ニュース

十和田市現代美術館の開館を記念した展覧会、オノ・ヨーコ『入口』

2008年春、アートによるまちづくりプロジェクト「Arts Towada(アーツ・トワダ)」の拠点施設となる十和田市現代美術館が、青森県十和田市に誕生。4月26日(土)から7月6日(日)まで開館を記念して、アーティスト、オノ・ヨーコによる展覧会『入口』が開催される。

オノは1950年代から、ニューヨーク、東京、ロンドンなどの世界各地で多岐のジャンルにわたり、前衛的な芸術活動を展開してきたアーティスト。戦後の日本アート界において重要な人物の一人であり、国際的にも高い評価を受けている。

今回オノは十和田市現代美術館のためにコミッションワークを制作。自分の願いを小さな白い紙に記し、木の枝に吊るしていくことで完成する参加型の作品「念願の木」、「三途の川」、「平和の鐘」を作り上げた。

この作品は美術館のコンセプトと合致するように「参加する」という新しい体験を観客に促す作品となっているほか、「念願の木」にリンゴの木を用いることで、青森という地域性と作品がコミットし、意味をより深めている。

日本初公開となる作品『入口 -En Trance-』を中心に新しい芸術体験の入り口を示す展覧会だ。

十和田市現代美術館開館記念展
オノ・ヨーコ『入口』
2008年4月26日(土)~7月6日(日)9:00~17:00 ※入場は16:30まで
会場:十和田市現代美術館(青森・十和田)
休館日:月曜日(4月28日、5月5日は開館、5月7日は休館)
料金:一般400円 高校生以下無料

(画像:オノ・ヨーコ『入口』フライヤー)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を