現代アートが1万円台から買える、若手のアーティストに焦点を当てた『東京コンテンポラリーアートフェア』開催

日本美術界が世界レベルに追いつく契機となるべく、若手のアーティストに焦点を当てたコンテンポラリー・アート・フェア『東京コンテンポラリーアートフェア』が東美アートフォーラム(港区新橋)にて開催。

若い世代のギャラリスト及びアーティストの参加を集い、アートに気軽に触れるチャンスの場を作ること。多くの閲覧者を集めながら、1万円台の作品なども出展し「アートを保有する喜びをコレクターとギャラリーが共有する場」を目的としている。

出展ギャラリーにはMizuma・Action、レントゲンヴェルケ、YUKARI ART CONTEMPORARYなどが名を連ねている。

『東京コンテンポラリーアートフェア』
2007年11月23日(金・祝)11:00~20:00
2007年11月24日(土)11:00~18:00
2007年11月25日(日)11:00~17:00
会場:東京美術倶楽部 3階・4階 東美アートフォーラム
料金:入場料600円

  • HOME
  • Art,Design
  • 現代アートが1万円台から買える、若手のアーティストに焦点を当てた『東京コンテンポラリーアートフェア』開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて