六本木クロッシングのオーディエンス賞、田中偉一郎氏が受賞

12月20日、六本木ヒルズの森美術館で開催されている「六本木クロッシング2007」のオーディエンス賞とMAM賞が発表された。

オーディエンス賞には、CINRA MAGAZINEでもその一日を追った田中偉一郎氏が受賞。10月13日~12月17日の期間、来場者による投票の得票数で決まった。表札や茶柱、ダルマなど、展覧会に行った人でも記憶に残っている人は多いだろう。実際に、常に田中氏の作品が展示されていたスペースは、老若男女問わず人が集まっており、笑いがあったという。

一方、同館館長や理事会メンバーが選考をしたMAM賞には、榎忠氏が受賞した。
同展は1月14日まで開催。

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 六本木クロッシングのオーディエンス賞、田中偉一郎氏が受賞

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて