ニュース

77台のドラムで一斉に演奏、ドラムだらけの奇祭『77BOADRUM』がついに映像化

昨年7月7日、ニューヨークで開催されたイベント『77BOADRUM』。V∞REDOMSのコンセプトのもと、77台のドラムで一斉に演奏された伝説のパフォーマンスが、映画館で上映されることが決定した。

ブルックリン橋のたもとで行われたこのイベントは、V∞REDOMSのアイデアに協調した仲間や企業がボランティアに近い形で参加し、開催されたフリーコンサートだ。ポピュラー音楽における最もプリミティブな楽器であるドラムが77台、それに共演するのはヤマタカEYEが扱うCDJやディスコミキサー、エフェクト類、そしてスーパーアナログな七本のギターキット。これに野外会場ならではの自然音、聴衆の会話と歓声が交じり合う。

渦を描くように配置された77台のドラムが一斉に叩かれる様は壮観のひとこと。映画は当日の迫力あるライブ映像を軸に、リハーサル風景やインタビュー映像を交えた89分のドキュメントとなっている。開催からちょうど1年後となる7月7日より、シアターN渋谷にてレイトショー公開される。

また、英語圏のWEBラジオ局「VIVA-RADIO」のオフィシャルサイトでは、このイベントの特設サイトを開設。ここでは10分におよぶ記録映像の視聴が可能となっている。

『77BOADRUM』
2008年7月7日(月)より、シアターN渋谷にてレイトショー公開
監督:川口潤
撮影:川口潤、Chris Habib、unknown You Tube cameraman
出演(プレイヤー):
77BOADRUM(V∞REDOMS、Hisham Akira Bharoocha、David Nuss、Brian Chippendale、Jaiiko Suzuki、Andrew W.K、David Grubbs、and more)
配給:KATHMANDU TRIO PRODUCTION、BORETRONIX

上映時間:89分(予定)日米共同合作
日本語版上映/カラー/DLP上映

(画像:Mark Borthwick)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く