特集 PR

初ロマンポルノの園子温と初ヌードの冨手麻妙「日本って変な国」

初ロマンポルノの園子温と初ヌードの冨手麻妙「日本って変な国」

iroha
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:岩本良介 編集:矢島由佳子

鬼才・園子温の最新作『ANTIPORNO』は、とある人気アーティストの女性を主役にした、夢とも現実とも判別しない、不思議な中編作品だ。時代の寵児となった主人公の京子は、映画が進むほどにその意外な正体を露呈させていく。そこには、裸やセックスに対する私たちの性規範を批判する視線だけでなく、今日の日本人自体に対する鋭く剣呑なメッセージが込められている。

女性の欲望解放を考える本連載記事では、『ANTIPORNO』公開に合わせて、初めてロマンポルノ作品を手がけた園監督と主演の冨手麻妙にインタビューする機会を得た。攻めた演出で知られる異能の映像作家と、体当たりの演技に挑んだ新人女優との対話から浮かび上がってくるものは、いったい何だったのか?

そもそも、裸はポルノではないと考えています。(園)

―園子温監督の作風からすると、本作が初めての日活ロマンポルノ作品、というのはちょっと驚きました。

:「ROMAN PORNO REBOOT PROJECT」は、日活ロマンポルノのリバイバル的な企画(本作以外にも4作品が公開されている)ですが、懐古主義で映画を撮るのだけはどうしても嫌だったんですよ。ロマンポルノを見たことはもちろんありますが、強い思い入れもないし、ポルノ映画を今撮る意味もよくわからないので、ずっと依頼をお断りしていました。でも雑談のなかで「アンチポルノだったら撮れるかもね」と差し込んだら、「それでもいい」と返答されて(笑)。そこでやる気になったわけです。

奥:冨手麻妙、手前:園子温
奥:冨手麻妙、手前:園子温

―ポルノに対するアンチ、カウンターであるならばやるぞ、と。

:つまり女の裸を消費するのではない映画。そもそも、裸はポルノではないと考えています。二日酔いで酔っ払って、服を脱いだまま寝て、起きた裸はいやらしくないと思いませんか? 映画のなかで、セックスシーンが着衣したままだったり、フェイクだったりするのもそういう理由です。

―これまでの作品では扇情的なシーンが多く登場してきました。それも園さんとしては性的なものではなかった?

:変なところにしか性的な要素を見出せなくて、裸のセックスシーンも当たり前のものとしか思えないんです。だから今回は最初のシーンから裸でしょう。むしろどんどん服を着ていく映画になっている(笑)。裸で歯を磨くシーンがありますけど、それは「これっていやらしいですか? 僕はそう思わないんですけどね」っていう観客への問いかけでもあったりします。

冨手:女性の裸や性が社会のなかで消費されていることへの疑問や怒りは、私もずっと持っていて、最初に台本を読んだときから京子は自分そのものだと感じました。でも他の取材で、「京子は監督そのものなんだ」ということを園さんから聞いて、「そうだったんだ!」と驚きましたね。

:じつはそうなんだよ。僕の分身ってだけではないけどね。

奥:園子温、手前:冨手麻妙

冨手:クランクイン前に、『ANTIPORNO』に出ることについて、周りから反対意見や結構厳しいことを言われてモヤモヤしてたんですよね。でも現場で園さんがセットにずんずん入って来て、「(その感情を)全部爆発させろ! セリフにぶつけろ!」と檄を飛ばしてくれたことで、いろんなものが吹っ切れました。

「お前脱げるか?」って言われて、「脱ぎます!」と即答すると、園さんが「じゃあやるか」と。(冨手)

―冨手さんは『新宿スワン』や『リアル鬼ごっこ』など園作品に出演してきて、今回いよいよ主演ですね。映画初主演で脱ぐことに対して、抵抗はなかったですか?

