ニュース

神奈川の廃校を舞台に『ロックの学園』開催、校長に忌野清志郎氏、教頭に箭内道彦氏が就任

神奈川県三浦市の廃校を舞台にしたロックフェスティバル「ロックの学園」が2007年11月23日(祝・金)~25日(日)の三日間、旧神奈川県立三崎高校(三浦市・2004年に閉校)にて開催される。

学園のトップ・校長には、日本ロック界を代表する忌野清志郎氏(出張の為、会期中の登校予定はありません)、そして教頭兼クリエイティブ・ディレクターとして、箭内道彦氏(風とロック)が就任している。

学校という場で、世代を超えてロックを聞き、歌い、思いを語り合う−。老若男女を問わず、それぞれの楽しみ方ができる学園−。そんな「ユニバーサル・ロック」な考え方に基づいて、様々な切り口のイベントが行われる。アコースティックなギターセッションから骨太なロックバンドまで、多彩な顔ぶれのミュージシャンによる「体育館ライブ」や、ロックミュージシャンによる「ロックの授業」など、まさに「ロックの学園」の名にふさわしいイベントだ。

『ロックの学園 with 三浦芸術祭 vol.1』
2007年11月23日(金)~25日(日)
会場:神奈川 三崎ロック学園(旧神奈川県立三崎高校)
料金:入場無料 ※体育館ライブのみ有料
体育館ライブ各公演 / 2,500円
11月23日通し券 / 6,900円
11月24日・25日通し券 各日 / 4,500円
一般発売日:2007年10月23日(火)
問い合わせ先:ハローダイヤル / 03-5777-8600
出演者:
GOING UNDER GROUND
斉藤和義
サンプラザ中野
スネオヘアー
怒髪天
BONNIE PINK

開催イベント:
ロックの授業 (無料)
ミュージシャンやクリエイターを講師に招き、「ロック」をテーマに個性的な授業を開講。
23日 講師:加藤ひさし(ザ・コレクターズ)
ゲスト:スネオヘアー、松本素生(GOING UNDER GROUND)
25日 講師:増子直純(怒髪天) ほか

忌野清志郎の校長室 (無料)
三崎ロック学園・忌野清志郎校長(出張中)の部屋を公開。忌野校長のステージ衣装や肖像写真などの他、「ロックの学園」に参加する多彩なアーティストのサイン入りグッズを展示予定。その他、ロックの図書室、楽器体験ワークショップ、ギブソン・ミュージアムなど、ロックテイストにあふれる出展教室に加え、同時開催の『三浦芸術祭vol.1』では、三浦市の音楽団体、芸術・文化団体の出展が予定している。詳細は公式Webサイト参照。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像