ニュース

『早稲田文学』、川上未映子を表紙に3年ぶりの復刊

2008年4月1日、『早稲田文学』が復刊する。同誌は早稲田大学の文芸誌として1891年、坪内逍遥により創刊された。しかし採算面の理由から原稿料支払いが滞り、休刊・復刊を繰り返しながら今に至っている。第十次『早稲田文学』となる今回の復刊は、2005年5月の休刊から実に3年ぶりだ。

同誌編集長の市川真人氏は、本誌休刊中も隔月刊のフリーペーパー「WB」を刊行し、全国で配布。先に芥川賞を受賞した川上未映子氏に発表の場を与えるなど、新人育成を怠らなかった。

その川上氏が表紙を飾る復刊第1号には、同氏はもちろんのこと、早稲田文学新人賞の選考委員を務める中原昌也氏、同賞出身の萩田洋文氏、向井豊昭氏ら「ワセブン育ち」も寄稿する。

今号では、ヌーヴォー・ロマン研究で知られる早稲田大学らしく、アラン・ロブ=グリエ追悼特集も組まれた。同誌は今後、季刊で刊行を続ける。なお、「WB」の刊行も今まで同様、隔月で行っていくという。

文芸誌がいずれも苦戦を強いられる中、新生「ワセブン」はどのように戦うのか。今後が楽しみだ。

『早稲田文学』
2008年4月1日予定
執筆者:篠山紀信、川上未映子、田中りえ、間宮緑、中原昌也、伊藤比呂美、星野智幸、萩田洋文、向井豊昭、クロード・シモン、芳川泰久、山崎敦、平岡篤頼、蓮實重彦、中森明夫、小林茂、清水徹、蓮實重彦、福嶋亮大、水谷真人、大杉重男、島田雅彦、いとうせいこう、若島正
価格:933円(税別)
発行:早稲田文学会
発売:太田出版

(画像:早稲田文学編集室ウェブサイトより転載)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演