寺山修司没後25周年の特別公演『毛皮のマリー』、劇作家の川村毅がマリー役に

今年5月4日に迎える寺山修司没後25周年の特別公演として、寺山修司の初期の代表作である『毛皮のマリー』を、川村毅の新作戯曲プロデュースカンパニー「T Factory」がシアタートラム(東京・三軒茶屋)にて5月1日(木)から上演する。

美輪明宏が演じ続けていた毛皮のマリーを、寺山修司が亡くなった年齢と同じ47歳になった劇作家の川村毅が演じるという、川村毅ファンはもちろん寺山修司のファンも見逃せない公演だ。劇作家から劇作家へのオマージュとして、10年間あたためてきた渾身の企画となっている。

また、シアタートラムの上演に加え、現在『寺山修司 劇場美術館:1935~2008』展を開催中の青森県立美術館でも2日間の特別関連イベントとして上演が決定している。

ティーファクトリー/寺山修司没後25年特別公演
『毛皮のマリー』
2008年5月1日(木)~5月4日(日)
会場:シアタートラム(東京・三軒茶屋)
脚本:寺山修司
演出:川村毅
出演:川村毅、笠木誠、中村崇、伊澤勉、村島智之、手塚とおる、菅野菜保之
料金:一般5,000円 学生3,500円(学生はティーファクトリーのみ取扱い)

2008年5月10日(土)OPEN 18:40 / START 19:00
2008年5月11日(日)OPEN 15:10 / START 15:30
会場:青森県立美術館1階シアター
脚本:寺山修司
演出:川村毅
出演:川村毅、笠木誠、中村崇、伊澤勉、村島智之、手塚とおる、菅野菜保之
料金:前売2,500円 当日3,000円

  • HOME
  • Stage
  • 寺山修司没後25周年の特別公演『毛皮のマリー』、劇作家の川村毅がマリー役に

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて