ニュース

死刑執行時の音声を伝える番組『死刑執行(仮題)』が放送

文化放送が5月6日、死刑執行の模様を音声で伝える番組「死刑執行(仮題)」を放送することが4月15日の記者会見で明らかになった。6日の午前10時から放送。

内容は、1955年に大阪拘置所で収録されたもので、刑務官が死刑囚に執行の知らせをしている音声や刑務官と死刑囚のやりとりが含まれている。当時の刑務官や死刑囚の遺族への許可を得て放送する。

国民が裁判官とともに裁判の審理に参加するようになる裁判員制度の施行が2009年5月21日。7月以降には実際に国民が裁判の審理に参加することになる。制度導入前に、死刑というものが実際に現存していて、それがどういうもので、自分がその審理に参加する可能性があるということへの認識を深める狙いもあるのだろう。

死刑については古今東西、その是か非についての議論がやまない。映画監督・小説家の森達也氏も今年1月に『死刑』(朝日出版社刊)を発行してその現場の様子や氏の強い想いを表現して注目を浴びたばかりだ。その他、国内外の映画賞を数多く受賞した周防正行監督の『それでもボクはやってない』など、裁判や刑罰に対する認識を深める作品がここ最近特に多い。

裁判員制度施行までの残り1年あまりの間、人が人を裁くという権利について、国民の側もしっかりと考えておく必要がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら