ニュース

8ミリカメラで撮影した「愛」に襲われた空間、甲斐田祐輔監督5年ぶりの新作『砂の影』

「すべては夜から生まれる」で劇場映画デビューを果たし、人々の心のわずかな震えを繊細に描きだすことに優れた甲斐田祐輔氏が、「ラストダンス殺人事件」をモチーフにして書き上げた作品『砂の影』が2月2日よりユーロスペース(東京・渋谷)にてレイトショー上映される。

何かに取り憑かれたかのように行動してしまう人間の底しれない恐ろしさと、儚い愛を見事に捉え、記憶の断片のように構成されていく映像。カメラマン、たむらまさき氏があえて8ミリカメラで捉えた、闇に無数の粒子がうごめく映像世界。

淡々と会社と自分の部屋を往復し、婚約者「玉川」の幻影と影のように暮らすユキエ。2人は抱き合い、唇を重ね、踊る。誰も彼女を邪魔することはできない世界で。ユキエと玉川は、彼が生きている時より、蜜月だった。しかし、そのユキエの頑なさに興味を抱き、ユキエの「部屋」に入ろうとした同僚・真島。真島が現れ、ユキエの世界のバランスが、音を立てて崩れ始めようとしていた…。

自然な佇まいの中で無邪気に愛を求めるユキエを江口のりこ氏、ARATA氏と劇団ポツドールの米村亮太朗氏が彼女を愛する二人の男を見事に演じる。矢吹春奈氏、光石研氏、山口美也子氏らが脇を固め、独特の個性と存在感で彼らの住む「愛」に襲われた空間を際立たせている。

監督とは10年の付き合いであり、デヴィット・シルヴィアンのワールドツアーに参加するなど海外でも高い評価を得ている、COMBOPIANOこと渡邊琢磨氏が手がける音楽も、まるでレクイエムのように切なくも危うい世界に拍車をかけている。

『砂の影』
渋谷ユーロスペースにて2008年2月2日よりレイトショー上映
監督:甲斐田祐輔
撮影:たむらまさき
音響:菊池信之
出演:江口のりこ、ARATA、米村亮太朗
音楽:渡邊琢磨(COMBOPIANO)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」