ニュース

お涙無用、あるのはセックスと暴力とどうしようもない衝動のみ。小口容子プレゼンツ『変態まつり』

渋谷UPLINK FACTORYにて、自他ともに認める変態、小口容子による濃厚変態映画の特集上映が11月17日(土)18日(日)の2日間にわたって開催される。

ここに「泣ける映画」は見当たらない。飲みの席でSかMかと迂闊に口にできなくなること間違いなしの特集となっている。

最近、ぬるい映画ばっかりで面白くなくない?映画って、人生踏み外しちゃうような勢いがなきゃ意味なくない?…そんな思いで、私が心から愛する、濃ゆい変態映画を集めてみました。

(小口容子 / UPLINKウェブサイトより転用)

小口容子
1964年生まれ。マゾヒスト。19歳時より大学映研で8mm映画の制作を始め、以来、「常に自分が主役」で、「必ず脱ぐ」という課題を自らに課する、体当たりな映像制作を行ってきた。1988年『エンドレス・ラブ』がぴあフィルムフェスティバルにて入選。某PFFディレクターに“事前に見ていたら通さなかった”と罵詈雑言を浴びせられる、破廉恥な問題作であった。2006年『ワタシの王子』がイメージフォーラムフェスティバルでグランプリを受賞。バンクーバー、ロッテルダム映画祭に正式招待。2007年、イメージフォーラムより助成金を受け、新作を制作。

上映作品:
小口容子
『ワタシの王子』(2005、ビデオ、15分)
『パーソナルバトル(RACD)』(2007、ビデオ、36分)

大西健児
『絶頂』(1997、16mm、80分)
『アウトオブフレーム』(1996、16mmビデオ上映、69分)
『ウサギ狩り』(1998、8mmビデオ上映、11分)

山村 たけゆう(故)
『記憶力仁義』(1998、ビデオ、53分)
『相対性進化論叙説』(2002、ビデオ、22分)

大谷淳
『床にズームすること』(1992、16mm、20分、サイレント作品)
『At Night 1』(1990、16mm、21分、サイレント作品)

齋藤ユキヱ
『行き暮れども待ちあかず』(1995、8mmビデオ上映、24分)
                     
小口容子プレゼンツ『変態まつり』
2007年11月17日(土)、18日(日)
会場:UPLINK FACTORY(渋谷)
料金:3本連続上映 1,100円均一 2回券2,000円 3回券2,600円
詳細は直接劇場へお問い合わせ下さい  

スケジュール:
2007年11月17日(土)
14:30~Aプロ
『ウサギ狩り』『At Night 1』『記憶力仁義』
17:00~Bプロ
『床にズームすること』『行き暮れども待ちあかず』『パーソナルバトル(RACD)』 19:30~Cプロ
『ワタシの王子』『絶頂』

2007年11月18日(日)
14:30~Dプロ
『床にズームすること』『絶頂』
17:00~Eプロ
『ウサギ狩り』『行き暮れども待ちあかず』『相対性進化論叙説』『パーソナルバトル(RACD)』
19:30~Fプロ『ワタシの王子』『アウト・オブ・フレーム』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開