ニュース

映像集団「革命トマト」による長編映画第1弾『カマチョップ』が下北沢シネマアートンにて上映

ボンクラ幽霊コンビ「カマチョップ」が奔走する、オフビート・ヒューマン・ドラマ『カマチョップ』がシネマアートン下北沢にて1月25日まで上映中。

「シューシュポスの神話」をモチーフに、他者との意志疎通が希薄になった現代社会における愛と宿命を描いたシリーズ第1作。70万円という低予算ながら俳優、大森南明氏、木下ほうか氏ら若手の実力派俳優、ミュージシャンが集結している。

「カマチョップ」が下北沢で上映されるのは2回目。1回目は1日のみの限定として、今年8月に北沢タウンホールで行われた上映イベントで公開。全国から噂を聞きつけた映画ファンが集まって大盛況となり、今回の劇場上映が決定した。

映画『カマチョップ』は監督・松本庵路氏がかねてから着目していたこの宿命の物語を現代社会に投影したもの。幽霊となって死に神の指令を全うしなくてはならないカマチョップもまた、その宿命を半分は強制的に、半分は自発的に行うのである。今回の物語は借金苦のニートの息子に老後のために貯めていたお金を渡すため、都会の路地を探し歩く母親のエピソードが中心となっているが、この“親子”という人間関係もまた、避けられない宿命と言える。

革命トマトは『KAMACHOP』part2の制作に向かって走り出しており、注目を集めるこの第1作を見逃さずに待ちわびたい。

落雷で死亡したカマチ(鎌地広行)とチョップ(原田武明)、通称カマチョップは幽霊となって新宿のとあるホテルの一室に居座っている。その部屋に博多から岩瀬智恵子(四天王寺紅)という年増の女が宿泊にやってくる。智恵子の上京目的は、借金を重ねて借金取りから逃げ回るニートの息子・岩瀬圭一(桐谷健太)に、自らが老後のために貯めたお金を渡すためだった。しかし死に神・恵比寿(大森南朋)は、理由も告げずに母子が会うことを阻止するようカマチョップに命令する……。

『カマチョップ 』
2008年1月5日(土)~1月25日(金)
監督・脚本・編集:松本庵路
出演:鎌地広行、原田武明
製作:革命トマト
配給:革命トマト

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る