スウェーデンのイメージを一新するユニークな作品達、コマ割り漫画展

6月22日まで、スウェーデン大使館ギャラリーにて、『スウェーデンコマ割り漫画展 「THROUGH A PANEL DARKLY」』が開催されている。

1979年に創刊した漫画選集である『GALAGO』に掲載された原画や立体作品が展示されており、掲載作家のほとんどは、写真家や映画監督、パフォーマーなど、芸術性豊かな顔ぶれがそろっており、漫画家を中心に愛好家が多い。

同誌編集者のマッツ・ヨンソンとヨハネス・クレネルが、1950年代、60年代、70年代、80年代生まれの13人のアーティストを組み合わせて企画された展示だ。

スウェーデンと言えば、シンプルなグラフィックデザインや家具が有名だが、一見暗さを感じる作品が多く、同国に対するイメージを一新するような、喜劇と悲劇が融合した世界観を感じることができるはずだ。

『スウェーデンコマ割り漫画展 「THROUGH A PANEL DARKLY」』
2008年6月2日(月)~6月22日(日)10:00~17:30
会場:スウェーデン大使館内ギャラリー
休館日:土、日、祝祭日
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • スウェーデンのイメージを一新するユニークな作品達、コマ割り漫画展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて