ニュース

プロジェクトスペースKANDADAにて、54人の作家によるポストカードアートプロジェクトが開催

アーティスト・イニシアティブ・コマンドNが運営するプロジェクトスペースKANDADAで、54人のクリエイターによるポストカードアートプロジェクト「POSCART」展が開催される。

このスペース「KANDADA」の持ち主である老舗の印刷会社精興社と、コマンドNのコラボレーションとなるこの展覧会では、Fairdot2という印刷技術を用いてアートポストカードを印刷している。参加作家の層も幅広く、ポストカードという小さな世界に凝縮されたエッセンスが一堂に会する機会を見逃すわけにはいかなそうだ。
※Fairdot2:大日本スクリーン製造開発のFM-AMハイブリッド方式によるスクリーン技術

また、会場には活版印刷時代の道具を持ち込んだインスタレーションも展示される。

『POSCART』展
2007年11月9日(金)~11月22日(木)
11:00~18:00 ※日のみ休廊
会場:プロジェクトスペースKANDADA
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-9 精興社1F

参加作家(全54人):
相沢奈美、秋元治樹、アトリエ・ワン、urbanberry ねづゆきこ、阿部治、池田光宏、池宮中夫、石山拓真、伊藤敦、臼井敬太郎、ATG unlimited(オクダサトシ、藤里一郎、ナカタノブヤ)、小木曽瑞枝、開発好明、笠原出、love the life、加藤朋子、加藤裕喜、神奈川大学曽我部昌史研究所、河合洋明擬態美術協会、木村ミカ、木村稔、清真美、小林チエ、坂野充学、櫻井たかあき、佐藤慎也、サトウマキコ、宍戸遊美、鈴木真吾、千葉学、Cholwon Soku、DIG & BURY(寺澤伸彦/オダユウジ)、寺坂薫+武田遥子、寺澤伸彦、中川彩香、中野良寿、中野隆介、中村ケンゴ、中村政人、西野正将、ノーヴァヤ・リュ-ストラ(中野良寿+安原雅之)、畠山陽子、Heartbeat Drawing - SASAKI、ふくだあきもと、福田美蘭、藤倉亮、宮口拓也、宮元一美、桃木彩、森岡友樹、遊佐桂介、渡辺コージ、渡辺寛、渡辺政光

関連イベント
「Powwow/040/精興社・小山成一×千葉学(建築家)」
2007年11月12日(月)18:30~21:00
料金:参加費一般1,500円/学生1,000円(1drink+food付き)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開