自主法政祭市ヶ谷地区で気鋭のアーティストによる2つのライブ企画が11月2日に開催

11月2日に法政大学で行われる第61回自主法政祭市ヶ谷地区にて、『music for classroom』と法政JoYによる『カオス vs コスモス』の2つのライブ企画が行われる。どちらも出演は注目のアーティストばかりだ。

『カオス vs コスモス』は2つのステージに会場が分かれており、「カオスステージ」には、にせんねんもんだい、環ROY、hununhum、COMA*らが出演。「コスモスステージ」には大樹、兄蔵に加え、オープニングアクトに七尾旅人が登場する。

一方の『music for classroom』は名前のとおり小さな教室で開催。CINRA MAGAZINE vol.19にも収録のシャムキャッツ、asuna、map主宰の「compare notes」音源をリリースしているヒネモス、アルバムのリリースが控えている麓健一らが出演。

どちらも学園祭ならではのうれしい入場無料企画となっている。なお、会場の混雑状況によっては入場制限を設ける可能性もあるとのこと。

法政JoY、OUTSIDE ROCK PROJECT共同企画
『カオスVSコスモス』
2008年11月2日(日)14:00~
会場:法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー1F

出演:
「カオスステージ」
にせんねんもんだい
環ROY
hununhum
COMA*
the SHUWA
うつぼ
「コスモスステージ」
七尾旅人(Grand Opening)
大樹
兄蔵
andmore

料金:無料
企画:法政JoY

『music for classroom』
2008年11月2日(日)12:30~19:00
会場:法政大学 市ヶ谷キャンパス58年館860教室

出演:
シャムキャッツ
猫っかぶりゼネレーション
ヒネモス
shibata&asuna
町田良夫×嵐直之(asuna)
黒パイプ
麓健一
※出演者追加の可能性あり
幕間:竹内道宏全世界組織解体続行委員会

料金:無料

  • HOME
  • Music
  • 自主法政祭市ヶ谷地区で気鋭のアーティストによる2つのライブ企画が11月2日に開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて