乙一『GOTH』待望の映画化「君が死にたくなったときは、きっと僕が殺してあげるよ」

累計発行部数100万部を記録し、乙一の出世作として名高い『GOTH』が12月20日(土)より渋谷シアターTSUTAYA他にて公開される。

「GOTH」は、「GOTHIC」の略。人間の暗黒部分に惹かれるものたちが「GOTH」と呼ばれる。そんな「GOTH」である高校生、神山樹(本郷奏多)と森野夜(高梨臨)は次第に心通わせ、惹かれあう。ある日、喫茶店で森野が拾った一冊の手帳には最近多発している猟奇殺人の一部始終が事細かに記されていた。「まだ発見されていない犠牲者に会いにいこう。」森野は神山を誘い、現場を見つけた彼女は犯人に接触すべく、犠牲者とそっくりな格好で手帳を拾った喫茶店に入ってゆく。そして森野の死体を夢見る神山は彼女の禁断の過去へ遡る。

その残酷描写や文学的トリックの構成から実写映像化不可能とされていたが、原作独自の世界観を瑞々しい映像世界へと昇華させることで映画化。主演は、優等生と猟奇趣味という暗黒的な二面性を持つ孤高の高校生・神山樹に繊細な魅力を放つ本郷奏多。神山と共に事件を追う美少女・森野夜を、本作オーディションで抜擢された期待の新人・高梨臨が演じ、鮮烈な印象を与える。共演には、多方面で活躍する才人・長塚圭史、ハリウッド大作『バベル』(07)の二階堂智、『タナカヒロシのすべて』(05)で俳優としても評価が高い鳥肌実など多彩な個性の俳優陣が脇を固める。

「君が死にたくなったときは、きっと僕が殺してあげるよ。」乙一が生んだ2000年代の新たな日本のダーク・ヒーローとヒロインの切なく残酷な物語は、観客を意外なクライマックスへと導いていく…。

『GOTH』

2008年12月20日(土)より渋谷シアターTSUTAYA他にてロードショー

監督:高橋玄
作劇:柏田道夫、高橋玄、堀田尚志、齋藤翠、Gram™
原作:乙一

キャスト:
本郷奏多
高梨臨
長塚圭史
松尾敏伸
柳生みゆ
山中聡
鳥肌実

協力:角川書店
製作:ジョリー・ロジャー
制作協力:トルネード・フィルム
配給:ジョリー・ロジャー

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 乙一『GOTH』待望の映画化「君が死にたくなったときは、きっと僕が殺してあげるよ」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて