ニュース

青山悟 「Crowing in the studio」展がミヅマアートギャラリーにて開催

2005 年のミヅマアートギャラリーでの個展以降、若手イギリス人作家によるグループ展“Souvenir Mine”のキュレーションや、2007年4月にロンドンのOne in the Otherで行われた個展を通して、お土産物の聖母像、りんごの置物や造花のバラなどの“偽物”のイメージを伝統的絵画の構図に落し込み、あたかもそれが荘厳な宗教画であるかのように見せる等、価値の変換を試みながら見る者の視線を刺繍作品の表層からその先へと促した。また、イタリアのトリノで行われた“Alllooksame? ARTCHINAJAPANKORAART”(キュレーター:Fransesco Bonami)展へ参加するなど活動の場を広げている。

本展では、これまでの手法を受け継ぐ精密な静物画、数十枚にわたるミシンによるラフなドローイング、また友人である作家倉重迅との共作アニメーションを展示。壁一面を埋め尽くすドローイングはこれまでとは異なるアプローチで制作され、作家の表現の幅を広げながら、静物画、青山初のアニメーション作品と供にインスタレーションを構成する要素となっている。

青山悟
1973年東京生まれ。1998年ゴールドスミスカレッジのテキスタイル学科を卒業し、2001年シカゴ美術館附属美術大学でMFA(Fiber and material studies)を取得。十数年間の海外生活の後、現在は拠点を東京に移して活動している。

10月27日には小崎哲哉(ARTiT編集長)、窪田研二(インディペンデントキュレーター)、天明屋尚(作家)によるトークショーが行われる。

青山悟 「Crowing in the studio」
2007年10月17日(水)~11月17日(土)
会場:ミヅマアートギャラリー
料金:無料

トークショー
10月27日(土)19:00~
会場:ミヅマアートギャラリー
料金:500円(1ドリンクつき)
ゲスト:
小崎哲哉(ARTiT編集長)
窪田研二(インディペンデントキュレーター)
天明屋尚(作家)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図