ニュース

2人の夫婦の希望と再生の時間、橋口亮輔による6年ぶりの新作『ぐるりのこと。』

法廷画家とその妻が紡ぐ10年間の日々の物語、『ぐるりのこと。』が6月7日(土)から公開される。

子を身籠った幸せを噛みしめていた夫カナオと妻の翔子。しかし、そんなふたりを突如として「初めての子供の死」という悲劇が襲う。そしてそれが引き金となり、精神の均衡を少しずつ崩していく翔子をカナオは全身で受け止めようとする。

困難に直面しながら、1つずつ乗り越えていく2人の10年にわたる軌跡を、『ハッシュ!』以来6年ぶりとなる稀代の才能、橋口亮輔が、やさしく、ときに笑いをまじえながら感動的に描かれている。

ストーリーはそんな2人の日々とともに、法廷画家のカナオが目にする90年代のさまざまな犯罪や事件を織り込みながら、苦しみを乗り越えて生きる人間の姿を映し出す。90年代から初頭から21世紀へ時代が激変した10年の間に、実際に起きたさまざまな社会的事件を背景として1組の夫婦の時の流れを紡ぎ出した物語だ。

『ぐるりのこと。』
2008年6月7日(土)よりシネマライズ、シネスイッチ銀座にてロードショー
監督:橋口亮輔
原作・脚本・編集:橋口亮輔
キャスト:
木村多江
リリー・フランキー
倍賞美津子
寺島進
安藤玉恵
柄本明

(画像:© 2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ )

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年