冨手:高校生の頃に『自殺サークル』(2002年)を見たときから園さんの大ファンで、いつか絶対に出演するぞって誓っていたんです。それで渋谷でトークショーがあったときに出待ちして、「作品に出してください!」と直談判したんですよ。すっごく緊張して吐きそうだったんですけど、園さんの反応がすごくあっさりしていて(笑)。

:「出たい」って言ってくる人はたくさんいるんだもん。

冨手:ですよね。園さんに、その場で「お前脱げるか?」って言われたんです。それで「脱ぎます!」と即答すると、園さんが「じゃあやるか」と応えてくださったんですよ。立ち話での小さなやり取りに過ぎなかったけれど、私はずっとそれを信じて、近い将来に必ず実現させるんだと思って仕事をしてきました。ですから『ANTIPORNO』に主演できて、目標と約束が叶って嬉しかったです。

冨手麻妙

映画『ANTIPORNO』より。京子を演じる冨手麻妙
映画『ANTIPORNO』より。京子を演じる冨手麻妙

―『ANTIPORNO』を観た印象として、とても女性側に立って社会を批判する作品になっていると思いました。

:女性側ってだけではなく、基本的に僕は、日本人はみんな女性のように扱われていると思うんですよ。国の内外のあらゆる場所で、振り回されている人ばっかり。男も女も消費し尽くされることがこの国の運命であって、それを描きたかった。

僕自身が日本映画という枠組みのなかで生きていて、消費され尽くしかけていた時期があったし、冨手さんもグラビアモデルとして男たちの文化のなかで消費されている存在……彼女はアイドル活動をしていたこともあるしね。だから女性を代弁してもいるけれど、自分のことも代弁している。そういう意味で、京子は僕自身でもある。

冨手:園さん、中身は女ですよね(笑)。

:女の子なんです(笑)。

Page 1
次へ

商品情報

iroha designed by TENGA
iroha designed by TENGA

「女性らしくを、新しく。」をコンセプトにTENGAから登場した、女性用プレジャー・アイテムブランド。女性目線で考えられた機能性とデザインで、女性に寄り添うセルフケアを提供します。

作品情報

『ANTIPORNO』

2017年1月28日(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督・脚本:園子温
出演:
冨手麻妙
筒井真理子
不二子
小谷早弥花
吉牟田眞奈
麻美
下村愛
福田愛美
貴山侑哉
配給:日活

プロフィール

園子温(その しおん)

1961年、愛知県生まれ。87年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。PFFスカラシップ作品『自転車吐息』(90)は、ベルリン国際映画祭正式招待のほか、30以上の映画祭で上映された。他『愛のむきだし』(2008)で第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門カリガリ賞・国際批評家連盟賞を受賞、『冷たい熱帯魚』(11)で第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門・第35回トロント国際映画祭ヴァンガード部門、『恋の罪』(11)で第64回カンヌ国際映画祭監督週間に正式招待される。『ヒミズ』(12)では、第68回ヴェネチア国際映画祭にて主演二人にマルチェロ・マストロヤンニ賞をもたらした。近年の作品として、『TOKYO TRIBE』(14)、『新宿スワン』(15)、『ラブ&ピース』(15)、『リアル鬼ごっこ』(15)、『映画 みんな!エスパーだよ!』(15)、シオンプロダクション製作第1作目となる『ひそひそ星』(16)などがある。『新宿スワンII』が大ヒット公開中。

冨手麻妙(とみて あみ)

1994年3月17日生まれ。神奈川県出身。15歳のとき芸能界入り。「わたしは女優になる」と決意し、本格的に芝居を始める。舞台『LOVE FAIRY』(2011)で初主演を果たし、NHK連続テレビドラマ小説『花子とアン』(14)、『新宿スワン』(15)、『リアル鬼ごっこ』(15)、『みんな!エスパーだよ!』(15)、『闇金ドッグス』シリーズ、米MTV製作のオムニバス映画『MADLY』の中の園監督の短編映画『Love of Love』に出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く