『Pictures』展、ヴォルフガング・ティルマンスをはじめとする複数アーティスト作品を展示

初台のワコウ・ワークス・オブ・アートにて、これまでに同画廊で紹介してきたアーティストであるゲルハルト・リヒター、アンドレアス・スロミンスキー、ヴォルフガング・ティルマンス、ジェームス・ウェリングの国内未発表作品と、ベルギー出身の新進作家エレン・デ・ミュッターのペインティングを紹介する『Pictures』展が、12月19日から開催される。

エレン・デ・ミュッターはアントワープ在住。幼少期の記憶にヒントを得て、自伝的な要素を秘めた作品を多く制作しており、鮮やかな色彩と落ち着いた色彩を独特のリズムで融合させ、楽園を描いているような華やかさがある一方、どこかもの悲しさが共存する画面を作り出している。

なお同展には、昨年の夏に行われた『from/to#4』に参加した横井七菜の新作ペインティングの展示も行われる。

『Pictures』

2008年12月19日(金)~2009年1月24日(土)
会場:ワコウ・ワークス・オブ・アート(東京・初台)11:00~19:00

出展作家:
ゲルハルト・リヒター
アンドレアス・スロミンスキー
ヴォルフガング・ティルマンス
ジェームス・ウェリング
エレン・デ・ミュッター
横井七菜

料金:無料
休廊日:日・月曜、祝日

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 『Pictures』展、ヴォルフガング・ティルマンスをはじめとする複数アーティスト作品を展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて