ニュース

NANZUKA UNDERGROUND、リニューアル第一弾は姉川たく個展

ギャラリーの拡張のため閉鎖されていた渋谷のギャラリー「NANZUKA UNDERGROUND」のリニューアル後第1弾のギャラリーアーティスト、姉川たく個展『秘密の寓話』が4月12日(土)から5月11日(日)まで開催される。

姉川氏は、主にアニメーションやデジタルコンテンツといったメディア・クリエイティブの現場で活躍しながら、一方で、刺繍を用いたアートワークも取り組んでいるアーティスト。

今回の個展では自らの創作活動の可能性を広げるべく、ドローイングと刺繍のコンビネーションという新たな表現にチャレンジしており、同氏の得意とする奇異とコミカルという素材から紡がれる渾身の新作シリーズとなっている。

また、姉川氏は今回の個展に寄せて以下のような詩を発表している。

「秘密の寓話が語られる時、喜びは痛みへ、悲しみは恍惚へと昇華される。
細部に宿る精霊たちは、やがて脳の王国で踊り出す。
秘密の痛みの中に、物語を閉じ込めて、僕の寓話は語られる。」

見る者に「本当は恐ろしいけど、どこか笑えてきてしまう」気持ちを与える姉川氏の作品。人間の深層心理に少し触れ、また逃げ去るような絶妙な空気感を味わうことのできる展覧会だ。

姉川 たく 個展『秘密の寓話』
2008年4月12日(土)~5月11日(日)13:00~20:00
会場:NANZUKA UNDERGROUND(東京・渋谷)
休館日:月、火曜日
料金:無料

「オープニング・レセプション」
2008年4月12日(土)19:00~21:00
会場:NANZUKA UNDERGROUND(東京・渋谷)
※当日は作家も来場

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今