『いのちの食べかた』『シアトリカル』など、ジャック&ベティでドキュメンタリー特集上映

2月2日から15日まで、横浜のシネマ・ジャック&ベティにて、『ドキュメンタリー映画ウィーク』が開催される。同館はこれまでにも森達也監督の『A』『A2』をはじめ、ドキュメンタリー映画を積極的に上映してきており、今回この特集上映が開催されることになった。

上映作品は、ポレポレ東中野でも人気を博している食料生産の現場を取材した『いのちの食べかた』、イメージフォーラムにて上映されている大島新監督作品の唐十郎氏をめぐるドキュメンタリー『シアトリカル』。その他、『ミリキタニの猫』、『デック 子どもたちは海を見る』の計4作品
国内外を問わず、すでに話題も高い作品をセレクトしている。

また、上映初日の2日には、エファジャパン設立3周年記念として、7人の監督がそれぞれ自国の子どもたちを描いた『それでも生きる子供たちへ』を上映し、エファジャパンの理事長のイーデス・ハンソン師と国際子ども権利センターの代表理事である甲斐田万智子死とのトークショーも開催する。

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『いのちの食べかた』『シアトリカル』など、ジャック&ベティでドキュメンタリー特集上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて