”は、みんなが今やりたいことを好きなようにやってくれてますね。

北沢:なにかが渦巻いてる感じがするよ。カネコさんとバンドのメンバーの出す音って、いつもすごくいい感じのサイケデリックなニュアンスがあって、そこが今の主流のJ-POPと違う感覚なんだよね。すごくロックンロールな、ガツンとくる感じ。

カネコ:みんな「ギターってかっこよくない?」「めっちゃ声デカくてウケる」みたいなところで生きてますからね。

北沢:そういうところで音楽をやれているから、きっと音の粒子ひとつにも感情が宿るんだろうね。

カネコ:そういうことをわかってくれる人たちと一緒にできるのは、素晴らしいことだなと思います。

11. “追憶”――アルバムの幕を引く、さりげない歌に埋め込まれたもの

北沢:最後にちょっと短い“追憶”っていう曲があるけど、このさりげない置き方にすごく響くものがあったんだよね。

カネコ:あー、嬉しい。その場所にいることが?

北沢:うん。“爛漫”でアルバムを締めくくることもできたと思うけど、そうしないで、“追憶”で終わらせたところにドラマを感じる。歌詞がまたいいよね。<本棚に積み重なってる / あれは夢も希望もないぜ>ってところがドキってするんだけど、つらいことも含めて、いろいろな思い出にお礼を言ってる曲に聞こえる。

カネコ:それはもう完全にそうですね。音楽とか表現をやってるなら、そういうことも全て作品にする以外ないですからね。

北沢:<君はいつも死にたがった私を / 連れ出してくれたね>っていうフレーズに万感こもってるもん。でも、最初に言っときますけど! っていう感じで、<わたしなにもわるいことしてない>って言わずにいられないところが、カネコさんらしいなと(笑)。

カネコアヤノ“追憶”を聴く(Apple Musicはこちら

Page 4
前へ 次へ

リリース情報

カネコアヤノ『よすが』
カネコアヤノ
『よすが』(CD)

2021年4月14日(水)発売
価格:3,000円(税込)
NNFC-09

1. 抱擁
2. 孤独と祈り
3. 手紙
4. 星占いと朝
5. 栄えた街の
6. 閃きは彼方
7. 春の夜へ
8. 窓辺
9. 腕の中でしか眠れない猫のように
10. 爛漫(album ver.)
11. 追憶

カネコアヤノ
『よすが』初回生産限定盤(LP)

2021年4月14日(水)発売
価格:3,500円(税込)
NNFS-1007

[SIDE-A]
1. 抱擁
2. 孤独と祈り
3. 手紙
4. 星占いと朝
5. 栄えた街の

[SIDE-B]
1. 閃きは彼方
2. 春の夜へ
3. 窓辺
4. 腕の中でしか眠れない猫のように
5. 爛漫(album ver.)
6. 追憶

カネコアヤノ『よすが ひとりでに』
カネコアヤノ
『よすが ひとりでに』(CD)

2021年5月19日(水)発売
価格:2,500円(税込)
NNFC-10

1. 抱擁
2. 孤独と祈り
3. 手紙
4. 星占いと朝
5. 栄えた街の
6. 閃きは彼方
7. 春の夜へ
8. 窓辺
9. 腕の中でしか眠れない猫のように
10. 爛漫

カネコアヤノ『よすが ひとりでに』初回生産限定盤
カネコアヤノ
『よすが ひとりでに』初回生産限定盤(カセット)

2021年5月19日(水)発売
価格:2,500円(税込)
NNFT-1002

[SIDE-A]
1. 抱擁
2. 孤独と祈り
3. 手紙
4. 星占いと朝
5. 栄えた街の

[SIDE-B]
1. 閃きは彼方
2. 春の夜へ
3. 窓辺
4. 腕の中でしか眠れない猫のように
5. 爛漫

イベント情報

『カネコアヤノ TOUR 2021“よすが”』

2021年5月27日(木)
会場:広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

2021年5月29日(土)
会場:福岡県 福岡市民会館

2021年6月3日(木)
会場:北海道 札幌市教育文化会館

2021年6月13日(日)
会場:宮城県 仙台電力ホール

2021年6月26日(土)
会場:石川県 金沢市文化ホール

2021年6月28日(月)
会場:大阪府 大阪オリックス劇場

2021年6月30日(水)
会場:愛知県 名古屋市公会堂

2021年7月6日(火)、7月7日(水)
会場:東京都 LINE CUBE SHIBUYA

プロフィール

カネコアヤノ
カネコアヤノ

弾き語りとバンド形態でライブ活動を行っている。2016年4月に初の弾き語り作品『hug』、2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』を発表。2018年に発表したアルバム『祝祭』は『第11回CDショップ大賞2019』入賞作品に選出。2019年に発表したアルバム『燦々』は『第12回CDショップ大賞2020』大賞<青>を受賞。2021年4月14日に新作アルバム『よすが』を、5月19日には弾き語りアルバム『よすが ひとりでに』を発表。5月からは全国ホールツアーを予定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察