ポレポレ東中野で上映されたドキュメンタリー27作品が集結『Jドキュメント2003-2008』

BOX東中野が2003年4月に閉館し、同年9月にポレポレ東中野として再びスタートしてから5年。近年、多くのドキュメンタリーがテレビや劇場にて公開され、多くの注目が集まっている中、そんな流れを作ったと言っても過言ではないポレポレ東中野にて、現在に至るまで上映されたドキュメンタリー作品27作品を上映する。

これまではなかなか一般に公開されなかった「ドキュメンタリー映画」の世界を支え続ける業界関係者、観客への感謝の気持ちと、これからも上映していくことを表明しているポレポレ東中野を象徴するかのような同イベント。貴重な作品の数々を見ることのできる機会になっている。

『Jドキュメント 2003-2008&土本典昭の世界』
2008年9月6日(土)~9月19日(金)
会場:ポレポレ東中野

上映作品:
『自転車でいこう』監督:杉本信昭
『あしがらさん』監督飯田基晴
『トントンギコギコ 図工の時間』監督:野中真理子
『HARUKO』監督:野澤和之
『熊笹の遺言』監督:今田哲史
『こんばんは』監督:森康行
『LIFERS』監督:坂上香
『タイマグラばあちゃん』監督:澄川嘉彦
『Little Birds―イラク 戦火の家族たち―』監督:綿井健陽
『もっこす元気な愛』監督:寺田靖範
『三池 終わらない炭鉱(やま)の物語』監督:熊谷博子
『ヨコハマメリー』監督:中村高寛
『ガーダ パレスチナの詩』監督:古居みずえ
『プージェー』監督:山田和也
『チーズとうじ虫』監督:加藤治代
『蟻の兵隊』監督:池谷薫
『島ノ唄』監督:伊藤憲
『Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン』監督:梁英姫
『あの鷹巣町のその後』監督:羽田澄子
『ツヒノスミカ』監督:山本起也
『六ヶ所村ラプソディー』監督:鎌仲ひとみ
『カメラになった男 写真家 中平卓馬』監督:小原真史
『9.11-8.15 日本心中』監督:大浦信行
『大野一男 ひとりごとのように』監督:大津幸四郎
『ひめゆり』監督:柴田昌平
『選挙』監督:想田和弘
『水になった村』監督:大西暢夫

料金:
前売1回券1,100円 3回券3,000円 ※どちらかの企画のみ有効
当日一般1,300円 学生1,200円 中・高校生・シニア1,000円 小学生700円
3回券3300円 ※どちらかの企画のみ有効

期間中は『土本典昭の世界』も同時公開

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ポレポレ東中野で上映されたドキュメンタリー27作品が集結『Jドキュメント2003-2008』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて